先代よりも運転がしやすくなった!新型フィット4の前方視界を実車画像で徹底解剖

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、後部座席の居住性や荷室の広さなど、先代モデルにあたるフィット3(FIT3)の良いところを引き継いでいます。

ただ、前方の視界に関しては、先代モデルよりもこの新型モデルの方が格段に良くなっっている感じが…。

特に斜め前方の視界に大きな違いがありました。

そんな新型モデルの前方の視界&見切りは、どのようになっていたのでしょうか?また、先代モデルと比較して、この新型モデルの前方視界は、どこが改善されていたのでしょうか?

ホンダからデビューを果たした人気コンパクトカー”新型フィット4(Fit4)”の前方視界&見切りを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4の真正面の視界&見切りをチェック

2020年2月にフルモデルチェンジをしてホンダからデビューを果たした新型フィット4(Fit4)の真正面の視界&見切りは、このような感じになっています。

■新型フィット4のフロントガラス

一方、こちらは先代モデルにあたるフィット3(FIT3)のフロントガラスです。

■フィット3のフロントガラス

このように2台のモデルのフロントガラスを比較してみると一目瞭然ですが、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルは、先代モデルよりもフロントガラスがひと回り大きいデザインに…。

そのおかげもあり、この新型モデルは、先代モデルとは全く異なる運転席からの見晴らし&視界性となっていました。

コンパクトカーとは思えないワイド感のある見晴らし

そんな新型フィット4(Fit4)の運転席に座ってみてまず初めに感じたことは、「先代モデルと比較して、前方の視界が四角くて、見やすい!」と言うことです。

このように感じた理由の一つが、フロントガラスを支えるAピラーのデザインです。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルも先代モデルも2本のAピラーでフロントガラスを支えているのですが、先代モデルでは、クルマの前方のピラーの方が太くなっていました。

■先代モデルのAピラー

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、先代モデルと前後を入れ替えて、前方を細いピラーに…。

■新型フィット4のAピラー

細くなった前方のAピラーは注視しないと気付かないくらい存在感が薄くなっており、先代モデルよりもフロントガラスがひと回り大きくなったような感じが…。

そのため、先代モデルよりも前方の見晴らしがよく、安心して運転をすることができるクルマに仕上がっていました。また、フロントガラスのエリアが広くなったことにより、解放感がアップしているのも好印象でした。

前方の見切りも良好

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)を試乗して良いと思ったのが、前方の見切りと車体感覚の掴みやすさです。

この新型モデルは先代モデルと同様に運転席からダッシュボードが確認しにくいデザインになっています。普通のドライビングポジションでは、ダッシュボードの半分の少し手前くらいまでしか目視で確認することができません。

■運転席から前方を確認した時の様子

しかし、メーターフードを排除したスッキリとした水平基調のダッシュボードとワイド感が増したフロントガラスのおかげで、ボンネットの最先端がイメージしやすい感じが…。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、前方の視界のワイド感が増したことにより、車両感覚が掴みやすくなっています。

そのおかげもあり、先代モデルではイマイチだった細い路地や狭い道路での対向車とのすれ違いも、この新型モデルでは安心して行うことができました。

新型フィット4の斜め前方の視界&見切りをチェック

Aピラーの出残を変更したことにより、先代モデルよりも真正面の視界が格段に良くなった新型フィット4(Fit4)ですが、斜め前方の視界はどうだったのでしょうか?

私がこの新型モデルを試乗した限り、斜め前方の視界もかなり良くなっているように感じました。

死角を作らない細いAピラー

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)を運転して良いと思ったのが、斜め前方の死角の少なさです。

先代モデルでは、フロントガラスを支えるAピラーの前方部分が太いため、歩行者や自転車を完全に死角に隠してしまっていたんですよね。なので、斜め前方をしっかりと確認するには、身体を少し前後に移動する必要がありました。

■先代モデルのAピラー

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルでは、Aピラーの前方を細くしたこともあり、斜め前方の視界が大幅にアップ。

■新型フィット4のAピラー

右左折をする際、歩行者や自転車が完全に死角に隠れることがなくなったので、安心して運転をすることができました。

また、2本のピラーに挟まれている三角窓のサイズが先代モデルよりも大きくなっているのも、安心感があって良かったです。

サイドミラーの位置にちょっと不満が…

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の斜め前方の視界は、先代モデルよりも格段に良くなっていたのですが、ちょっと残念だったのは、サイドミラーの位置です。

■新型フィット4のサイドミラー

この新型モデルのサイドミラーは、2本あるうちの後ろ側のAピラーの付け根に備わっています。そのため、後方のAピラー付近は、ちょっと死角が大きいような…。

また、この新型モデルは先代モデルよりも斜め前方の視界が格段に良くなったので、このAピラー後方部分の死角の大きさが際立って見えます。

個人的には、サイドミラーをAピラーの付け根に設置するのではなく、ドアから生えるデザインにして、Aピラーの付け根部分にもう少し隙間を作っても良かったのかなと思いました。

まとめ:新型フィット4の安心感&運転のしやすさはコンパクトカー随一

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の前方の視界は、このようになっていました。

この新型モデルでは極細のAピラーを採用したこともあり、広々とした前方視界に…。

また、この新型モデルはフロントガラスのエリアが大きくなったこともあり、運転席に座ると、コンパクトカーとは思えない解放感と味わうことができました。

競合車・ライバル車の中にはフロントガラス横のピラーが太く、死角の多さが気になるクルマもあります。ただ、死角が少ないこの新型モデルは、コンパクトカーの中で類を見ないほど安心感が高く、運転がしやすいクルマになっていました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする