私が貰った新型RAV4 JAOSの見積もりが高すぎ!その意外過ぎる理由とは?

2019年4月にデビューを果たした新型RAV4のアドベンチャーには、オフロードSUVらしさを際立たせるアイテムとして”JAOS(ジャオス)”と言うカスタムモデルを用意しています。

先日、このJAOS(ジャオス)の見積もりを貰ってきたのですが、予想以上の乗り出し価格に…

この見積もりの金額に納得ができなかったので、帰宅後に改めて貰ってきた見積もりを眺めていたところ、予想だにしなかった原因がありました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルのカスタム仕様”JAOS”の見積もり価格は、いくらだったのでしょうか?また、なぜ私が貰ったJAOS仕様の見積もりは、異様に高かったのか?

予想以上に高くなっていたカスタム仕様JAOS(ジャオス)”の見積もりを公開したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

私が貰った新型RAV4 JAOS仕様の見積もりを大公開

こちらが、今回私が貰ってきた新型RAV4のアドベンチャーにJAOSのパーツ・アクセサリーを装着した見積もりです。

■今回私が貰ったJAOS仕様の見積もり

メーカーオプションやJAOSのパーツなど、たくさんのオプションを装着したので、今回の見積もりには、付属品のみを記載した別紙が…。

そんなJAOSのパーツを装着した見積もりの総額は、このようになっていました。

■新型RAV4 JAOS仕様の見積もりの総額

車体本体価格 \3,195,500
オプション代合計 \2,002,220
諸経費&税金 \361,168
合計金額 \5,558,888

私が貰った新型RAV4 JAOS仕様の見積もり金額の合計は、驚愕の550万円オーバー

今回、私が貰った新型RAV4のカスタムモデルJAOS(ジャオス)の見積もりの合計・乗り出し価格は、なんと550万円オーバー…。

ちょっとコレは高すぎです!!

たしかに、今回のJAOS仕様の見積もりを作ってもらういにあたり、ほとんどすべてのメーカーオプションを装着して貰いました。

■今回の見積もりで装着したメーカーオプション

インテリジェントクリアランスソナー \28,600
アクセサリーコンセント(AC100V/100W) \8,800
バックカメラ \27,500
リヤクロストラフィックオートブレーキ \68,200
シートヒーター&シートベンチレーション \81,400
デジタルインナーミラー \44,000
パノラマムーンルーム(サンルーフ) \143,000
ハンズフリーパワーバックドア \77,000
置くだけ充電 \13,200
スペアタイヤ \11,000
メーカーオプション合計 \502,700

また、9インチサイズのディーラーオプションをはじめ、次のようなディーラーオプションも用意していもらいました。

■今回の見積もりで装着したディーラーオプション

プレミアムコーティング \165,000
フロアマット(ラグジュアリータイプ) \36,300
アームレスト(スライドタイプ) \15,840
トノカバー \25,300
ラゲッジソフトトレイ \13,200
サイドバイザー \35,640
ETC車載器 \41,030
9インチモデル カーナビ”NSZT-Y68T” \272,140
ETCセットアップ料金 無料
ディーラーオプション合計金額  \604,450

このメーカーオプション/ディーラーオプションだけでも100万円となるので、それなりの金額になるのは予想したいのですが、JAOSのアイテムを含めても、ここまでの金額になるとはどうしても思えませんでした。

私が貰った新型RAV4 JAOS仕様の見積もり金額が高かった理由とは?

今回、私が貰った新型RAV4のJAOS仕様の見積もりが高かった原因は、肝心のJAOSのアイテムの明細のところに原因がありました。

私が貰った見積もりのJAOSのアイテムのところの明細は、このようになっています。

■今回の見積もりのJAOSパーツの明細

JAOS フロントプロテクターキット \179,850
JAOS バンパープロテクター \121,660
JAOS ノーズプロテクター \71,280
JAOS サイドプロテクター \85,360
JAOSピラープロテクタ \36,410
JAOS専用アルミホイールタイヤセット \400,510
JAOSパーツの合計金額  \895,070

ここで注目をして貰いたいのは、一番上に記載されているJAOSのフロントプロテクターキットです。

このJAOSのフロントプロテクターキットとは、【バンパープロテクター】と【ノーズプロテクター】がセットになったパッケージアイテムなんですよね。

つまり、私が貰った新型RAV4のJAOS仕様の見積もりは、【バンパープロテクター&ノーズプロテクター】が2重計上されていることに…。

確かに今回の見積もりを作ってくれたディーラーさんは、ちょっと若くて頼りなさそうな感じがしたんですよね…。

JAOSのベースはガソリン車しか用意されていないアドベンチャー(Adventure)なのに、「ガソリン車とハイブリッド車、どちらでお考えですか?」とか聞かれちゃうし…。また、貰った見積もりを貰った後の説明でも、装着したオプションの確認は、サラリと流されてしまいましたし…。

やはり、見積もりを貰った時点で金額などに少しでも違和感を感じたら、その場で細かく見積もりを確認する事が必要ですね。

今回の2重計上の見積もりで、改めて勉強になりました。

ちなみに、2重計上されていた【バンパープロテクター】と【ノーズプロテクター】を差し引いてみたところ総額は5,365,948万円となり、私の想定と近い乗り出し価格となっていました。

今回、新型RAV4のカスタムモデル”JAOS(ジャオス)”の乗り出し価格が気になって見積もりを貰ってきたのですが、ディーラーさんの手違いで乗り出し価格に大きな誤りが…。

このようなアイテムの2重計上は珍しいのですが、お願いをしてたオプションが入っていなかった…などのミスは、意外と頻発します。

実際に私はオプションの記入漏れは何度も遭遇していますし…。特にお願いをしたオプションが多い時は、記載漏れの確立が高いように感じます。

せっかく見積もりを作って貰うのなら、正確な金額が知りたいですよね。

なので、ディーラーさんに見積もりを作って貰ったら、オプションの記載ミスや記入漏れがないか、細かいところまでしっかりと確認をしてください。そして、貰った見積もりで気になるところがあったら、ディーラーさんにスグに質問をした方が良いですよ。

ちなみに、後日、この見積もりを持って行って説明したところ、2重計上のところを修正した新しい見積もりをスグに作ってくれました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする