日産 新型ルークスの荷室の欠点&デメリット【試乗をして気になったところとは?】

日産からデビューを果たしたスーパーハイト系ワゴン車新型ルークス(ROOX)は、競合車よりも広くて使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースを備えているのが、魅力の一つです。

ただ、実際にこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースを確認してみると、色々と気になるところ、残念に感じるところも…。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の荷室の欠点&デメリットは、何だったのでしょうか?

実際にこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースを確認して気になったこと、残念に感じたことを包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

背もたれ収納時の段差【新型ルークスの荷室の欠点1】

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の荷室・ラゲッジスペースで気になったことの一つは、後部座席の背もたれを収納した時に生じる段差です。

この新型モデルでは、後部座席の背もたれを収納した時、座面が足元に潜り込む”ダイブダウン式”ではなく、後部座席の背もたれの収納と連動して座面が一段下がる”フォール&ストー式”の格納方法を採用しています。

■フォール&ストー式を採用している新型ルークス

そのため、この新型モデルは、後部座席を収納した時、フルフラットにはならず少し段差ができてしまいます。

■後部座席を収納した時の新型ルークスの荷室

この緩やかな傾斜は仕方がないのかなと思うのですが、それよりも気になったのは、背もたれの中央部分の形状です。

この新型モデルでは、後部座席の背もたれの中央がなぜがボコっとした盛り上がりが…。

通常時(後部座席の背もたれを立てている時)は、この背もたれの盛り上がりが気になりません。

ただ、後部座席の背もたれを収納して、荷室・ラゲッジスペースの奥行きを広くすると、この背もたれの中央にあるボコっとした盛り上がりが気になります。

また、後部座席の背もたれを収納すると、背もたれの持ち上がりがちょうど荷室・ラゲッジスペースの中央になるため、荷物の積み下ろしの妨げになる感じが…。

荷室・ラゲッジスペースの積載性を妨げる荷室の盛り上がりは、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の荷室・ラゲッジスペースの欠点&デメリットの一つかなと感じました。

ロングモード時の使い勝手【新型ルークスの荷室の欠点2】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の荷室・ラゲッジスペースで気になったのは、サーフボードなど長尺物を積み込むのに便利な”ロングモード”にした時の使い勝手です。

この新型モデルでは、クルマの前方部分(助手席)まで荷室として使用できるロングモードを用意しています。

■新型ルークスのロングモード

ただ、この新型モデルに用意されているロングモードを確認してみたところ、ちょっと気になることが…。

それは、後部座席を一番後ろにして、助手席を一番前にしたとしても、このようにつなぎ目の部分でどうしても段差ができてしまうことです。

ちなみに、上記は助手席の背もたれを垂直にした後に、後部座席の背もたれを前方にパタンと倒したのですが、逆にしても同じです。

むしろ段差が大きくなったような感じが…。

なので、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースに用意されているロングモードは、正直に言って、荷物の積み下ろしはしにくいです。

軽自動車はボディサイズに制限があるので難しかったのかもしれませんが、助手席と後部座席部分のつなぎ目はフラットにして、荷物の積み下ろしがすやすいようにして欲しかったような…。

長尺物を積み込めるロングモードはとても良い荷室アレンジだと思っただけに、この使い勝手の悪さは、少々残念に感じてしまいました。

後部座席の背もたれの収納操作【新型ルークスの荷室の欠点3】

また、荷室・ラゲッジスペースの奥行きを広くするための、後部座席の背もたれの収納操作も気になったことの一つです。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)では、後部座席の背もたれの肩口に後部座席を収納するための”収納レバー”を備えています。

■後部座席の背もたれ収納レバー

また、それだけではなく、後部座席の位置を調節することができる”スライドレバー”も備えています。

■後部座席のスライドレバー

なので、車両の後方(荷室側)から、奥行きの調整などのアレンジを行うことができちゃいます。

荷室側から色々なアレンジをできるのはとても良いですが、ちょっと気になったのは、フロントシートを最後端にした時の荷室の操作です。

この新型モデルでは、フロントシートを一番後ろにスライド&後部座席を一番前にした状態で、後部座席の背もたれを倒そうとすると、長さが足りず、このように後部座席の背もたれがフロントシートにつかえてしまい、倒すことができません。

なので、後部座席を一番前にした状態で背もたれを収納するには、フロントシートを少し前方にしないといけません。

ただ、シートの位置を調整するためだけにフロントシート側にわざわざ回りこまないといけないのは、意外と面倒です。

また、フロントシートの足元空間(ニークリアランス)が少し狭くなるのも、気になります。

個人的には、フロントシートを一番後ろにした状態でも、後部座席の背もたれを倒して荷室・ラゲッジスペースを広くできるようにして貰いたかったです。

まとめ:試乗をする際は荷室の使い勝手を要チェック

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の荷室・ラゲッジスペースは、このような欠点&デメリットがありました。

特に後部座席の収納操作では、思ったよりも色々な制約が…。

荷室・ラゲッジスペースの広さが魅力の新型ルークス(ROOX)ですが、このような欠点&デメリットもあるので、試乗をする際は、確認をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする