オシャレな見た目に進化!新型ルークスの外観の魅力や特徴を徹底解剖

日産の人気スーパーハイト系ワゴン新型ルークス(ROOX)が、2020年3月にフルモデルチェンジをしてデビューをしました。

日産が誇る自動運転技術”プロパイロット機能”を備えるなど機能や装備の充実度が印象的なこの新型モデルですが、先代モデルと比較して、見た目のオシャレになったような感じが…。

そんな新型モデルの外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この新型モデルの外観は、どのような特徴や魅力を備えていたのでしょうか?

フルモデルチェンジをした日産のスーパーハイト系ワゴン新型ルークス(ROOX)の外観・エクステリアの魅力や特徴を、余すところなく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

見た目が異なる2つのモデルを用意している新型ルークス

今回フルモデルチェンジをして新発売をした日産緒スーパーハイト系ワゴン新型ルークス(ROOX)は、先代モデルと同様に見た目のデザインが異なる2種類のモデルを用意しています。

■新型ルークスの2つのタイプ

・標準モデル
・ハイウェイスター

この新型モデルの2つの見た目は、それぞれどのようなデザインになっていたのでしょうか?

2台のモデルの特徴や違いを紹介したいと思います。

カジュアルなデザインが特徴の標準モデル

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の標準モデルの外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■新型ルークスの標準モデル

この新型モデルの標準仕様では、Vモーショングリルを採用しており、日産車らしいデザインに…。

■標準モデルのVモーショングリル

標準モデルは押し出し感を抑えたカジュアルなデザインになっているため、男女問わず幅いろい年齢層の方に愛されるクルマになっているように感じました。

また、新型ルークス(ROOX)の標準モデルでは、ホワイトパール×セレニティゴールドなど、ハイウェイスター(HighwaySTAR)には用意されていないオシャレなボディカラーが多数用意されているのも好印象でした。

精悍な顔つきが印象的なハイウェイスター

一方、こちらは新型ルークス(ROOX)の上位モデルに位置をするハイウェイスター(HighwaySTAR)の外装・エクステリアです。

■ハイウェイスターの外装

標準モデルとは全く異なる雰囲気のフロントマスクですよね。

そんな新型モデルのハイウェイスター(HighwaySTAR)の注目ポイントの一つは、インパクトのあるメッキ調のVモーショングリルです。

このハイウェイスターに備わっている”Vモーショングリル”は、ヘッドライトまで一続きになっているようなデザインになっており、迫力のある見た目を演出。

■ハイウェイスターのVモーショングリル

また、ハイウェイスターでは、ヘッドライトの上部に備わっているハーフクロームのメッキ加飾部分が光るような工夫をほどこすなど、標準モデルよりもスタイリッシュなフロントマスクになっているのも好印象でした。

新型ルークスの外観インプレ【魅力や特徴を徹底解剖】

このように見た目が異なる2つのタイプを用意している新型ルークス(ROOX)ですが、外観・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?

この新型モデルの外観・エクステリアをじっくりとみていくことにしましょう。

日産車らしいデザインになったフロントマスク

今回フルモデルチェンジをして新発売をさいた新型ルークス(ROOX)のフロントマスクは、このようなデザインになっています。

■標準仕様のフロントマスク

■ハイウェイスターのフロントマスク

標準モデルとハイウェイスターで大きさが異なりますが、どちらもVモーショングリルが際立つ日産車らしいデザインになっていました。

また、ハイウェイスター(HighwaySTAR)は、ポジションランプやウィンカーがヘッドライトユニット内ではなくボディ下部に備わっていることもあり、標準モデルよりもドッシリとした重厚感のある見た目になっていました。

ヘッドライトはグレードによって異なる

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)では、標準モデルとハイウェイスター(HighwaySTAR)では、ヘッドライトのデザインが異なります。

親しみやすいカジュアルなデザインが特徴の標準モデルでは、ハロゲンを採用したオーソドックスなヘッドライトを標準装備。

■標準モデルのヘッドライト

一方、スタイリッシュな顔つきが印象的なハイウェイスター(HighwaySTAR)では、LEDのヘッドライトを標準装備。

■ハイウェイスターのLEDヘッドライト

この新型モデルのハイウェイスター(HighwaySTAR)では、”く”の字状に輝くポジションランプを備えており、標準モデルよりもスタイリッシュなフロントマスクになっていました。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターのヘッドライトは、グレードによって、LEDヘッドライトのデザインが異なるのも要注目ですよ。

ハイウェイスターではフォグランプを標準装備

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターでは、LEDのフロントフォグランプを全グレードに標準装備。

■ハイウェイスターのフロントフォグランプ

ここらへんの機能や装備も違いも、ハイウェイスター(HighwaySTAR)の人気が高い理由の一つなのかもしれませんね。

予想以上にスポーティなサイドスタイル

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のサイドスタイルは、このようなデザインになっています。

■標準モデルのサイドスタイル

■ハイウェイスターのサイドスタイル

ルーフがが浮いたように見えるフローティングデザインを採用したこの新型モデルは、スタイリッシュなサイドスタイルに…。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、サイドウィンドウのベルトライン(下端)が高めにしたこともあり、先代モデルよりもスポーティで迫力のあるサイドビューになっていました。

どっしりとした安定感のあるフォルム

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)が先代モデルよりも大きく変わったことの一つが、ホイールベースの長さです。

この新型モデルは先代モデルよりもホイールベースが65mmほど長くなり、2,495mmに…。

実はこの数値は、ホンダの人気スーパーハイト系ワゴン”N-BOX(Nボックス)”に次ぐ数値となっており、競合車・ライバル車のダイハツのタント(TANTO)やスズキのスペーシア(SPACIA)よりも長くなっています。

この長くなったホイールベースのおかげもあり、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルは、どっしりとした安定感のあるフォルムになっているように感じました。

タイヤ&ホイールはグレード別に3種類用意

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、グレード別にデザインやサイズが異なる3種類のタイヤを用意しています。

■ハイウェイスターGターボ

■ハイウェイスターXのタイヤ

■標準モデルのタイヤ

そのおかげもあり、この新型モデルは、グレードによって、サイドスタイルの迫力や印象に大きな違いがありました。

スタイリッシュな後ろ姿

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産のスーパーハイト系ワゴン”新型ルークス(ROOX)”の後ろ姿は、このようなデザインになっています。

■標準モデルの後ろ姿

■ハイウェイスターの後ろ姿

スーパーハイト系ワゴンの後ろ姿と言うと、真四角でのっぺりとしたイメージがありますが、この新型モデルでは、リヤコンビネーションランプが左右に張り出した立体感のあるデザインに…。

また、上位モデルに位置をする”ハイウェイスター(HighwaySTAR)”では、ナンバープレートの上の部分にメッキ調加飾(=バックドアフィニッシャー)を施すなど、ラグジュアリー感あふれるゴージャスな作りになっていました。

リアコンビネーションランプはモデルによって異なる

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、縦に長いリアコンビネーションランプを備えていますが、ハイウェイスター(HighwaySTAR)と標準モデルでは、デザインが異なります。

上位モデルに位置をする”ハイウェイスター(HighwaySTAR)”のリアコンビネーションランプは、クリアなレンズを採用したスッキリとしたデザインに…。

■ハイウェイスターのリアコンビネーションランプ

一方、標準モデルでは、リアコンビネーションランプに赤いレンズを採用。

■新型モデルのリアコンビネーションランプ

標準モデルでは、この赤いレンズを採用したリアコンビネーションランプが後ろ姿の良いワンポイントアクセントになっているように感じました。

まとめ:魅力が盛りだくさんな新型ルークスの外観

2020年3月に日産からデビューを果たした新型ルークス(ROOX)の外装・エクステリアは、このような特徴&魅力を備えていました。

■新型ルークスの外装の特徴のまとめ

・ハイウェイスターと標準モデルの2種類を用意
・Vモーショングリルを採用した日産車らしい顔つき
・モデルによって異なるヘッドライトやタイヤ

この新型モデルの外観・エクステリアで特に印象的だったのは、Vモーショングリルを備えたフロントマスクです。

日産のアイデンティティでもある”Vモーショングリル”を備えたこの新型モデルは、先代モデルよりも存在感のある堂々とした外装・エクステリアになっていました。

また、スライドドアの開口部が広くなるなど、先代モデルよりも使い勝手が良くなっているのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする