新型フィット4全グレードの見積もり公開【乗り出し価格の差は大きい!?】

2020年2月にフルモデルチェンジをしてホンダからデビューを果たした新型フィット4(Fit4)は、ハイブリッド車/ガソリン車それぞれ外装や内装のデザインや装備が異なる5つのグレードを用意しています。

■新型フィット4の5つのグレード

・ベーシック(BASIC)
・ホーム(HOME)
・ネス(NESS)
・クロスター(CROSSTAR)
・リュクス(LUXE)

先日、この新型モデルの全グレードの見積もりを貰ってきたのですが、やはり乗り出し価格に大きな差がありました。

ホンダからデビューを果たした新型フィット4(Fit4)の各グレードの見積もり金額は、どのようになっていたのでしょうか?また、グレードによって、乗り出し価格にどれくらいの差があったのでしょうか?

先日、私が貰ってきた見積もりを使って、この新型モデルの5つのグレードの乗り出し価格とその差を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

ベーシックの乗り出し価格はいくら?【新型フィット4の見積もり1】

こちらが、今回私が貰ってきた新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車の最廉価モデル”ベーシック(BASIC)”の見積もりをです。

■ベーシックの見積もり
ボディカラー:プラチナホワイトパール

今回私は人気が高いボディカラー”プラチナホワイトパール”を選んだのですが、ハイブリッド車の最廉価モデル”ベーシック(BASIC)”の乗り出し価格は、このようになっていました。

■ベーシックの乗り出し価格

車体本体価格 \2,080,100
割引価格 \29,115
付属品合計 \478,830
諸経費合計 \210,185
乗り出し価格合計 \2,740,000

また、ディーラーオプションやメーカーオプションなどの詳細・内訳に関しては、このようになっていました。

ベーシックに装着したメーカーオプション

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の最廉価モデル”ベーシック(BASIC)”の見積もりを貰う際、次のようなメーカーオプションをお願いしました。

■ベーシックに装着したメーカーオプション

プラチナホワイトパール有料色 \33,000
ナビ装着用スペシャルパッケージ \49,500

この新型モデルの最廉価モデル”ベーシック(BASIC)”には、ステアリングスイッチやリヤワイドカメラがセットになった”ナビ装着用スペシャルパッケージ”が標準装備されていないので、メーカーオプションで追加しました。

また、今回私が選んだプラチナホワイトパールは有料色となっており、3万3000円の特別塗装料がかかりました。

ちなみに、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、有料色が数多く用意されています。また、カラーによって、特別塗装料も全然違うので、ご注意くださいね。

ベーシックに装着をしたディーラーオプション

また、ディーラーオプションに関しては、「基本的なアイテムを中心におすすめのものをお願いします。」とリクエストを出したところ、次のようなアイテムをピックアップしてくれました。

■ベーシックに装着をしたディーラーオプション

新車パッケージ \62,370
9インチサイズ純正ナビ \203,208
ナビアタッチメント \4,400
DRCロクガキット \12,650
ETC車載器 \27,500
ETCアタッチメント \18,040
ドラレコパッケージ \70,620
プレミアムグラスコーティング(ハイドロ) \77,000
セットアップ料金 \3,520
ディーラーオプション合計金額 \478,830

今回、基本的なアイテムを中心にディーラーオプションを付けてもらったのですが、ディーラーオプション代だけで50万円近くに…。

9インチサイズの純正ナビやグラスコーティングなどの高額アイテムが含まれているせいですが、ディーラーオプションが予想以上に金額に…。

■新型フィット4の純正ナビ

ディーラーオプション代だけでこれだけの金額になるのなら、「もっと値引きを頑張って貰わないと…。」と思いました。

最廉価モデルのベーシックでも270万円オーバー

このようなオプションを装着して貰った私の新型フィット4(Fit4)のハイブリッド車の最廉価モデル”ベーシック(BASIC)”の乗り出し価格は、270万円オーバー。

ちょっとこの金額は、高すぎますよね。

ハイブリッド車とは言え、最廉価モデルの”ベーシック(BASIC)”で270万円オーバーは予想だにしていない金額だっただけに、ディーラーさんに思わず、「この見積もりって、正しい金額ですか?」って、確認しちゃいました。

ホームの乗り出し価格はいくら?【新型フィット4の見積もり2】

最廉価モデルの”ベーシック(BASIC)”よりもひと回り上のグレードにあたる新型フィット4(Fit4)の中間モデル”ホーム(HOME)”の見積もり金額は、どれくらいなのでしょうか?

こちらが、私が貰ってきた中間モデルの”ホーム(HOME)”のハイブリッド車の見積もりです。

■ホームの見積もり

そして、私が貰った中間モデル”ホーム(HOME)”の乗り出し価格は、このようになっていました。

■ホームの乗り出し価格

車体本体価格 \2183,500
割引価格 \32,515
付属品合計 \478,830
諸経費合計 \210,185
乗り出し価格合計 \2,840,000

また、選んだボディカラーやオプションなど、今回私が貰ったホーム(HOME)の見積もりの内訳・詳細は、このようになっています。

ホームの内訳【注文をしたオプション&ボディカラーは?】

今回はグレードによる乗り出し価格の差を確認したかったため、ボディカラーに関しては、最廉価モデルの”ベーシック(BASIC)”と全く同じホワイトプラチナパールにしました。

また、ディーラーオプションも最廉価モデルの”ベーシック(BASIC)”と全く同じにしました。

ただ、最廉価モデルの”ベーシック(BASIC)”の見積もりでは、ディーラーさんがコンフォートパッケージを装着し忘れたため、メーカーオプションの金額には、若干の違いが生じてしまいました。

■ホームに装着をしたメーカーオプション

プラチナホワイトパール有料色 \33,000
ナビ装着用スペシャルパッケージ \49,500
コンフォートパッケージ \33,000

ホームは意外とお買い得!?

今回、最廉価モデルの”ベーシック(BASIC)”とできるだけ同じ条件の見積もりを出して貰ったのですが、中間モデルの”ホーム(HOME)”の乗り出し価格は、値引き込みで284万円ちょうどでした。

最廉価モデルの”ベーシック(BASIC)”の乗り出し価格が約274万円だったので、この2台のモデルの乗り出し価格の差は、10万円ということに…。

と言いますか、中間モデルの”ホーム(HOME)”のみメーカーオプションの”コンフォートビューパッケージ(価格:3万3000円)”が付いているので、実質は6万4000円の差です。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の中間モデル”ホーム(HOME)”では、本革巻きのハンドルやシフトレバーが標準装備されます。

■ホームの本革巻きのハンドル

■ホームの本革巻きのシフトレバー

また、センターコンソールの後方に急速充電に対応したUSBポートが備わるのも、中間モデルの”ホーム(HOME)”からです。

■ホームから備わる急速充電対応のUSBポート

新型フィット4(Fit4)の”ホーム(HOME)”と”ベーシック(BASIC)”の機能や装備の違いと価格差を見比べると、中間モデルの”ホーム(HOME)”の方がお得感があるのかなと思いました。

ホームの乗り出し価格はいくら?【新型フィット4の見積もり3】

ビビッとな色使いが特徴の新型フィット4(Fit4)のネス(NESS)の見積もり金額・乗り出し価格は、どのようになっていたのでしょうか?

こちらが、私が貰ってきたアクティブ仕様”ネス(NESS)”の見積もりです。

■ネス(NESS)の見積もり

そして、私が貰ってきたネス(NESS)の乗り出し価格は、このようになっていました。

■ネスの乗り出し価格

車体本体価格 \2293,500
割引価格 \32,515
付属品合計 \478,830
諸経費合計 \210,185
乗り出し価格合計 \2,950,000

1つしたのグレード”ホーム(HOME)”よりもワンランク値段が高くなった印象のあるネス(NESS)ですが、私が貰った見積もりの詳細は、このようになっています。

ネスの内訳【注文をしたオプション&ボディカラーは?】

新型フィット4(Fit4)のネス(NESS)の注目ポイントの一つは、ライムグリーンをアクセントカラーに使用をした”アクセント2トーンカラー”を唯一ラインナップしていることです。

■ネスのアクセント2トーンカラー

ただ、今回は他のグレードと同様にホワイトプラチナパールで見積もりの作成をお願いをしました。

また、ディーラーオプションも他のグレードと全く同じにして貰いました。

ただ、上位モデルにあたる”ネス(NESS)”では、”ホーム(HOME)”や”ネス(NESS)”では、メーカーオプション設定だった”ナビ装着用スペシャルパッケージ”が標準装備となっています。

なので、今回の”ネス(NESS)”の見積もりでお願いをしたメーカーオプションは、コンフォートビューパッケージとホワイトプラチナパールの特別塗装料のみとなりました。

■ネスに装着をしたメーカーオプション

プラチナホワイトパール有料色 \33,000
コンフォートパッケージ \33,000

機能や装備は充実しているけど、内装の豪華さが…

今回私が貰った新型フィット4(Fit4)のネス(NESS)の乗り出し価格は、値引き額を含めて295万円となっていました。

全く同じ条件で出してもらった中間モデル”HOME”との乗り出し価格の差は、ジャスト11万円。

この新型フィット4(Fit4)の”ネス(NESS)”には、中間モデルのホーム”ホーム(HOME)”では標準装備されていなかったアルミホイールやフォグランプが備わっています。

■ネスに標準装備されている15インチアルミホイール

■ネスに標準装備されているフォグランプ

また、肌や髪に良いと言われているナノイーが標準装備されているのは、このネス(NESS)のみです。

このように機能や装備が充実しているのは、ネス(NESS)の魅力の一つです。

ただ、ハンドルやシフトレバーがウレタン素材になるなど、ネス(NESS)の内装・インテリアの高級感・上質感は、一つ下のグレードの”ホーム(HOME)”より劣ります。

機能や装備は充実している新型フィット4(Fit4)のネス(NESS)ですが、ホーム(HOME)との価格差の価値があるかと言われると、微妙なところでした。

クロスターの乗り出し価格はいくら?【新型フィット4の見積もり4】

こちらが、2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の注目モデル”クロスター(CROSSTAR)”の見積もりです。

■クロスターの見積もり

専用デザインのフロントグリルやサイドシルガーニッシュを備え、クロスオーバーSUVらしさを強調したデザインになっている”クロスター(CROSSTAR)”の乗り出し価格を確認したところ、このようになっていました。

■クロスターの乗り出し価格

車体本体価格 \2354,000
割引価格 \32,975
付属品合計 \478,830
諸経費合計 \210,145
乗り出し価格合計 \3,010,000

クロスター(CROSSTAR)の見積もりを貰う際、ボディーカラーは、他のグレードと同じプラチナホワイトパールでお願いをしました。

■クロスターのボディカラー…プラチナホワイトパール

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のクロスター(CROSSTAR)では、メーカーオプションでルーフレールを用意しておりますが、今回は装着することをせず、オプションもネス(NESS)と全く同じにいたしました。

■クロスターに装着をしたメーカーオプション

プラチナホワイトパール有料色 \33,000
コンフォートパッケージ \33,000

クロスターの専用装備に魅力を感じれば購入する価値あり!

このような条件でお願いした時の新型フィット4(Fit4)のクロスオーバーSUV仕様”クロスター(CROSSTAR)”の乗り出し価格は約300万円。

コンパクトカークラスで300万円オーバーと聞くと、やはり高く感じてしまいますね。

また、一つしたのグレード”ネス(NESS)”と比較すると6万円、ホーム(HOME)と比較すると17万円ほどクロスター(CROSSTAR)の方が高くなっています。

ただ、この新型モデルの”クロスター(CORSSTAR)”は、専用デザインの16インチタイヤやフロントグリルを備えており、他のグレードとは一味違う見た目になっています。

■クロスター専用のフロントグリル

また、このクロスター(CROSSTAR)は唯一3ナンバーサイズとなっており、他のグレードよりも存在感のがあります。

コンパクトカーで300万円オーバーの乗り出し価格は少し高すぎるなと感じましたが、この迫力のある見た目が気に入った方には、決して高すぎる買い物ではないのかなと思いました。

ちなみに、いつもお世話になっているディーラーさんでは、クロスオーバーSUV仕様のクロスター(CROSSTAR)は、ホーム(HOME)に次ぐ人気グレードになっているそうですよ。

リュクスの乗り出し価格はいくら?【新型フィット4の見積もり5】

シートに本革を採用するなど、他のグレードよりも豪華な仕様になっている新型フィット4(Fit4)の最上位モデル”リュクス(LUXE)”ですが、やはり他のグレードよりも乗り出し価格も高くなっています。

■リュクスの見積もり

そして、こちらが私が貰ってきた”リュクス(LUXE)”の見積もりの乗り出し価格です。

■リュクスの乗り出し価格

車体本体価格 \2,404,600
割引価格 \33,615
付属品合計 \478,830
諸経費合計 \210,185
乗り出し価格合計 \3,060,000

私が貰ってきたリュクスの見積もりの乗り出し価格は306万円。

他のグレードと比較して豪華な仕様になっていることもあり、お値段もやはりお高めですね。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の最上位モデル”リュクス(LUXE)”では、専用のメーカーオプションを用意していることもあり、オプション代なども他のグレードと若干の違いがありました。

リュクスの内訳【注文をしたオプション&ボディカラーは?】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4のリュクス(LUXE)は、9色からボディカラーを選べるようになっていましたが、他のグレードと同様にプレミアム ホワイトパールをお願いしました。

また、ディーラーオプションも同じにして貰いました。

ただ、メーカーオプションに関しては、コンフォートビューパッケージに加えて、リュクス専用のアイテム”シートヒーター&ステアリングヒーター”を追加して貰いました。

■クロスターに装着をしたメーカーオプション

プラチナホワイトパール有料色 \33,000
コンフォートパッケージ \33,000
シートヒーター \11,000

値段の高さがネックで売れ行きはイマイチ!?

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の最上位モデルに位置をする”リュクス(LUXE)”は、5つのグレードの中で乗り出し価格も一番高くなっております。

例えば、中間モデルのホーム(HOME)と比較すると、リュクス(LUXE)の方が22万円ほど高くなっています。

ちょっとこの差は大きいですよね。

なので、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”の売れ行きは、あまり良くないようです。

ただ、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”のみシートヒーターが備わるなど、他のグレードには無い様々な魅力が…。

リュクスの乗り出し価格は決して安い金額ではありませんが、個人的には、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の中で一番満足度の高いグレードに仕上がっているのかなと思いました。

まとめ:全体的に高い新型フィット4の乗り出し価格

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)に用意されている5つのグレードの見積もりを貰ってきたところ、乗り出し価格は、それぞれこのようになっていました。
この新型モデルのハイブリッド車の乗り出し価格は、全体的にちょっと高い感じが…。

特にクロスオーバーSUV仕様のクロスター(CROSSTAR)と豪華な内外装が魅力のリュクス(LUXE)の乗り出し価格は300万円オーバーとなっており、特に高くなっています。

なので、この新型モデルの見積もりを貰って商談をする際は、しっかりと値引き交渉をして、少しでも安く購入できるように頑張った方が良いのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする