遊び心あるデザインに注目!新型RAV4ハイブリッドのメーターの実車画像レビュー

2019年4月にデビューをしたトヨタのミドルクラスSUVの5代目新型RAV4のハイブリッド車は、専用デザインのメーターを採用しています。

ただ、このクルマのメーターは、他のグレードには無い遊び心地が…。

この5代目モデルのハイブリッド車のメーターは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、ガソリン車には施されていないハイブリッド車のメーターの特徴&魅力は、何だったのでしょうか?

フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4のハイブリッド車のメーターを実車画像を使って、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4ハイブリッドのメーターは2種類のデザインを用意

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4のハイブリッド車は2つのグレードをラインナップしていますが、グレードによって、メーターのデザインに違いがありました。

ハイブリッド車に用意されている2種類のメーターを紹介したいと思います。

廉価モデル”ハイブリッドX”のメーター

こちらは、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルのハイブリッド車の最廉価モデルの”ハイブリッドX”のメーターです。

■ハイブリッドXのメーター

下位モデルに位置をするハイブリッドXでは、左側に現在のエネルギーの出力状況を表すパワーインジケーターを、そして、右側にはスピードメーターを配した2眼式のアナログメーターを採用。

■ハイブリッドXのパワーインジケーター

■ハイブリッドXのスピードメーター

また、2つのメーターの間には、4.2インチサイズのマルチインフォメーションディスプレイを配置。

■ハイブリッドXのマルチインフォメーションディスプレイ

オーソドックスな2眼式のメーターとなっているため、先進性はイマイチですが、視認性も良く、誰でも違和感なく使える使い勝手の良いメーターになっていました。

また、パワーインジケーターとスピードメーターにはブルーの針を採用したハイブリッド車のメーターは、ガソリン車とは異なるクリーンで爽やかな雰囲気になっているのも印象的でした。

上位モデル”ハイブリッドG”のメーター

一方、こちらは、新型RAV4のハイブリッド車の最上位モデル”ハイブリッドG”のメーターのです。

■ハイブリッドGのメーター

最上位モデル”ハイブリッドG”は、中央に7.0インチサイズのTFTカラー液晶ディスプレイを配置した3眼式のデジタルメーターを採用。

■ハイブリッドGのパワーインジケーター

■ハイブリッドGのスピードメーター

■ハイブリッドGのガソリンタンク残量計

なので、廉価モデルのハイブリッドXのメーターよりも先進性のあるデザインに…。

また、中央部分のスピードメーターをオーソドックスなアナログ表示と先進性のあるデジタル表示に切り替える事ができるのも、このデジタルメーターの特徴の一つなのかなと思いました。

■デジタル表示のメーター

ハイブリッド車のデジタルメーターの視認性・見やすさはイマイチ!?

そんな新型RAV4のハイブリッド車のデジタルメーターでちょっと気になったのは、視認性・見やすさです。

このハイブリッドGのデジタルメーターは、メーターの針だけではなく、左右に備わっているパワーインジケーターとガソリンタンクの残量計の目盛り部分もブルーになっており、ちょっとブルーが強調し過ぎている感じが…。

視認性・見やすさの事を考えると、もう少しシンプルで、落ち着いた雰囲気のデザインにしても良かったのかなと思いました。

新型RAV4ハイブリッドのメーターの注目ポイントとは?

このようにグレードによって異なる2種類のデザインを採用している新型RAV4のハイブリッド車のメーターですが、印象的だったのは、ドライブモードを切り替えた時のデザインです。

ハイブリッド車では、ノーマル/エコ/スポーツと言う3つのドライブモードを用意しているのですが、選択するドライブモードによって、スピードメーター部分のカラーが変化します。

ノーマルモード選択時のメーターは、ご覧の通り、シンプルなホワイトカラーになっているのですが、エコモードにすると、スピードメーター部分がグリーンカラーに…。

■ノーマルモード選択時のスピードメーター

■エコモード選択時のスピードメーター

また、ドライブモードをスポーツモードに切り替えると、メーター部分は鮮やかなレッドになり、スポーティーな雰囲気を演出。

■スポーツモード選択時のスピードメーター

他のトヨタの車でも、ドライブモードを切り替えた際、メーターのカラーが変わるのは、ごく当たり前です。ハリアーやCHR/CH-Rでも同様です。

ただ、この新型RAV4は、ドライブモードを切り替えた際、メーターの目盛り部分だけではなく、マルチインフォメーションディスプレイが搭載されているメーター内部の部分のカラーも変化。

そのため、選択するドライブモードによって、メーターの印象や見え方が大きく異なるのが、かなり面白かったです。

ドライブモードセレクトのカラーも変化

また、ドライブモードを変更した時のもう一つの注目ポイントが、ドライブモードを変更する時に使用するダイヤル式のドライブモードセレクターです。

■ハイブリッド車のドライブモードセレクト

グレード問わずハイブリッド車の4WD仕様には標準装備されているドライブモードセレクトですが、選択するドライブモードと連動して、カラーリングが変化する仕様に…。

■ノーマルモード選択時のドライブモードセレクター

■エコモード選択時のドライブモードセレクター

■スポーツモード選択時のドライブモードセレクター

かなりインパクトがありますよね。

センターコンソールに備わっているドライブモードセレクターのカラーリングが変わるのは、遊び心がある新型RAV4っぽくて良いなと思いました。

ちなみに、ドライブモードセレクターが、ブルー/グリーン/レッドと変化するのは、ハイブリッド車だけです。

ガソリン車のドライブモードセレクターでは、違いカラーに変化するので、この違いにも注目をしてみてくださいね。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4のハイブリッド車のメーターは、パワーインジケーターを採用した専用デザインに…。

また、ドライブモードによって、メーターだけではなく、センターコンソール部分にあるドライブモードセレクターのカラーリングも変化するのが、とても印象的でした。

もしこれからこのハイブリッド車の試乗をする機会がありましたが、カラーリングが変化をするメーターやドライブモードセレクターにも注目をしてみてくださいね。

>>> 競合車には無い機能も!?新型RAV4のエアコンの使い勝手&機能性レビュー

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする