グレードによって機能が違う!?新型RAV4のスマートキーの実車画像レビュー

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4は全グレード、キーを携帯しているだけでドアを開け閉めすることができる非接触型の”スマートキー”が標準装備されています。

ただ、このクルマに用意されているスマートキーは、グレードによって、若干ボタンの数や機能に違いが…。

フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型モデルのスマートキーは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、グレードによって、このクルマのスマートキーは、どのような違いがあったのでしょうか?

実車画像をを使って、新しく生まれ変わった5代目新型RAV4のスマートキーを徹底レビューしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4のスマートキーは、どんなデザイン?

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタの見度得るクラスSUV新型RAV4のスマートキーは、このようなデザインになっています。

こちらは、ガソリン車のスマートキーです。

■RAV4のガソリン車のスマートキー

ガソリン車のスマート期は、ピアノブラック調のパネルにエンブレムとロゴが刻まれたシンプルなデザインとなっていました。

一方、こちらは、ハイブリッド車のスマートキーです。

■RAV4のハイブリッド車のスマートキー

ハイブリッド車のスマートキーは、トヨタのエンブレムにブルーの加飾が施されており、クリーンなイメージのデザインに…。

また、このクルマに用意されているスマートキーは、他のトヨタ車と同じデザインになっていたのですが、珍しい感じはしません。ただ、ハイブリッド車/ガソリン車どちらも、”RAV4″の名前が刻まれており、特別感を演出しているのは好印象でした。

新型RAV4のスマートキーの欠点はサイズ

携帯しているだけでドアを解錠/施錠したり、エンジンスターターを立ち上げる便利な新型RAV4のスマートキーですが、実際に携帯をしてみて気になったのはサイズです。

先ほどの画像を見て頂ければ分かるかもしれませんが、このクルマのスマートキーは、サイズがちょっと大きめに…。

そんな新型モデルのスマートキーのサイズを計測してみたところ、このようになっていました。

■新型RAV4のスマートキーのサイズ

長さ:約700mm
横幅:約400mm
高さ:約150mm
※横幅は最大値

このように、このクルマのキーはサイズが大きいので、ポケットに入れていると、ゴロゴロとして若干気になります。また、スキニーパンツにスマートキーを入れると、ポケットが膨らんで、ちょっとダサい感じが…。

なので、このクルマのスマートキーを携帯するには、パンツのポケットに入れるよりも、カバンのポケットなどに入れて置いた方が良いのかなと思いました。

新型RAV4のスマートキー【グレードによって、何が違う?】

このようなデザインになっているトヨタの新型RAV4のスマートキーですが、グレードによって、キーに備わっているボタンの数・機能が異なります。

グレードによるスマートキーの機能の違いを紹介したいと思います。

X系グレード&アドベンチャーのスマートキー

2019年4月にデビューを果たした新型RAV4の最廉価モデルのX系グレード(Xグレード/ハイブリッドX)と本格派SUV仕様の”アドベンチャー”のスマートキーのボタン面は、このようなデザインになっています。

■X系グレード&アドベンチャーのスマートキー

Xグレード/ハイのスマートキーに備わっているボタンは、ドアの解錠/施錠の2つのみ。ボタン数も少なく、非常にシンプルな作りになっていました。

G系グレードのスマートキー

一方、G系グレード(Gグレード、ハイブリッドG、GZパッケージ)のスマートキーのボタン面は、このようなデザインになっていました。

■G系グレードのスマートキー

G系グレードは、スイッチ一つで自動的に荷室・ラゲッジスペースの扉を開け閉めすることできる”電動バックドア(パワーバックドア)”が標準装備されています。

■G系グレードのパワーバックドア

なので、G系グレードのスマートキーには、ドアの解錠/施錠ボタンに加えて、ボタン一つでリヤゲートを自動で開閉できるスイッチを標準装備。

最廉価モデルのX系グレードやガソリン車の最上位モデル”アドベンチャー”のスマートキーよりも機能的な作りになっていました。

ちなみに、ガソリン車の最上位モデル”アドベンチャー(Adventure)”では、メーカーオプションで、足の出し入れのみでリヤゲートを自動開閉できるハンズフリータイプの電動バックドア(パワーバックドア)が用意されています。

なので、アドベンチャーにメーカーオプション設定になっている電動バックドアを装着すると、G系グレードと同じように、リヤゲートの開閉ボタン付きのスマートキーに変更されるので、ご安心ください^^

2019年4月にデビューを果たしたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4のスマートキーは、このようなデザインになっていました。

サイズの大きさは若干気になるものの、非接触型のスマートキーが最廉価モデルのXグレードを含めて全グレード標準装備されているのは、嬉しいですよね。

最廉価モデルのXグレード/Xハイブリッドでも、十分に満足できる機能・装備を備えているのは、このクルマの魅力の一つなのかなと思いました。

>>> 新型RAV4アドベンチャーの見積もり金額は高い!?【Gグレードと比較】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする