見た目も豪華!?新型RAV4 GZパッケージの外装の実車画像インプレ

トヨタの新型RAV4の上位モデル”GZパッケージ”は、ハンズフリーパワーバックドアなど機能や装備の充実度が魅力のモデルですが、洗練されたスタイルとなっている外装・エクステリアも見逃せないポイントの一つです。

そんな新型RAV4の上位モデル”GZパッケージ”の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、このグレードの外装・エクステリアは、どのような特徴があるのでしょうか?

ガソリン車の上位モデルに位置をする”GZパッケージ”の外装・エクステリアを、実車画像を使って、徹底レビューしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4 GZパッケージの外装・エクステリアのデザインをチェック

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の上位モデル”GZパッケージ”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■GZパッケージの外装・エクステリア

このGZパッケージの基本的な外装・エクステリアのデザインは、中間モデルのGグレードや最廉価モデルのXグレードと同じになっています。

ただ、このGZパッケージは、他のグレードよりも一回り大きい19インチのタイヤ&ホイールを備えていることもあり、アーバンスタイルのSUVらしいスタイリッシュなサイドスタイルになっていました。

また、このGZパッケージと他のグレードのボディサイズは全く同じになっていますが、大きなタイヤ&ホイールのおかげもあり、予想以上の迫力が…。

■GZパッケージのボディサイズ

全長:4,600mm
全幅:1,855mm
全高:1,690mm

そのため、このGZパッケージは他のグレードよりも存在感があり、ボディサイズ自体もひと回り大きく感じました。

新型RAV4 GZパッケージの外装の各アイテム・装備をチェック

このようなデザインになっていた新型RAV4の上位モデル”GZパッケージ”の外装ですが、各アイテム・装備は、どのようなデザインになっていたのでしょうか?

実車画像を使って、GZパッケージの外装に備わっている各アイテム・装備を実車画像を使って、紹介したいと思います。

ヘッドライト

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4のGZパッケージのヘッドライトは、このようなデザインになっています。

■GZパッケージのヘッドライト

このGZパッケージでは、ガソリン車のGグレードやXグレードと同じ3灯式のLEDヘッドライトを標準装備。

ただ、GZパッケージは、充実した機能や装備に特徴があるモデルなので、ハイブリッド車と同じバイビームタイプのLEDヘッドライトを標準装備しても良かったのかなと思いました。

■ハイブリッド車に備わっているバイビーム式のヘッドライト

>>> 【ハイブリッドvsガソリン】新型RAV4のヘッドライトの違いを実車画像で紹介

フロントグリル

新型RAV4のガソリン車の上位に位置をする”GZパッケージ”のフロントグリルは、このようなデザインになっています。

■GZパッケージのフロントグリル

このGZパッケージでは、ハニカムメッシュ状のフロントグリルを標準装備。

このモデルのフロントグリルには、ガンメタリック塗装が施されており、高級感のあるフロントマスクを演出していました。

また、フロントグリルの下には、ボディ下部を傷から保護をするスキッドプレートを標準装備。

■GZパッケージのスキッドプレート

このシルバー塗装が施されたスキッドプレートのおかげで、GZパッケージは、スタイリッシュさだけではなく、SUVらしいチカラ強さを兼ね備えたスタイルとなっていました。

アウトドアハンドル

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の上位モデル”GZパッケージ”では、メッキ加飾を施したアウトドアハンドルを標準装備。

■GZパッケージのアウトドアハンドル

メッキ加飾が施されていると、高級感・上質感がありますよね。

今回私が見たモデルのボディカラーがアティチュードブラックマイカと言う事もあり、メッキ加飾を施したアウトドアハンドルの美しさが際立っているように感じました。

リヤコンビネーションランプ

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の上位モデル”GZパッケージ”のリヤコンビネーションランプは、このようなデザインになっています。

■GZパッケージのリヤコンビネーションランプ

このモデルに用意されているリヤコンビネーションランプはL字型のテールランプの下部にウィンカーとブレーキランプをレイアウト。

ワイド感を強調したデザインとなっており、ドッシリとした後ろ姿を演出していました。

また、左右のリヤコンビネーションランプを繋ぐようなデザインになっているシルバー塗装を施したバックドアガーニッシュも良いワンポイントアクセントになっていました。

リヤスキッドプレート

また、新型RAV4の上位モデル”GZパッケージ”では、クルマの後方にもスキッドプレートを標準装備しています。

■GZパッケージのリヤスキッドプレート

このリヤのスキッドプレートもインパクトがあり、SUVらしい後ろ姿を強調していました。

タイヤ&ホイール

そんな新型RAV4のGZパッケージの外装・エクステリアの注目ポイントの一つが、タイヤ&ホイールです。

ガソリン車の上位モデルに位置をする”GZパッケージ”では、スーパークロームメタリック塗装を施した専用デザインのホイールを標準装備。

■GZグレードのタイヤ&ホイール

このGZパッケージに備わっているホイールは、スポークが細めになっており、アーバンスタイルSUVに相応しいスタイリッシュなデザインに…。

また、このグレードに備タイヤは19インチとなっており、他のグレードよりも迫力のあるサイドスタイルを演出しているのも好印象でした。

ちなみに、このGZパッケージでは、他のグレードとは異なるブランドのタイヤを装着していました。このGZパッケージが履いているタイヤメーカー&ブランドも注目ポイントの一つですよ。

>>> 新型RAV4 GZパッケージのタイヤ&ホイール【サイズやメーカーを解説】

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタの新型RAV4の上位モデル”GZパッケージ”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

このGZパッケージの外装・エクステリアのデザインは、中間モデルのGグレードと大きく変わりはありません。

ただ、このGZパッケージは、19インチタイヤを装着している事もあり、街中を颯爽と走り抜けるアーバンスタイルSUVと呼ぶのに相応しい洗練されたデザインになっているように感じました。

>>> 新型RAV4のタイヤ&ホイールはグレードで違う【全4種類を実車画像で徹底解剖】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする