エアロパーツの価格はいくら?新型RAV4 JAOSの専用アイテムを徹底レビュー

2019年4月にデビューをした新型RAV4の最上位モデル”アドベンチャー”では、ワイルドでタフな印象を強める専用エアロキット”JAOS(ジェオス)”を用意しています。

先日、このJAOSのエアロキットを装着したモデルを見る事ができたのですが、標準仕様よりも無骨感が増して、海外の本格派SUVのような雰囲気になっていました。

>>> 新型RAV4 JAOSでギア感がアップ!実車画像でカスタム仕様を徹底解剖

SUVらしいチカラ強さと無骨さを高めてくれると評判の”JAOS(ジェオス)”の専用キットは、どのようなデザインだったのでしょうか?また、各キットの価格は、いくらだったのでしょうか?

アドベンチャー専用のエアロキット”JAOS(ジェオス)”に用意されている専用アイテムを徹底レビューしたいと思います。また、JAOS仕様の各パーツの価格も紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4 JAOSの専用エアロパーツのデザインと価格をチェック

JAOSの専用エアロパーツを装着した新型RAV4のアドベンチャーの外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■JAOS仕様の外装・エクステリア

ハーフチューブをあしらったフロントバンパーなど専用アイテムが備わったJAOS仕様は、ノーマル仕様よりもアウトギア感を強調したデザインに…。デコボコとした道もチカラ強く駆け抜けていく本格派のSUVっぽい装いになっていました。

そんなJAOS仕様では、次の5つの専用アイテム(エアロパーツ)を用意していました。また、各アイテムの価格は、このようになっていました。

ノーズプロテクター

価格:59400円

新型RAV4のJAOS仕様のアイテムの一つが、飛び石や虫のダメージを回避するために使用される”ノーズブラ”からインスピレーションを得て設計されたノーズプロテクターです。

このノーズプロテクターには、長方形をした3つのLEDイルミネーションライトが搭載されており、ノーマル仕様では味わえないインパクトのあるフロントマスクを演出していました。

フロントバンパー

価格:10万8000円

新型RAV4のJAOS仕様の注目のアイテムの一つが、メッキ加飾を施したハーフチューブを備えたフロントバンパーです。

スキッドプレートを装着している標準仕様のアドベンチャーもSUVらしいチカラ強いデザインになっています。

しかし、メッキ調のハーフチューブとグレーメタリックのを組み合わせたフロントバンパーを採用したJAOS仕様のフロントマスクは、傷や汚れをものともせずチカラ強く走り抜けていくアウトギア感が増しているように感じました。

また、ハーフチューブの中央に施されたJAOSのエンブレムが特別感を演出しているように感じました。

ちなみに、この迫力のあるフロントバンパーを装着すると、標準仕様のアドベンチャーよりも全長が約73mmほど長くなるようですよ。

フロントプロテクターキット

価格:15万4400円

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4では、迫力のあるフロントマスクを演出するフロントバンパーとノーズプロテクターをセットにした”フロントプロテクターキット”を用意しています。

このフロントプロテクターキットの価格が15万4400円なので、フロントバンパーとノーズプロテクターを別々に装着するよりも、約1万3000円くらいお得に…。

ちなみに、ディーラーさんの話によると、JAOS仕様するお客さんはまだ全体の割合からするとかなり少ないみたいですが、JAOS仕様にしていく方は全員、フロントプロテクターキットを購入して、フロントバンパーとノーズプロテクターの両方を装着していっているみたいですよ。

サイドプロテクター

価格:62,640円

新型RAV4のJAOS仕様では、サイドスタイルにインパクトを与える大型サイズのシドプロテクターを用意しています。

ご覧いただければ分かると思いますが、このJAOS(ジャオス)仕様のサイドプロテクターは、グレーメタリック塗装部分を土台にシルバー塗装をパーツを組み合わせた2トーンカラーに…。

そのおかげもあり、本格派のSUVらしいチカラ強いサイドスタイルになっていまいした。

また、このサイドプロテクターを装着すると、地上高が約24mmほど低くなる事もあり、JAOS仕様は、標準仕様のアドベンチャーよりもドッシリとした低重心なサイドスタイルになっているように感じました。

ピラープロテクター

価格:31,320円

また、新型RAV4のサイドスタイルの良いワンポイントアクセントになっていたのが、リヤクォーターガラスをブラックアウト化させるピラープロテクターです。

このピラープロテクターのおかげで、シャープでスポーティーなサイドスタイルを演出しているように感じました。

また、ピラープロテクターの下にシルバーで刻まれている”JAOS”のエンブレムが良いワンポイントアクセントになっていました。

JAOS専用タイヤ&ホイール

価格:388,800円

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4では、ブラック塗装が施されたワイルドSUVらしさを強調したJAOS専用デザインのタイヤ&ホイールを標準装備しています。

また、アドベンチャーの標準仕様のタイヤ&ホイールは、19インチとなっているのですが、JAOS仕様のタイヤ&ホイールは、ひと回り大きい20インチサイズとなっており、迫力のあるサイドビューを演出していました。

新型RAV4にJAOS(ジャオス)のエアロパーツを装着すると、総額いくらになる?

このように5つのアイテムを用意しているJAOS(ジャオス)ですが、アドベンチャーにこれらのエアロキットを装着すると、総額でいくらくらいになるのでしょうか?

次の5つのエアロキットを装着した時の価格と取付工賃を計算したところ、このようになっていました。

ちなみに、取付工賃費は、私がいつもお世話になっている近所のトヨタカローラの価格”\8,640/1h”で計算しております。

■JAOS専用アイテムの合計金額

アイテム名 アイテム価格 取付工賃
フロントプロテクターキット 154,440円 21,600円
サイドプロテクター 62,640円 20,736円
ピラープロテクター 31,320円 4,320円
JAOS専用20インチアルミホイール&タイヤ 388,800円 4,320円
合計金額 637,200円 50,976円

この新型RAV4に用意されているJAOSのエアロパーツの価格と取付工賃の合計金額は、約68万8176円。

JAOS専用デザインの20インチタイヤ&アルミホイールが高いこともありますが、思ったよりも強気な価格設定ですね。

ちなみに、JAOSのエアロパーツを取りつけられるアドベンチャー(Adventure)の車体本体価格は313万7400円なので、これらのアイテムすべてを装着すると約382万5000円に…。

海外の本格派のSUVっぽい見た目にする事ができるJAOS仕様ですが、思ったよりも車体本体価格い感じが…。

ちなみに、私がJAOS仕様は、ブラック塗装が施されたタイヤ&ホイールが装着されていないモデルでした。

このJAOS仕様でも十分に迫力がありますよね。

標準仕様のタイヤ&ホイールでも十分に迫力のあるデザインになっていますし、ちょっとお値段的に厳しい方は、無理をしてJAOS仕様のタイヤ&ホイールを装着しなくても良いのかなと思いました。

>>> 新型RAV4アドベンチャーは専用タイヤを装着【サイズ&メーカーを確認してきた】

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4のアドベンチャー専用のエアロパーツ”JAOS”では、このような専用アイテムを用意していました。

アイテム自体は、モデリスタやTRDと比較すると少なめなのですが、装着すると、かなりインパクトのあるデザインに…。アウトギア感満載なSUVに乗りたい方には、海外のSUVっぽい見た目になるJAOSは、ピッタリなのかなと思いました。

>>> 面白い工夫が盛り沢山!?競合車には無い新型RAV4の荷室アレンジを徹底解剖

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする