グレードで違う!新型RAV4の2種類のメーターを実車画像でチェック

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4は、2種類のメーターを用意しています。

なので、上位モデルと下位モデルでは、運転席周りのデザインや先進性に大きな違いが…。

久しぶりに復活を果たした新型RAV4に用意されている2種類のメーターは、それぞれどのようなデザインだったのでしょうか?また、2種類のメーターは、どんな違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、この新型モデルに用意されている2種類のメーターを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

トヨタ新型RAV4に用意されている2種類のメーターを実車画像でチェック

2019年4月にデビューを果たしたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4では、次の2種類のメーターを用意しております。

・2眼式アナログメーター
・3眼式デジタルメーター

全く異なるデザインになっている2種類のメーターですが、それぞれどのようなデザインになっていたのか、具体的に見ていくことにしましょう。

2眼式アナログメーターのデザインや特徴をチェック

フルモデルチェンジをして新発売されたこのクルマに用意されている2眼式のアナログメーターは、このようなデザインになっています。

■新型RAV4の2眼式アナログメーター
グレード:ハイブリッドX

ガソリン車の”Xグレード”や”ハイブリッドX”など、下位モデルに採用されている2眼式アナログメーターは、大きなハイブリッドメーター(ガソリン車は、タコメーター)とスピードメーターを配置したオーソドックスなデザインに…。

■ハイブリッドメーター

■スピードメーター

ただ、ハイブリッドメーターやスピードメーターのリングには、シルバーの加飾が施されており、下位モデル特有の安っぽさを一切感じないのは、好印象でした。

また、ハイブリッドメーターとスピードメーターの間には、4.2インチサイズのマルチインフォメーションディスプレイを標準装備しており、様々な情報を表示してくれます。

■マルチインフォメーションディスプレイ

画面サイズ自体はそれほど大きくないのですが、表示してくれる情報量は十分。

また、マルチインフォメーションディスプレイの上段には、速度制限などを表示してくれる機能が備わっているのも、とても良いと思いました。

3眼式デジタルメーターのデザインや特徴をチェック

一方、新型RAV4のGグレード/GZパッケージ、アドベンチャーなど上位モデルに採用されている3眼式のデジタルメーターは、このようなデザインになっています。

■3眼式デジタルメーター
グレード:ハイブリッドG

上位モデルに採用されているこの3眼式のデジタルメーターは、中央にスピードメーター、左側にはハイブリッドメーター(タコメーター)、右側には燃料計と水温計を表示。

■スピードメーター

■ハイブリッドメーター

■燃料計&水温計

また、様々な情報を表示してくれるマルチインフォメーションディスプレイは、スピードメーターの内部に表示。

■マルチインフォメーションディスプレイ

中央のスピードメーターとマルチインフォメーションディスプレイが表示される部分は、7.0インチサイズの液晶ディスプレイとなっており、下位モデルの2眼識アナログメーターよりも先進性のあるデザインになっていました。

新型RAV4の2種類のメーターは、グラフィックに大きな差が…

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4は、ご覧いただいた通り、どちらのタイプのメーターでも十分に満足できるデザイン性と視認性を兼ね備えています。

ただ、この2つのタイプのメーターは、ドライブモード選択時のグラフィックに大きな違いがありました。

エコモードやスポーツモードを選択時XグレードやハイブリッドXなどの下位モデルに採用されている2眼式のメーターの場合、マルチインフォメーションディスプレイの画面のカラーが変わるのみです。

■2眼式アナログメーターのエコモード選択時の様子

■2眼式アナログメーターのスポーツモード選択時の様子

一方、新型RAV 4の上位モデルに採用されている3眼式のデジタルメーターでは、選択したドライブモードによって、中央のスピードメーターのカラーリングが変化。

■3眼式デジタルメーターのエコモード選択時の様子

■3眼式デジタルメーターのスポーツモード選択時の様子

2眼識のアナログメーターと比較すると、見た目の迫力やデザイン性が大きく異なりますよね。

中央のスピードメーターのカラーリングが変化をする3眼式デジタルメーターの方が、ドライブモードを変更した時のワクワク感がありました。

また、新型RAV4のハイブリッドGでは、センターコンソールに備わっているダイヤルでドライブモードを切り替える事ができるようになっているのですが、選ぶドライブモードによって、ダイヤルのカラーも変化します。

■ノーマルモード選択時

■エコモード選択時

■スポーツモード選択時

このような遊び心がデザインになっているのも、このクルマの特徴&魅力の一つなのかなと思いました。

ガソリン車では、専用のグラフィックを用意

また、新型RAV4のガソリン車では、路面の状況に合わせて走行モードを”マッド&サンド”と”ロック&ダート”の2種類から選べるようになっているのですが、これらのドライブモード(マルチテレインセレクト)専用のグラフィックを用意しています。

こちらは、”マッド&サンド”を選択した時のメーターのデザインです。

■マッド&サンド選択時のメーター

マッド&スノーを選択すると、マルチインフォメーションディスプレイ内に、砂のようなデザインのグラフィックが…。また、スピードメーターの周りもイエローに変化をします。

一方、”ロック&ダート”のドライブモード(マルチテレインセレクト)を選ぶと、マルチインフォメーションディスプレイに岩っぽいグラフィックが登場。また、スピードメーターの周りもブルーに変化をします。

■ロック&ダート選択時のメーター

新型RAV4のガソリン車は、オフロード用の2つのドライブモードを用意していますが、このように専用のグラフィックを採用しているのも見逃せないポイントの一つなのかなと思いました。

2019年4月にデビューを果たしたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4は、ご覧の通り、2種類のメーターを用意していました。

XグレードやハイブリッドXなど下位モデルに採用している2眼式のアナログメーターも悪くないのですが、先進性やスタイリッシュさでは、上位モデルに採用されている3眼式のデジタルメーターに及ばない感じが…。

特にドライブモードを変更した時のワクワク感を高める演出に、大きな差があるように感じました。

もしこれからこのクルマの試乗に行かれる方は、メーターのデザインや視認性、ドライブモードを切り替えた時の演出にも注目をしてみてくださいね。

>>> 競合車よりも狭い!?新型RAV4の後部座席の足元の広さを計測してみた

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする