【ハイブリッドvsガソリン】新型RAV4のヘッドライトの違いを実車画像で紹介

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4の外装・エクステリアは、ハイブリッド車とガソリン車で様々な違いがあります。

そんな新型モデルのハイブリッド車とガソリン車の外装の大きな違いの一つが、ヘッドライトのデザインです。

ハイブリッド車とガソリン車のヘッドライトを見比べてみると、デザインから光り方までありとあらゆる面で違いが…。そのため、見た目の印象が全く異なりました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4のハイブリッド車とガソリン車のヘッドライトは、それぞれどのようなデザインだったのでしょうか?また、実際にヘッドライトを点灯してみると、それぞれどのような感じになるのでしょうか?

実車画像を使って、ハイブリッド車とガソリン車のヘッドライトの違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4 ガソリン車のヘッドライトをチェック

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4のガソリン車のヘッドライトは、このようなデザインになっています。

■ガソリン車のヘッドライト

この新型モデルのガソリン車では、上がり目のヘッドライトを採用しており、シャープな印象のフロントマスクを強調していました。

ガソリン車専用デザインのスモールランプを採用

そんなガソリン車のヘッドライトの注目の一つが、スモールランプ(ポジションランプ)です。

今回デビューを果たした新型RAV4のガソリン車では、真横に一直線に伸びた専用デザインのLEDのスモールランプ(ポジションランプ)を採用。

実際にこのガソリン車のLEDのスモールランプ(ポジションランプ)を点灯してみると、このような感じになります。

■スモールランプ点灯時の様子

一直線に伸びたスモールランプ(ポジションランプ)が、カッコいいですよね。

細長い切れ長のようなヘッドライトは、このクルマの特徴の一つですが、一直線に伸びるスモールランプを点灯すると、このクルマのフロントマスクのシャープさが、より一層際立つように感じました。

ヘッドライトの光り方もガソリン車特有

また、点灯した時のヘッドライトの光り方も、ガソリン車の特徴の一つです。

■ガソリン車のヘッドライトを点灯した時の様子

今回デビューを果たした新型モデルのガソリン車では、ロービームとハイビームにLEDを採用した3灯式のヘッドライトを標準装備。

このガソリン車のヘッドライトは、スタイリッシュさというよりも良くも悪くもSUVらしいチカラ強さを感じるデザインになっていました。

ちなみに、このガソリン車のヘッドライトの内側に備わっているウィンカーの光源は、ハロゲンを採用。また、光り方も、オーソドックスなカチカチと点滅するタイプです。

■ガソリン車のウィンカー

同じトヨタから発売されているハリアー(Harrier)やCHR/CH-RがLEDの流れるウィンカーを採用している事を考えると、このクルマでも流れるウィンカー(シーケンシャルウィンカー)を採用しても面白かったのかなと思いました。

新型RAV4 ハイブリッド車のヘッドライトをチェック

一方、2019年4月にデビューを果たした新型RAV4のハイブリッド車のヘッドライトは、このようなデザインになっていたのでしょうか?

こちらが、ハイブリッド車のヘッドライトです。

■ハイブリッド車のヘッドライト

切れ上がったシャープなデザインのヘッドライトを採用しているのは、ガソリン車と同じです。

ただ、ハイブリッド車とガソリン車のヘッドライトを見比べると、スモールランプ(ポジションランプ)の形やハイビーム/ロービームの光源などに違いがありました。

ハイブリッド車のスモールランプは”コの字型”のデザインに…

新型RAV4のハイブリッド車とガソリン車のヘッドライトで大きく異なるパーツの一つが、スモールランプ(ポジションランプ)の形です。

先ほど紹介したガソリン車では、横にまっすぐに伸びたデザインになっていましたが、このハイブリッド車では、ヘッドライトを取り囲むような”コの字型”のスモールランプ(ポジションランプ)を採用。

■コの字型になっているハイブリッド車のスモールランプ

ガソリン車のヘッドライトよりも存在感があり、ハイブリッド車らしいスタイリッシュなフロントマスクを強調しているように感じました。

ハイブリッド車ではバイビーム式のLEDヘッドライトを標準装備

また、このクルマのハイブリッド車はガソリン車と異なり、一つの光源でハイビームとロービームを切り替える事ができるバイビーム(Bi-beam)式のLEDヘッドライトを標準装備しています。

実際にハイブリッド車とガソリン車のヘッドライトを見比べてみると、ヘッドランプ内のデザインが異なるのが分かりますよね。

■ガソリン車のヘッドライト

■ハイブリッド車のヘッドライト

そして、実際にこのハイブリッド車のヘッドライトを点灯してみると、このような感じに…。

■ハイブリッド車のヘッドライトを点灯した時の様子

“コの字型”のスモールランプと同様にこのバイビーム(Bi-beam)式のヘッドライトも、スタイリッシュな顔つきに一役買っているように感じました。

ちなみに、ハイブリッド車のウィンカーは、ガソリン車と全く同じハロゲンを採用しています。

■ハイブリッド車のウィンカー

スタイリッシュな雰囲気を演出しているハイブリッド車のヘッドライトのデザインは、とても良いと思いましたが、シンプルなデザインになっているこのウィンカーに関しては、少々物足りなさが残りました。

2019年4月にフルモデルチェンジをしたトヨタのミドルクラスSUV”新型RAV4″のハイブリッド車とガソリン車のヘッドライトは、それぞれこのようなデザインになっていました。

どちらもシャープなデザインのヘッドライトを採用していましたが、先進性やスタイリッシュさに関しては、バイビーム式のLEDヘッドライトを採用しているハイブリッド車の方がワンランクもツーランクも優れているように感じました。

このようにこの新型モデルのハイブリッド車とガソリン車では、ヘッドライトのデザインが大きく異なるので、ヘッドライトのデザインや光り方にこだわる方は、ご注意くださいね。

>>> 新型RAV4アドベンチャーは専用タイヤを装着【サイズ&メーカーを確認してきた】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする