新型フィット4 ネスの内装色【ブラックとライムグリーンどっちがオシャレ!?】

2020年2月にデビューを果たした新型フィット4(Fit4)の上位モデルに位置をする”ネス(NESS)”は、2色の内装色を用意しております。

■ネスの内装色

・ブラック×グレー
・ブラック×ライムグリーン

そして、選ぶボディカラーによって、内装色(インテリアカラー)が異なります。

そんな新型フィット4(Fit4)のネス(NESS)に用意されている2種類の内装色は、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この2つの内装色には、どのような違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、この新型モデルのネス(NESS)に用意されている2種類の内装色のデザインや特徴を、実車画像を使ってチェックしていきましょう。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

オーソドックスな雰囲気が漂うブラック×グレー【新型フィット4 ネスの内装色】

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のネスに用意されている”ブラック×グレー”の内装色・インテリアカラーは、このようなデザインになっています。

■ブラック×グレーの内装色

カジュアルな雰囲気が漂う車内空間

この新型モデルのネス(NESS)に用意されている内装色”ブラック×グレー”は、ダッシュボードやセンターコンソールにグレーのファブリック素材をあしらったデザインに…。

■ネスの助手席側のダッシュボード

また、ドア内側パネルのトリム部分もグレーのファブリック素材となっています。

■ネスのドア内側パネル

そのため、ブラックの内装色を用意している”ホーム(HOME)”や”リュクス(LUXE)”のような重厚感はなく、カジュアルな雰囲気の内装・インテリアに…。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のネス(NESS)は、ハンドルやシフトレバーがウレタン製になっているのも、カジュアルさを強調しているように感じました。

■ネスのハンドル

■ネスのシフトレバー

グレー基調のシートを採用

また、新型フィット4(Fit4)のネス(NESS)に用意されている”ブラック×グレー”の内装色では、このようなシートを備えています。

■ブラック×グレーのシート

ネス(NESS)に用意されている”ブラック×グレー”の内装色・インテリアカラーでは、シートのメイン部分にダークグレーを、そして、シートサイドにホワイトに近いライトグレーを配したデザインに…。

シートに配したライトグレーが良いワンポイントアクセントになって、明るい車内空間を演出していました。

ただ、この新型モデルのネス(NESS)では、撥水加工を施したファブリック素材をシートに採用していることもあり、高級感・上質感と言う点では、中間モデルの”ホーム(HOME)”や最上位モデルの”リュクス(LUXE)”よりも少し見劣りするように感じました。

気分が高まるブラック×ライムグリーン【新型フィット4 ネスの内装色】

一方、こちらは、新型フィット4(Fit4)の上位モデル”ネス(NESS)”に用意されているブラック×ライムグリーンの内装・インテリアです。

■ブラック×ライムグリーンの内装色

ライムグリーンを差し色に使った専用デザイン

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4の”ネス(NESS)”に用意されている内装色”ブラック×ライムグリーン”のダッシュボードには、もう一つの内装色”ブラック×グレー”と同じグレーの加飾を採用。

また、センターコンソールのデザインやドア内側パネルのデザインも、”ブラック×グレー”の内装色と同じになっています。

この内装色の注目ポイントでもある”ライムグリーン”は、ドリンクホルダー部分にアクセントカラーとして使用されているのみ…。

■ブラック×ライムグリーンのドリンクホルダー

そのおかげもあり、ブラック×ライムグリーンの内装色のダッシュボード・インパネは、思ったよりも嫌味のないデザインになっていました。

また、ドリンクホルダーに使われているライムグリーンが良いワンポイントアクセントになっていて、クルマに乗り込むだけで気分が上がる車内空間になっていました。

シートも専用デザイン

また、新型フィット4(Fit4)のネス(NESS)に用意されている内装色”ブラック×ライムグリーン”のシートは、このようなデザインになっています。

■ブラック×ライムグリーンのシート

シートメイン部分に”ダークグレー”を採用しているのは、もう一つの内装色の”ブラック×グレード”と全く同じになっています。

ただ、”ブラック×ライムグリーン”のシートでは、シートのサイド部分にインパクトのあるライムグリーンを採用。

■シートサイドにあしらわれているライムグリーン

そのおかげもあり、ネス(NESS)に用意されている”ブラック×ライムグリーン”は、他のグレードでは味わえないファッションセンスの高い内装・インテリアになっていました。

ただ、個人的に少し残念だったのは、シートサイドにあしらわれているライムグリーンの明るさです。

この新型モデルのシートにあしらわれているライムグリーンは、ビビットな蛍光色のような感じではなく、”若草色”っぽい濃いカラーに…。

せっかくライムグリーンをシートにあしらうのなら、もう少し明るいカラーにしても良かったのかなと思いました。

ブラック×ライムグリーンはネス専用のアクセント2トーンカラーのみ

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の上位モデル”ネス(NESS)”では、このように2種類の内装色を用意していますが、”ブラック×ライムグリーン”の内装色を選べるのは、専用のボディカラー”アクセント2トーンカラー”を選択した時のみです。

■新型フィット4のアクセント2トーンカラー

プレミアムサンライトホワイトパールなどのモノトーン、プラチナホワイトパール×ブラックなどの2トーンカラーを選ぶと、自動的にオーソドックスな”ブラック×グレー”になるので、ご注意くださいね。

まとめ:選ぶ内装色で車内の雰囲気が大きく異なるネス

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の上位モデル”ネス(NESS)”に用意されている2種類の内装色は、このようなデザインになっていました。

この新型モデルのネスに用意されている内装色”ブラック×グレー”と”ブラック×ライムグリーン”では、全く異なる雰囲気の車内空間に…。

ディーラーさんに話を聞くと、オーソドックスなデザインの”ブラック×グレー”の方が圧倒的に人気が高いようです。

ただ、車内のオシャレにこだわる方は、センスの良さが光る”ブラック×ライムグリーン”に思い切ってチャレンジしてみるのも良いのかなと思いました。

ここを読めばすべてがわかる!新型フィット4のすべて

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02