総額いくら?新型RAV4 TRDフィールドモンスターの各アイテム価格をチェック

カスタムブランドのTRDは、新型RAV4の最上位モデル”アドベンチャー”をベースにしたフィールドモンスターを用意しています。

先日、TRD仕様になっているこのクルマを見る事ができたのですが、ベースとなっているアドベンチャー(Adventure)よりも野性味あふれるスタイリングに…。

価格はちょっと強気の設定なのですが、これだけ見た目の迫力が増すのなら、TRD仕様にするのもちょっと良いかも!?と思ってしまいました。

そんな新型RAV4のTRDフィールドモンスターの各アイテム・パーツは、どのようなデザインだったのでしょうか?また、このクルマのために用意されているTRDの各アイテムは、いくらだったのでしょうか?

カスタムブランド”TRD”から発売されているフィールドモンスター用の各アイテムの価格を確認してきたので、紹介いたします。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4 TRDフィールドモンスター用アイテムと価格をチェック

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタの新型RAV4のTRDフィールドモンスター仕様の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■TRDフィールドモンスター仕様

このTRDフィールドモンスター仕様では、ゴツゴツとしたデザインが特徴の専用バンパーやマッドストラップなどのアイテムを採用。溢れんばかりの野性味をそこかしこに感じさせるデザインになっていました。

そんな新型RAV4のTRDフィールドモンスター仕様では、次のようなアイテム・パーツが備わっていました。

フロントバンパーガーニッシュ

フロントグリルの下に備わっているのが、TRDフィールドモンスターの専用アイテムの一つ”フロントバンパーガーニッシュ”です。

■TRDフィールドモンスターのフロントバンパーガーニッシュ

価格:7万200円

このフロントバンパーガーニッシュには、LEDの補助灯が2つ備わっており、オフロードさを演出してくれます。

また、このこの補助灯のガーニッシュ部分に刻印されているさりげないTRDのロゴも、良いワンポイントアクセントになっていました。

ちなみに、このフロントバンパーガーニッシュを装着すると、全長が30mmほど長くなり、4,640mmとなります。(ベースのアドベンチャーの全長は4,610mmです。)

フロントロアガーニッシュ

シルバー塗装が施されているスキッドプレートに覆いかぶさるように付いているアイテムが、”フロントロアガーニッシュ”です。

■フロントロアガーニッシュ

価格:3万9960円

赤いTRDロゴが良いワンポイントアクセントになっていますよね。

フロントバンパーガーニッシュとフロントロアガーニッシュはどちらか一つだけ装着することもできますが、TRDらしい迫力のあるフロントマスクを演出したいのなら、2つセットで装着した方が良いと思いますよ。

ちなみに、フロントロアガーニッシュを装着すると、全長が10mmが長くなり、また、最低地上高が8mmほど低くなるので、ご注意くださいね。

TRD専用17インチホイール”CRIMSON MG MONSTER”

また、私が見た新型RAV4のREDフィールドモンスターでは装着されていなかったのですが、このモデルでは、専用デザインのホイール”クリムゾン MG モンスター(CRIMSON MG MONSTER)”と言う17インチのアルミホイールを用意しています。

■TRDフィールドモンスター専用ホイール

価格:16万4160円

この”クリムゾン MG モンスター(CRIMSON MG MONSTER)”は、マッドブラックポリッシュ加工施されており、ワイルドなデザインに…。

このクルマのベースになっているアドベンチャーのホイールは19インチになっているのに対し、このTRDホイールは17インチサイズと小さくなっています。ただ、サイズが小さくなっているのを感じないくらい迫力のあるホイールデザインになっていました。

オーバーフェンダー

このTRDのフィールドモンスターのベースとなっているアドベンチャー(Adventure)は専用デザインの大型のフェンダーを備えていますが、このモデルでは、迫力のある足回りを演出する専用デザインのオーバーフェンダーが用意されています。

■TRDフィールドモンスターのオーバーフェンダー

価格:12万9600円

■アドベンチャーの大型フェンダー

TRDのフィールドモンスターとアドベンチャーでは、足回りの迫力が全く異なりますよね。

また、このTRDフィールドモンスターに備わっているオーバーフェンダーのカラーは艶のないマットなブラックに…。

ワイルドなデザインのタイヤとの相性も良く、ちょっとした汚れや傷を気にしないオフロードSUVと呼ぶのに相応しいデザインになっていました。

マッドフラップ

また、新型RAV4のTRDフィールドモンスターでは、泥羽からボディを守る”マッドフラップ”も用意されています。

■TRDフィールドモンスターのマッドストラップ

価格:3万240円

ちなみに、私が見たモデルのマッドフラップはレッドだったのですが、このクルマでは、レッド以外にブラックのマッドフラップも用意。ボディカラーにあわせて、好きな色を選べるようになっていますよ。

ルーフラック

装着をするだけ、オフロードで使用する本格派SUVっぽい見た目にしてくれるアイテムの一つが、キャンパーに大人気のルーフラックです。

■TRD専用デザインのルーフラック

価格:16万2000円

見た目はかなり”ごつくて”タフな印象のあるTRD専用のルーフラックですが、アルミ製になっているため、見た目ほど重たくはありません。

また、ルーフラックの前方には。”TRD”のロゴが刻印されており、特別感を演出しているのも見逃せないポイントの一つですよ。

ちなみに、このTRD専用のルーフラックは、パノラマムーンルーフ(サンルーフ)の開け閉めを妨げないように設計されています。なので、メーカーオプション設定になっているパノラマムーンルーフ(サンルーフ)との同時装着も可能ですよ。

バックドアガーニッシュ

私が見たモデルでは装着をしていませんでしたが、テールランプの間のエンブレム部分をブラックにするバックドアガーニッシュを用意しています。

■バックドアガーニッシュ

価格:2万1600円

私が見たアティチュードブラックマイカなどでは必要ないかなと思ったのですが、このクルマのイメージカラーでもあるアーバンカーキやホワイトパールクリスタルシャインに装着すると、引き締まった後ろ姿を演出してくれそうです。

バックドアロアガーニッシュ

バックドアガーニッシュと同様に新型RAV4の後ろ姿を引き締めてくれるアイテムが、艶のないシルバー塗装を施しているバックドアロアガーニッシュです。

■バックドアロガガーニッシュ

価格:2万9160円

風呂いラインと大きな”TRD”のロゴを刻印したバックドアロアガーニッシュが、タフでチカラ強い後ろ姿を印象付けていました。

新型RAV4 TRDフィールドモンスター用のアイテムを装着した時の総額は?

このようなアイテムを用意している新型RAV4のカスタム仕様”TRDフィールドモンスター”ですが、これらのアイテムをすべて装着した時の総額は、いくらだったのでしょうか?

各アイテムを装着するために必要な工賃を含めた価格を計算してみたところ、次のようになりました。

ちなみに、取付工賃は、私がいつもお世話になっている近所のトヨタカローラの価格”\8,640/1h”で計算しております。

■新型RAV4 TRDフィールドモンスター総額

アイテム名 パーツの価格 取付工賃
フロントバンパーガーニッシュ \70,200 \25,056
フロントロアガーニッシュ \39,960 \8,640
17インチホイール”CRIMSON MG MONSTER” \164,160 \19,008
オーバーフェンダー \129,600 \17,280
マッドフラップ \30,240 \17,280
ルーフラック \162,000 \8,640
バックドアガーニッシュ \21,600 \8,640
バックドアロアガーニッシュ \29,160 \8,640
合計金額 \646,920 \113,184

TRDフィールドモンスターの主なアイテム・パーツを装着した時の総額は、工賃を含めて約76万円。

やはりすべてのアイテムを装着すると、ちょっと高めになりますね。

ただ、このTRDフィールドモンスターの各アイテムは一つ一つ迫力のあるデザインになっているため、個別に装着しても十分にTRDらしさを味わえます。なので、自分が欲しいアイテムのみに絞って装着するのも、全然アリだと思いますよ。

2019年4月にデビューを果たした新型RAV4に用意されているTRDフィールドモンスターの各アイテム・パーツのデザインは、このようになっていました。また、各アイテム・パーツの価格は、このようになっていました。

各アイテム・パーツの価格はちょっと高めに設定されているのですが、このTRDフィールドモンスターは、ベースとなっているアドベンチャーが持っているオフロードテイストをさらに際立たせたいと思っている方には、ピッタリなカスタムモデルに仕上がっていました。

ちなみに、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4では、”JAOS(ジャオス)”と言うオフロードテイストのカスタムモデルを用意しています。

TRDフィールドモンスターとは若干雰囲気は異なりますが、もう一つのオフロード仕様”JAOS(ジャオス)”も要注目ですよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする