プレミアム感がスゴい!新型ルークス オーテックの外装の実車画像レビュー

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産の新型ルークス(ROOX)は、オーテックジャパンが手掛けたカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”が用意されています。

先日、特別モデルのオーテック(AUTECH)を実際に見ることができたのですが、ベースとなっている標準モデルとは全く異なるエレガントな外装・エクステリアに…。

他の人とは一味違うクルマに乗りたいと思っている方には、とても良いモデルになっているように感じました。

そんな新型ルークス(ROOX)のオーテック仕様の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、このオーテック仕様の外観は、標準モデルとどこが違ったのか?

今回フルモデルチェンジをして新発売をした日産のスーパーハイト系ワゴン車の特別モデル”オーテック(AUTECH)”の外観・エクステリアのデザインや特徴を、実車画像を使って、どこよりも詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ルークス オーテックのフロントマスクをチェック

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の特別モデル”オーテック(AUTECH)”のフロントマスクは、このようなデザインをしています。

■オーテックのフロントマスク

オーテック仕様のベースは標準モデルのXグレード

この新型モデルに用意されているオーテック仕様のベースになっているのは、新型ルークス(ROOX)の標準モデルのXグレードです。

■標準モデルのXグレード

そのため、ヘッドライトの形や光源など基本的な機能や装備は、ベースとなるXグレードと同じになっていました。

専用のフロントグリルを採用

そんな新型ルークス(ROOX)のカスタマイズ仕様”オーテック(AUTECH)”のフロントマスクの注目ポイントの一つが、フロントグリルのデザインです。

日産のアイデンティティでもある”Vモーショングリル”を採用しているのは、ベースとなっている標準モデルのXブレードと同じです。

ただ、オーテック(AUTECH)は、ドットパターンを採用したフロントグリルを採用。

■ドットパターンを採用したオーテックのフロントグリル

キラキラと輝くドットパターンが美しく、標準モデルのXグレードよりも高級感のあるフロントを強調していました。

バンパーコーナーにはシルバーの加飾を採用

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークスのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”では、フロントバンパーのコーナーにシルバーの加飾(フィニッシャー)を装着。

■バンパーコーナーに用意されている加飾

シルバーのフィニッシャーが良いアクセントになっており、標準モデルとは一味異なるスタイリッシュなフロントマスクを演出していました。

ちょっと残念なヘッドライト

そんな新型ルークス(ROOX)のオーテック(AUTECH)仕様のフロントマスクで残念だったのは、ヘッドライトです。

このオーテック(AUTECH)のヘッドライトはLEDではなく、標準モデルのXグレードと同様にハロゲンのヘッドライトを採用。

■オーテックのヘッドライト点灯時の様子

オーテック(AUTECH)の魅力の一つが、プレミアム感や高級感と言うことを考えると、ハロゲンではなく、LEDのヘッドライトにしても良かったのかなと思いました。

新型ルークス オーテックのサイドスタイルをチェック

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のカスタム仕様のオーテック(AUTECH)のサイドスタイルは、このようなデザインになっています。

■オーテックのサイドスタイル

ちなみに、こちらは、オーテック(AUTECH)のベースになっている標準モデルのXグレードのサイドスタイルです。

■ベースモデルのサイドスタイル

このように見比べると、サイドスタイルの迫力&スタイリッシュさが全然違いますよね。

今回私が見たオーテック仕様のボディカラーは、専用カラーの”アトランティックブルー×ブラック”の2トーンカラーと言うこともあり、スポーティーさが漂うサイドスタイルになっていました。

シルバーをあしらったサイドミラー&ドアハンドル

そんな新型ルークス(ROOX)のオーテック仕様のサイドスタイルで印象的だったアイテムが、サイドミラーとアウトドアハンドルです。

カスタム仕様のオーテック(AUTECH)では標準モデルとは異なり、シルバー塗装を施したサイドミラー&アウトドアハンドルを標準装備。

■オーテックのサイドミラー

■オーテックのドアハンドル

シルバー塗装が施されたサイドミラーやドアハンドルが良いアクセントになっており、オーテック(AUTECH)らしいスタイリッシュなサイドスタイルを演出していました。

専用デザインのタイヤ&ホイールを標準装備

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の注目ポイントの一つが、専用デザインになっているタイヤ&ホイールです。

オーテックのベースになっている標準モデルの”Xグレード”では、シルバー塗装を施したホイールカバーが備わったオーソドックスなデザインになっていました。

■標準モデルのタイヤ&ホイール

しかし、カスタム仕様のオーテック(AUTECH)では、切削光輝処理を施したシルバーのディスクとブラック塗装を施した細いスポークが印象的な専用デザインのアルミホイールを標準装備。

■オーテック専用デザインのタイヤ&ホイール

タイヤサイズが標準モデルと同じ14インチサイズとなっていたのが少々残念でしたが、オーテック(AUTECH)らしいオシャレでスポーティーな足回りを演出していました。

新型ルークス オーテックの後ろ姿をチェック

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のカスタムモデル”オーテック(AUTECH)”の後ろ姿は、このようなデザインになっていました。

■オーテックの後ろ姿

メッキの加飾をあしらったテールゲート

縦に長いリアコンビネーションランプなど基本的なデザインは、ベースとなっている標準モデルのXグレードと同じになっています。

ただ、このカスタム仕様のオーテック(AUTECH)のリアには、メッキモール付きのバックドアフィニッシャーを標準装備。

■オーテックのバックドアフィニッシャー

ちなみに、こちらは、ベースとなっている標準モデルのXグレードの後ろ姿なのですが、迫力が全く異なりますよね。

■標準モデルの後ろ姿

専用デザインのバックドアフィニッシャーを備えた新型ルークス(ROOX)のオーテック(AUTECH)は、ベースとなっている標準モデルよりも精悍な後姿になっていました。

オーテック専用エンブレムも搭載

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のオーテック仕様のリアの右下には、専用のエンブレムを装着。

■リアに装着されているオーテック専用エンブレム

このように特別感を演出しているのも、カスタマイズ仕様”オーテック(AUTECH)”の魅力の一つなのかなと思いました。

まとめ:エレガントとスポーティーさが増したオーテックの外観

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産の新型ルークス(ROOX)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の外観・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

ベースとなっている標準モデルのXグレードは、親しみやすいカジュアルな見た目になっていましたが、カスタム仕様のオーテック(AUTECH)は、上品さがあふれるエレガントな仕様に…。

「標準モデルでは少し物足りないけど、オラオラ感のあるハイウェイスターは、ちょっと…」と思っている方には、プレミアム感あふれる見た目になっているオーテック(AUTECH)は、ピッタリな一台なのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする