新型フィット4はこんな人におすすめ!【ハイブリッドとガソリンに分けて紹介】

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型フィット4(Fit4)の購入を検討する上で、一番最初に悩むのがハイブリッド車とガソリン車のどちらにするかということです。

ただ、今回デビューを果たしたこの新型モデルは、ハイブリッド車とガソリン車のメリット&デメリットがハッキリとしてます。

なので、使用するシチュエーションや目的を考慮して、ハイブリッド車とガソリン車のどちらのモデルを購入するのか決めるのが一番です。

先日、いつもお世話になっているディーラーさんにこの新型フィット4(FIT4)のハイブリッド車/ガソリン車は、それぞれどのような方にオススメなのか聞いてきたので紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

ガソリン車はこんな人にピッタリ!新型フィット4のモデル選び

ディーラーさん曰く、1.3リットル直列4気筒エンジンを搭載した新型フィット4(Fit4)のガソリン車は、次のようなお客さんにピッタリなクルマに仕上がっているとのこと。

■ガソリン車はこんな方におすすめ!

・できるだけ安く新型フィット4に乗りたいお客さん
・街乗りメインの短距離ドライバー
・荷室に沢山の荷物を積み込みたい方

なぜこのようなお客さんには、ガソリン車の方がおすすめなのでしょうか?ディーラーさんに詳細や理由を確認してきたので、紹介したいと思います。

できるだけ安く新型フィット4に乗りたいお客さん

いつもお世話になっているディーラーさんが、ハイブリッド車よりもガソリン車の方が適していると教えてくれたお客さんのタイプの一つが、できるだけ安くこのクルマを乗りたいと考えている人たちです。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車とガソリン車では、乗り出し価格で30万円以上もの差があるんですよね。

なので、ガソリン代でハイブリッド車とガソリン車の価格の差の元を取るのは、かなり難しいようです。(と、言いますか、営業車とかではない限りほぼ不可能のようです。)

静寂性や乗り心地の良さを気にする人は、ハイブリッド車の方が良いと思いますが、購入資金をできるだけ安く抑えたい方は、コストパフォーマンスに優れるガソリン車を選んだ方が良いようですよ。

街乗りメインの短距離ドライバー

また、子供の送り迎えや近所のスーパーマーケットに買い物に行く時にクルマを使用する”街乗りメイン”の方は、乗り出し価格が高いハイブリッド車ではなく、ガソリン車で十分とのこと。

実は今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のガソリン車は、1.3リットル直列4気筒エンジンを搭載しているということもあり、カーブが連続するワインディングロードや急こう配の山道では、パワー不足を感じるんですよね。

なので、この新型モデルのガソリン車は、長距離ドライブにはあまり向いていません。

ただ、街中を時速30km/h~50km/hで運転している時のガソリン車は、ハイブリッド車に負けず劣らず快適です。

この新型モデルのガソリン車では、ハイブリッド車と同様に信号待ちを楽にしてくれるオートブレーキホールドが、最廉価モデルの”ベーシック(BASIC)”も含めて全グレードに標準装備されているので…。

■新型フィット4のオートブレーキホールド

また、アイドリングストップもいつエンジンが再始動したか分からないくらい滑らかですし…。

山道を運転する機会が多い方や新型フィット4(Fit4)に乗って、長距離ドライブに行きたいなと思っている方は、パワーに限りがあるガソリン車は不向きですが、街乗りに限って言えば、ガソリン車で十分なのかなと思いました。

荷室にたくさん荷物を積み込む人

また、荷室・ラゲッジスペースにたくさん荷物を積み込む方も、新型フィット4(Fit4)のガソリン車の方が向いています。

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルでは、ハイブリッド車よりもガソリン車の方が荷室フロアの高さが30mmほど低く設定されているんですよね。

なので、ハイブリッド車よりもガソリン車の方が荷室容量は大きくなっています。

また、ハイブリッド車では、後部座席のシートバックに盛り上がりがあるため、使い勝手はイマイチです。

■ハイブリッド車の荷室

しかし、リン車の荷室・ラゲッジスペースは、余計な盛り上がりのないフラットな荷室フロアになっており、大きい荷物もスムーズに積み込めます。

■ガソリン車の荷室

新型フィット4 ガソリン 荷室

ガソリン車の荷室にはラゲッジランプが用意されていないという欠点・デメリットもあります。

ただ、荷室の容量&使い勝手に関しては、たくさんの荷物を積み込めるようになっているガソリン車の方が一枚上手なのかなと思いました。

ハイブリッド車はこんな人にピッタリ!新型フィット4のモデル選び

一方、2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車は、どのような方にピッタリなのでしょうか?

ディーラーさんに確認したところ、この新型新型モデルのハイブリッド車は、次のようなクルマを探している方にピッタリなクルマと教えていただきました。

■ハイブリッド車はこんな方におすすめ!

・乗り心地の良いクルマに乗りたい方
・新型フィット4で長距離ドライブに行きたい方

ディーラーさんが、なぜこのような方にハイブリッド車をおすすめしたいのか?理由などを聞いてきたので、紹介したいと思います。

乗り心地の良いクルマに乗りたい方

ディーラー曰く、乗り心地や静寂性にこだわる方は、ガソリン車よりもハイブリッド車の方を選んだ方が良いようです。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、ハイブリッド車とガソリン車で全く異なる乗り心地になっており、ハイブリッド車は、不快な突き上げがない”しなやかな乗り心地”になっています。

また、発電用と駆動用の2つのモーターを搭載したこの新型モデルのハイブリッド車は、モーター駆動ならではのつなぎ目の無いシームレスな加速感になっており、ワンランク上のセダン車に乗っているような快適さがありました。

ドライブ中、優雅で心地よい時間を過ごしたい方は、道路を舐めるようなしなやかな乗り心地を楽しめるハイブリッド車の方が良いのかなと思いました。

新型フィット4で長距離ドライブに行きたい方

また、新型フィット4(Fit4)に乗って長距離ドライブに行きたいと思っている方も、ガソリン車ではなくハイブリッド車の方が選んだ方が良いとのこと。

先ほどもお話したとおり、1.3リットルエンジンを搭載したガソリン車は、急こう配の山道などを運転する際は、少しパワー不足を感じるんですよね。また、高速道路での合流や追い越し加速もあまり得意ではありません。

しかし、この新型モデルのハイブリッド車は、1.5リットルエンジンと2モーターを組み合わせたシステムを採用しているため、ガソリン車よりもパワーに余裕があります。

また、この新型モデルのハイブリッド車では、エンジンだけで走行できる”エンジン走行モード”を用意しているため、高速域での運転も苦手としていません。

なので、この新型モデルのハイブリッド車は、高速道路での移動を伴う長距離ドライブにも最適です。

また、この新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車とガソリン車では、このように高速道路を運転している時のアクセルの踏み具合や乗り心地に違いがあるため、運転をし終わった後の疲労感にも大きな差がでるような感じが…。

このように高速道路を運転した時の加速力やパワー、快適性を考えると、長距離ドライブを頻繁に行こうと思っている方は、ガソリン車よりもハイブリッド車の方が良いのかなと思いました。

まとめ:ハイブリッド車とガソリン車のそれぞれのメリット&デメリットを考えてみよう!

いつもお世話になっているディーラーさんに、新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車とガソリン車は、それぞれどのような方にピッタリなのか?聞いてみたところ、このようなアドバイスを貰いました。

この新型モデルのハイブリッド車とガソリン車はそれぞれメリット&デメリットがハッキリとしています。

なので、使用するシチュエーションや目的を考えると、どちらのモデルが自分に一番ピッタリかおのずと答えが出るのかなと…。

また、この新型モデルは、ハイブリッド車とガソリン車でまったく異なる乗り心地になっているので、2台のモデルを乗り比べをして、自分のフィーリングにあったクルマを選ぶのも良い方法なのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする