【ブラックorグレー】新型RAV4 Xグレードの内装色の違いを実車画像で確認

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の最廉価モデルの”Xグレード”は、ブラックとグレーの2種類の内装色を用意しています。

グレードの内装は、インパネのミドルパッドだけではなく、シートやドア内側パネルにも明るいグレーを採用していることもあり、ブラックの内装色とは、全く異なる雰囲気の車内に…。

Xグレードに用意されているブラックとグレーの内装色は、それぞれどのようなデザインになっていたのか?また、この2台のモデルの内装色は、どのような違いがあったのか?

実車画像を使って、新型RAV4の最廉価モデル”Xグレード”のブラックとグレーの内装色の違いや特徴を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4 Xグレードのブラックの内装色

新型RAV4のXグレードに用意されているブラックの内装色は、このようなデザインになっています。

■ブラックの内装色

ブラックの内装色を選択した時のダッシュボードは、その名の通り、ブラックをベースにシルバーをアクセントカラーに使用したオーソドックスなデザインに…。

また、助手席側のミドルパッドに施されているシルバーのステッチが良いワンポイントアクセントになっていました。

■ブラックの内装色に施されているシルバーのステッチ

上位モデルのGグレード/GZパッケージやアドベンチャー(Adventure)と異なり、ドリンクホルダーやトレイにアクセントカラーが施されてい無いません。

■Xグレードのドリンクホルダー

■Xグレードのトレイ

なので、他のグレードのブラックの内装色と比較すると、若干シンプルなデザインになっているように感じました。

ドア内側パネルもブラック基調

また、ブラックの内装色を選択すると、ドア内側パネルもブラック基調のカラーになります。

■ブラックの内装色のドア内側パネル

ドア内側パネルもブラックを基調にシルバーをアクセントカラーに採用したオーソドックスなデザインに…。

スイッチ部分にシルバーの加飾が施されていなかったり、トリム部分にステッチが施されていないなど、このXグレードのブラックのドア内側パネルは、上位モデルのブラックのものと比較するとシンプルなデザインになっています。

ただ、誰からも好かれるオーソドックスなデザインのドア内側パネルになっているように感じました。

また、最廉価モデルのXグレードにもかかわらず、アームレストに腕を置いた時に肘が当たるトリム部分は、ファブリック素材ではなく、肌触りが良いソフトパッド素材となっていたのも好印象でした。

落ち着いた雰囲気のブラックシート

ブラックを選択した時の新型RAV4の最廉価モデル”Xグレード”のシートは、このようなデザインをしています。

■Xグレードのブラックの内装色のシート

このXグレードでは、シートの中央部分にダークグレーを、そして、シートサイドにブラックカラーをしたファブリック素材のシートを採用。

ファブリック素材となっているため、上位モデルに採用されているブラックの合成レザーシートと比較すると、高級感や上質感は劣ります。

ただ、このファブリック素材ならではのカジュアルさのおかげで、ブラック内装色にありがちな重苦しさは、Xグレードでは一切感じません。

ブラックの内装色でも窮屈感や窮屈感を感じないデザインになっているのは、このXグレードのブラックの内装色の良いところなのかなと思いました。

新型RAV4 Xグレードのライトグレーの内装色

一方、新型RAV4の最廉価モデル”Xグレード”のグレーの内装色は、このようなデザインになっています。

■Xグレードのグレーの内装色

グレーと言っても、かなりホワイトに近いカラーに…。

なので、オーソドックスなブラックの内装色と比較すると、このグレードは、華やかなダッシュボードとなっています。

また、助手席のダッシュボードに施されているブラウンのステッチが良いワンポイント
アクセントになっていました。

トリムが印象的なドア内側パネル

また、グレーの内装色のドア内側パネルは、このようなデザインになっています。

■グレードの内装色のドア内側パネル

グレーの内装色の場合、ドア内側パネルの上部のトリム部分が、明るいグレーカラーに…。

このドア内側パネルに採用されているトリム部分は、ダッシュボードと全く同じ色味に…。ドアを閉めると、ダッシュボードからそのままドア内側パネルに伸びているような連続感が好印象でした。

ただ、このドア内側パネルに採用されているライトグレーはホワイトに限りなく近いカラーになっているため、若干汚れや黒ずみが気になるところでした。(もうすでに若干黒ずんできていたし…。)

ユニークなデザインのグレーの内装色のシート

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の最廉価モデル”Xグレード”のグレーの内装色のシートは、このようなデザインになっています。

■Xグレードのグレーの内装色のシート

このグレーの内装色のシートは、シートのメイン部分はオーソドックスなグレーを、そして、シートサイドにライトグレーを採用したちょっとユニークなデザインになっています。

ただ、このシートサイドのライトグレーとドア内側パネル、ダッシュボードのおかげで、ドアを開けた瞬間、明るいライトグレーが目の前にパッと広がる華やかな車内に…。

また、Xグレードのブラックの内装色は窮屈感や圧迫感を感じないデザインになっていましたが、グレーの内装色の方が車内が一回り広く感じました。(特に後部座席に座った時…)

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の最廉価モデル”Xグレード”に用意されている2種類の内装色は、このようなデザインになっていました。

ブラックとグレーでは、全く異なる雰囲気の車内に…。

オーソドックスなブラックの内装色は、落ち着いた雰囲気に…。また、合成レザーを採用している上位モデルのブラックよりもカジュアルさがあり、思ったよりも窮屈感や圧迫感を感じないデザインになっていたのは、好印象でした。

一方、グレーの内装色は、ドアを開けた瞬間にパッと目の前が開けるような華やかさが…。オシャレな雰囲気を求めるのなら、ブラックよりもグレーの方がピッタリなのかなと思いました。

>>> 新型RAV4 Xグレードの弱点は装備【オプションで埋めれない差とは?】

ちなみに、内装色を何も指定しないと、自然にブラックとなってしまいます。なので、グレーの内装色にしたい方は、注文時にディーラーさんにお伝えするのを忘れないようにしてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする