新型フィット4はスマートキーが少し残念!デザインや使い勝手をチェック

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型フィット4(Fit4)は、ハイブリッド車/ガソリン車問わず、スマートキーが全グレードに標準装備されています。

そんな新型モデルのスマートキーですが、先代モデルと少し変わったところも…。

ホンダからデビューを果たしたこの新型モデルのスマートキーは、どこが変わったのでしょうか?また、デザインや使い勝手は、どのようになっていたのでしょうか?

ホンダからデビューを果たした人気コンパクトカー新型フィット4(Fit4)のスマートキーを実車画像を使って、どこよりも詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4のスマートキーのデザインをチェック

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの人気コンパクトカー新型フィット4(Fit4)に用意されているスマートキーのデザインは、このようになっています。

こちらは、ガソリン車のスマートキーです。

■ガソリン車のスマートキー

一方、ハイブリッド車のスマートキーは、このようなデザインになっていました。

■ハイブリッド車のスマートキー

新型フィット4 スマートキー

ハイブリッド車らしさがない新型フィット4のスマートキー

ご覧いただければ分かると思いますが、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のスマートキーは、ハイブリッド車/ガソリン車とわず表面のカラーはブラックで統一されていました。

しかし、今までホンダのハイブリッド車のスマートキーと言えば、ブルーが定番だったんですよね。

先代モデルにあたるフィット3(FIT3)やコンパクトサイズのSUV”ヴェゼル(VEZEL)”にしかり…

■先代モデルのハイブリッド車のスマートキー

個人的には、ハイブリッド車とガソリン車のスマートキーのカラーが全く同じになっていたことに若干の違和感が…。

また、少しガッカリしました。

特別感を演出するために、先代モデル同様にハイブリッド車とガソリン車でスマートキーのカラーを分けても良かったのかなと、個人的には思いました。

裏面にはドアの施錠/解錠ボタンを搭載

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のスマートキーの裏面には、ご覧のようなデザインのドアの施錠/解錠スイッチを搭載。

■新型フィット4のスマートキーの裏面

ドアの施錠/解錠ボタンのみのシンプルな作りですが、ボタンサイズも大きく、操作がしやすいデザインになっていました。

新型フィット4のスマートキーの使い勝手はどうだった?

デザインに関しては少し物足りなさを感じた新型フィット4(Fit4)のスマートキーですが、操作性&使い勝手に関しては、かなり良いように感じました。

この新型モデルのスマートキーの使い勝手で良いと思ったところは、どこだったのでしょうか?

実際にこの新型モデルのスマートキーを使ってみて、「この機能は便利!」と思ったところを紹介したいと思います。

ドアハンドルに触れるだけで施錠/解錠が可能

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のスマートキーでは、ドアをロック/アンロックするためのボタンが用意されていますが、フロントドアのハンドルに触れるだけで、ドアが自動的に施錠/解錠がされます。

■新型フィット4のドアハンドル

なので、乗り降りが非常にスムーズ。

ポケットやカバンからわざわざスマートキーを取り出して、スイッチを押すことなく乗り降りできるのは、とても便利だなと思いました。

ちなみに、ハンドルを握ってドアを施錠/解錠することができるのは、フロントドアのハンドルのみです。後部座席のドアを握っても、何も反応しないので、ご注意を…。

降車時オートドアロック機能も搭載

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、乗車時オートドアロック機能も搭載をしています。

この”乗車時オートドアロック機能”とは、スマートキーを携帯した状態でクルマから離れると、自動的にドアを施錠してくれるという機能です。

つまりクルマから降りる際は、ドアハンドルに触れる必要すらないのです。

私も実際にこの新型モデルを試乗した際に”乗車時オートドアロック機能”を試してみたのですが、ドアをバタンと閉めて歩き出すと、後ろの方から”カチャ”っとドアが施錠する音が…。

乗車時オートドアロック機能が備わっていれば、ドアをしっかりと施錠したか出先で不安になることもありませんし、とても良い機能だと思いました。

スマホからもドアの施錠/解錠をすることも可能

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、インターネットを使用した通信サービス”ホンダコネクト(Honda CONNECT)”に申し込めば、スマートキーからではなく、スマホやiPhoneでドアのロック/アンロック操作を行うことができます。

■新型フィット4のドアの施錠/解錠画面

私も実際にディーラーさんのスマホをお借りして、ドアの施錠/解錠を行ってみたのですが、反応はスマートキーとほぼ変わらず、操作性は非常に良いです。

ただ、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルでは、ドアハンドルを握るだけでロック/アンロックすることができます。なので、わざわざスマホやiPhoneでドアを施錠/解錠をする必要はなのいのかなと思いました。

ちなみに、この新型モデルのホンダコネクト(Honda CONNECT)では、アプリでドアのロック&アンロックをするだけではなく、ドアを施錠し忘れると、お手持ちのスマホやiPhoneにドアのカギの掛け忘れ通知が届く”し忘れ通知機能”も備わります。

ドアをロックしたか出先で不安にかられる方には、この”し忘れ通知機能”は、助かるのかなと思いました。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)に用意されている”ホンダコネクト(Honda CONNECT)”では、ドアの解錠/施錠だけではなく、様々なアイテムをリモートで操作することができます。

どのようなアイテムを操作できるか気になる方は、こちらの記事を確認してみてくださいね。

まとめ:新型フィット4のスマートキーの使い勝手は良好

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型フィット4(Fit4)に用意されているスマートキーのデザイン&使い勝手は、このようになっていました。

ハイブリッド車とガソリン車でまったく同じデザインになったのは少々残念でしたが、スマートキーの使い勝手には大満足!

ドアの開け閉めをする煩わしさから解放され、スムーズに乗り降りできるようになっていたのは、好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02