新型フィット4の内装はグレードで全然違う【特徴や違いを徹底比較】

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型フィット4(Fit4)は、グレードによって、内装・インテリアのデザインに違いがあります。

また、備わっている機能や装備にも差が…。

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、グレードによって、どのような違いがあるのでしょうか?

ホンダからデビューを果たしたこの新型モデルの各グレードの内装の特徴や違いを、包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

シンプルなベーシックの内装【新型フィット4のグレードの違い1】

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の最廉価モデル”ベーシック(BASIC)”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■ベーシックの内装

■ベーシックの内装の特徴

内装色(インテリアカラー)…ブラック/ソフトグレー
ダッシュボードの加飾 …3Dテクスチャープラスチック
ハンドル&シフトレバー …ウレタン
シートの素材 …ファブリック

ダッシュボードにプラスチックをあしらったシンプルな内装

新型フィット4(Fit4)の最廉価モデルに位置をする”ベーシック(BASIC)”の内装・インテリアの特徴の一つは、ダッシュボードのデザインです。

最廉価モデルのベーシック(BASIC)は5つのグレードの中で唯一、ダッシュボードの加飾にプラスチック素材を採用。

また、シフトレバーやハンドル・ステアリングホイールもウレタン製となっており、他のグレードよりもシンプルな内装・インテリアとなっていました。

機能や装備も見劣りをする

また、新型フィット4(Fit4)の最廉価モデル”ベーシック(BASIC)”は、他のグレードよりも機能や装備も見劣りします。

例えば、ガソリン車のエアコン。

他のグレードでは、フルオートエアコンを標準装備しているのですが、ガソリン車のベーシック(BASIC)のみシンプルなマニュアルエアコンとなっています。(ハイブリッド車のベーシックは、フルオートエアコンを標準装備。)

また、ハイブリッド車の上位モデルでは、センターコンソールの後方に急速充電に対応したUSBポートが2つ用意されているのですが、最廉価モデルの”ベーシック(BASIC)”は、USBポートの用意はなし。

このように最廉価モデルの”ベーシック(BASIC)”は、他のグレードよりも機能や装備も見劣りするので、ご注意くださいね。

上質感が漂うホームの内装【新型フィット4のグレードの違い2】

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の中間モデルに位置をする”ホーム”の内装・インテリアは、このようなデザインをしています。

■ホームの内装

■ホームの内装の特徴

内装色(インテリアカラー)…ブラック/ソフトグレー
ダッシュボードの加飾 …プライムスムース
ハンドル&シフトレバー …本革仕様
シートの素材 …ファブリック&プライムスムース

中間モデルとは思えない高級感

ホンダからデビューを果たした新型フィット4(Fit4)の中間モデル”ホーム(HOME)”の内装・インテリアの魅力の一つは、高級感です。

このホーム(HOME)では5つのグレードの中で唯一、シートサイドの合成レザーのような風合いを楽しめるプライムスムースを採用。

また、シフトレバーやハンドル・ステアリングホイールもウレタン製ではなく、本革巻きとなっています。

■ホームのハンドル

そのおかげもあり、最廉価もに位置をする”ベーシック(BASIC)”とは比べ物にならないほど、高級感のある内装・インテリアになっていました。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の中で”ホーム(HOME)”の人気が一番高いのも納得の仕上がりになっていました。

機能や装備も充実

また、新型フィット4(Fit4)の中間モデル”ホーム(HOME)”の内装・インテリアは、機能や装備も充実しています。

その一つが、エアコンです。

最廉価モデルの”ベーシック(BASIC)”のガソリン車では、シンプルなマニュアルエアコンを標準装備していましたが、中間モデルの”ホーム(HOME)”では、フルオートエアコンを標準装備。

■ホームに標準装備されているフルオートエアコン

また、ハイブリッド車には、USBポートが備わるなど、快適性や使い勝手が良くなっているのも、ホーム(HOME)の魅力の一つなのかなと思いました。

嬉しい機能を搭載しているネスの内装【新型フィット4のグレードの違い3】

センスの良さが光る新型フィット4(Fit4)の中間モデル”ネス(NESS)”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■ネスの内装・インテリア

■ネスの内装の特徴

内装色(インテリアカラー)…ブラック×グレー/ブラック×ライムグリーン
ダッシュボードの加飾 …撥水ファブリック
ハンドル&シフトレバー …ウレタン製
シートの素材 …撥水ファブリック素材

ネス専用カラーの内装色を用意

今回フルモデルチェンジをチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の中間モデル”ネス(NESS)”の内装・インテリアの特徴の一つは、用意されているインテリアカラーです。

このネス(NESS)は5つのグレードの中で唯一、シートサイドやドリンクホルダーにライムグリーンをあしらった専用デザインの内装色を用意。

■ライムグリーンをあしらったネスの内装

ただ、ライムグリーンをアクセントカラーに使用した内装色を選べるのは、ネスの専用のボディカラー”アクセント2トーンカラー”を選んだ時のみです。

アクセント2トーンカラー以外のボディカラーを選ぶと、オーソドックスな”ブラック×グレー”の内装色になるので、ご注意くださいね。

車内の高級感や上質感はイマイチ

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の中間モデル”ネス(NESS)”の内装・インテリアの機能や装備は、十分に満足できるレベルになっています。

ただ、このネス(NESS)に用意されているハンドルやシフトレバーは、シンプルなウレタン素材になっています。

■ネスのハンドル

また、シートもオーソドックスなファブリック素材となっています。

なので、内装・インテリアの高級感・上質感に関しては、イマイチな感じが…。

車内の高級感・上質感を求めるのなら、このネス(NESS)よりも先ほど紹介した”ホーム(HOME)”の方がワンランク上なのかなと、実車を見比べて感じました。

ネスのみの嬉しい機能

ただ、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の中間モデル”ネス(NESS)”には、他のグレードには用意されていない機能&装備が備わっています。

それは、車内の除菌や脱臭だけではなく、肌や髪へも良い影響があると言われているプラズマクラスター機能です。

この新型モデルでは、中間モデルの”ネス(NESS)”のみプラズマクラスター機能が搭載されたエアコン&ヒーターを標準装備しています。

■ネスのエアコン&ヒーター

ちょっとコレは嬉しいですよね。

このように小さいお子さんや赤ちゃんがいるご家庭や、女性に嬉しい機能が備わっているのは、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の中間モデル”ネス(NESS)”の魅力の一つなのかなと思いました。

ラフに使えるクロスターの内装【新型フィット4のグレードの違い4】

外装・エクステリアに専用デザインのアイテムを装着している新型フィット4(FIT4)のクロスオーバーSUV仕様のクロスター(CROSSTAR)の内装・インテリアは、このようなデザインをしています。

■クロスターの内装

■クロスターの内装の特徴

内装色(インテリアカラー)…ブラック×グレー
ダッシュボードの加飾 …撥水ファブリック
ハンドル&シフトレバー …ウレタン製
シートの素材 …撥水ファブリック素材

内装色を選べない唯一のグレード

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、各グレード2色ずつ内装色を用意しているのが魅力の一つです。

ただ、クロスオーバーSUV仕様のクロスター(CROSSTAR)で用意されている内装色は、オーソドックスな”ブラック×グレー”のみ。

■クロスターのブラック×グレーの内装色

このクロスター(CROSSTAR)では他の内装色・インテリアカラーを選ぶ事はできないので、ご注意くださいね。

ラフに使い倒せる内装・インテリア

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のクロスオーバーSUV仕様のクロスター(CROSSTAR)は、撥水加工を施したシートを備えるなどラフに使える内装・インテリアになっています。

■クロスターの撥水加工シート

また、フルオートエアコンやUSBポート、フルオートエアコンなどもしっかと備わっており、機能や装備も充実しています。

ただ、ハンドルやシフトレバーがシンプルなウレタン製になるなど、高級感や上質感はイマイチな感じが…。

300万円を超えるクロスター(CROSSTAR)の乗り出し価格のことを考えると、もう少し上質感のある内装・インテリアにしても良かったのかなと思いました。

コンパクトカーとは思えないリュクスの内装【新型フィット4のグレードの違い5】

また、新型フィット4(Fit4)の最上位モデルに位置をする”リュクス(LUXE)”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■リュクスの内装

■リュクスの内装の特徴

内装色(インテリアカラー)…ブラック/ブラウン
ダッシュボードの加飾 …プライムスムース
ハンドル&シフトレバー …本革巻き
シートの素材 …本革

唯一本革シートを採用

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の最上位モデル”リュクス(LUXE)”の内装・インテリアの特徴の一つは、5つのグレードの中で唯一、本革シートを採用していたとこです。

■リュクスの本革シート

この本革シートのおかげもあり、このリュクス(LUXE)の内装・インテリアは、コンパクトカーを遥かに超えた高級感のある内装・インテリアに…。

また、シート自体も専用デザインとなっており、他のグレードよりも疲れにくいシートになっていたのも好印象でした。

リュクスのみの嬉しい機能&装備が盛り沢山

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の最上位モデル”リュクス(LUXE)”では、このグレードにしか用意されていない嬉しい機能や装備がたくさん用意されています。

その一つが、シートヒーターです。

新しく生まれ変わったこの新型モデルでは、真冬の寒い日に重宝をするシートヒーターは、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”にしか用意されていません。

また、オプションになってしまうのですが、シートヒーターと同様に真冬の運転時に重宝をするステアリングヒーターを用意しているのも、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”のみです。

■リュクスのステアリングヒーター

このように他のグレードにはない機能や装備が用意されているのも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の最上位モデル”リュクス(LUXE)”の魅力の一つなのかなと思いました。

まとめ:グレードによって特徴が異なる新型フィット4の内装

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の各グレードの内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

この新型モデルでは、機能や装備の違いではなく、コンセプトやテーマでグレード分けをしているため、グレードによって、内装・インテリアのデザインや高級感に差が…。

なので、この新型モデルのグレード選びをする際は、機能や装備の違いよりも、車内の雰囲気や居心地の良さに注目するのが良いと思いますよ。

ここを読めばすべてがわかる!新型フィット4のすべて

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする