グレードで使い勝手が違う!?新型RAV4のセンターコンソールを徹底解剖

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタの新型RAV4の運転席と助手席の間には、センターコンソールが用意されてます。

ただ、このクルマのセンターコンソールは2種類用意してあり、グレードによって、見た目のデザインや使い勝手に違いが…。

トヨタから新発売されたミドルクラスSUV新型RAV4のセンターコンソールは、どのようなデザイン&使い勝手になっていたのでしょうか?また、グレードによって、どのような違いがあったのでしょうか?

センターコンソールのデザインや使い勝手、グレードによる違いを、実車画像を使って、徹底解説していきたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4 Xグレードのセンターコンソール

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の最廉価モデル”Xグレード”に備わっているセンターコンソールは、このようなデザインになっています。

■Xグレードのセンターコンソール

この最廉価モデルの”Xグレード”は、ファブリック素材のシートを採用するなど、他のグレードよりもシンプルな内装・インテリアとなっています。

ただ、Xグレードのセンターコンソールボックスは、合成レザー素材を採用。

このグレードのセンターコンソールには、ワンポイントアクセントになるステッチなどが施されてい無いため、若干のシンプルさはありましたが、センターコンソールがファブリックではなく、高級感のある合成レザーになっていたのは好印象でした。

Xグレードのセンターコンソールの内部をチェック

アームレストとして使用できるセンターコンソールの蓋(リッド)を持ち上げると、内部は、このような感じに…。

■Xグレードのセンターコンソールの内部

内部のフロアには、布状のマットを標準装備。

このようなマットが無いと、スマホやiPhoneを置いておいた時に表面に小さなスリ傷みたいのがついてしまうんですよね。

しかし、布状のマットを採用しているこのクルマセンターコンソールボックスには、収納したアイテムに細かい傷が付くことを気にせずに使える便利さは、このクルマの良さなのかなと思いました。

USBソケットを2個用意

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4は、最廉価モデルのXグレードでも、センターコンソールボックスの内部にUSBソケットを2個用意。

■Xグレードに備わっているUSBポート

最廉価モデルのXグレードでも、USBソケットがしっかりと用意されているのは、嬉しいですよね。

また、このクルマに備わっているUSBは、急速充電を行う事ができる2.1Aタイプとなっているのも嬉しいポイントの一つでした。

センターコンソールトレイの用意はナシ

ただ、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の最廉価モデル”Xグレード”のセンターコンソール内には、小さいアイテムを収納するのに便利なセンターコンソールトレイの用意はナシ。

なので、充電するためにUB接続したスマホやiPhoneを置くスペースにちょっと困る感じが…。

個人的には、充電中のアイテムを置くのに便利な、小物入れやトレーをセンターコンソールボックス内に用意しても良かったのかなと思いました。

新型RAV4 上位モデルのセンターコンソール

一方、新型RAV4の最廉価モデル”Xグレード”以外のモデル(G系グレード/アドベンチャー)のセンターコンソールは、このようなデザインになっています。

■上位モデルのセンターコンソール

最廉価モデルのXグレードとは異なり、上位モデルのセンターコンソールには、中央にステッチが施されているデザインに…。

Xグレードよりも高級感&上質感のあるデザインになっていました。

上位モデルのセンターコンソールボックスの内部をチェック

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の上位モデルに備わっているセンターコンソールの内部は、このようなデザインになっています。

■上位モデルのセンターコンソールボックスの内部

フロアにカーペット素材のマットを敷いているところや急速充電に対応しているUSBポートを2個用意するなど、基本的なデザインは最廉価モデルのXグレードと全く同じになっていました。

センターコンソールトレイを標準装備

ただ、上位モデルのアドベンチャーやG系グレードでは、下位モデルのXグレードと異なりセンターコンソールボックス内に小型トレイを用意。

■上位モデルに用意されているセンターコンソールトレイ

このようなトレイが用意されていると、小さいアイテムを収納するのにとても便利ですよね。

また、上位モデルに備わっているセンターコンソールトレイは、スマホやiPhoneを置いておけるサイズになっています。なので、充電中のスマホやiPhoneを置いておくのにちょうど良いスペースなのかなと思いました。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのミドルクラスSUV”新型RAV4″のセンターコンソールは、このようなデザインになっていました。

USBポートが2個設置されているところなど、基本的なセンターコンソールのデザインは、Xグレードと上位モデルでは、同じになっています。

ただ、上位モデルのセンターコンソールは、ステッチが施されるなど高級感のあるデザインに…。また、上位モデルのセンターコンソールには、小さいアイテムを収納するのに便利なトレイを標準装備。

なので、見た目のデザイン性も使い勝手も、Xグレードよりも上位モデルのセンターコンソールの方がワンランク上手の方が良いように感じました。

また、この新型RAV4はXグレードでも必要十分な機能や装備が用意されていますが、このような便利アイテムや快適装備では、上位モデルと下位モデルでやはり差があるのかなと思いました。

>>> 高級感が全然違う!新型RAV4のXグレードとGグレードの内装を比較

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする