使い勝手は良好!新型RAV4のドリンクホルダーの数&配置を徹底解剖

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の魅力の一つは、SUVとは思えないくらい使い勝手の良い運転席周り(コクピット)のデザインです。

そんな新型モデルの運転席周りのアイテム・装備で注目をして貰いたいのが、飲み物を置く時だけではなく、ちょっとした小物を収納する際にもお世話になるドリンクホルダーです。

ドリンクホルダーはどのクルマにも用意されているありきたりなアイテムですが、このクルマのドリンクホルダーは、思ったよりも使い勝手が良いと感じました。

2019年4月にデビューをした新型RAV4では、いくつのドリンクホルダーを用意していたのでしょうか?また、このクルマに備わっているドリンクホルダーの使い勝手は、どうだったのでしょうか?

2019年4月にデビューを果たしたトヨタの新型SUVのドリンクホルダーの数や配置、使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4に用意されているドリンクホルダーの数は?

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■新型RAV4の内装・インテリア

助手席に細長いオープントレイを備えるなど、収納力に優れたデザインになっている新型RAV4ですが、車内に用意されているドリンクホルダーの数を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型RAV4のドリンクホルダーの数

運転席周り   :4つ
後部座席周り:4つ

このクルマでは、運転席周りと後部座席周りにそれぞれ4つずつ、合計8個のドリンクホルダーを車内に用意。

競合車・ライバル車と比較して、ドリンクホルダーの数が多いわけではありませんが、このクルマの最大乗車人数が5人と言う事を考えれば、十分な数のドリンクホルダーを備えているなと感じました。

トヨタ新型RAV4のドリンクホルダーの使い勝手をチェック

このように運転席周りと後部座席周りに十分な数のドリンクホルダーを用意している新型RAV4ですが、試乗をした際に実際に使用してみたところ、使い勝手も良いように感じました。

そんな新型モデルに用意されているドリンクホルダーの使い勝手を確認してみたいと思います。

センターコンソール

新型RAV4のセンターコンソールに用意されているドリンクホルダーは、このようなデザインになっています。

■センターコンソールのドリンクホルダー

このクルマのセンターコンソールのドリンクホルダーは横に2個並んだデザインに…。なので、運転席側からだけではなく、助手席側からでも飲み物の出し入れがしやすいです。

また、シートの表面やオープントレイなどにも採用されている幾何学模様が、ドリンクホルダーの床面にも採用されており、SUVらしい遊び心があるデザインになっていたのが好印象でした。

そんな新型モデルのセンターコンソール部分のドリンクホルダーにドリンクを置いてみると、このような感じに…。

深さも十分ですよね。

また、センターコンソール部分のドリンクホルダーには、ストッパーが備わっており、走行中、置いたドリンクがガタガタと動かないように工夫が施されているのも好印象でした。

ちなみに、このクルマのドリンクホルダーは、2つの間に溝があいているメガネタイプになっているため、飲み物を置くスペースとしてだけではなく、スマホやiPhone、小物を置くスペースとしても重宝しますよ。

ドア内側パネル(フロントドア用)

今回フルモデルチェンジをして新発売は、運転席側と助手席側のフロントドアの内側パネルの下部に一つずつ、ドリンクホルダーが用意されています。

■ドア内側パネルのドリンクホルダー(ドリンクホルダー)

このスペースにドリンクを置いてみると、このような感じに…。

クルマによっては、ポケットの上段にあるアームレスト部分が邪魔で飲み物の出し入れがしにくいものもあります。

しかし、この新型モデルのドア内側パネルの上段は十分なゆとりがあり、スムーズに飲み物の出し入れできたのが、大満足でした。

後部座席センターアームレスト

新型RAV4では、引き出して使用をするシート中央にセンターアームレストに、2個ドリンクホルダーを用意しています。

■後部座席センターアームレスト

このクルマのセンターアームレストは、垂直をキープしてくれる頑丈な作りとなっているのは、好印象。また、高さも丁度良く、自然な体勢で飲み物を手に取る事ができます。

ただ、このクルマの後部座席用のセンターアームレストに用意されているドリンクホルダーは、センターコンソール部分と異なり、ストッパーが用意されていません。

また、ドリンクホルダ-は思ったよりも浅いため、走行中、飲み物を置く際は、こぼさないように注意をする必要があるのかなと思いました。(特にカーブが多い山道を運転する際は…。)

ドア内側パネル(フロントドア用)

フロントドアと同様に新型RAV4の後部座席の左右のドア内側パネルにも一つずつ、ドリンクホルダーが用意されています。

■ドア内側パネルのドリンクホルダー(ドリンクホルダー)

この後部座席のドア内側パネルに用意されているドリンクホルダーにペットボトルを収納してみると、このような感じになります。

フロントシートのドア内側パネルと異なり、後部座席のドア内側パネルのドリンクホルダーは、収納したペットボトルが少し斜めになる設計に…。

個人的には、置いたドリンクが斜めになるのはあまり好きではないのですが、収納した飲み物がスムーズに出し入れできるようになっていたところは、良いと思いました。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4のドリンクホルダーを確認してみたところ、このようになっていました。

このクルマに用意されているドリンクホルダーは比較的オーソドックスなデザインになっていましたが、その分、ストレスなく使えるようになっていました。また、フロントシート、後部座席どこに座っても、手が届く範囲にドリンクホルダーが用意されているのは好印象でした。

ドリンクホルダーは、普段の運転で使用をする機会の多いアイテムの一つです。

購入後に不満を感じないためにも、試乗をする際、実際にドリンクホルダーに飲み物を置いてみるなど、走行中の使い勝手などを事前に確かめてみてくださいね。

>>> 新型RAV4の収納スペースは多くて、使いやすい!【実車画像で魅力を徹底解剖】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする