新型ルークス ハイウェイスターGターボの外装インプレ【専用装備が盛り沢山】

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の最上位モデルに位置をするのが、”ハイウェイスターGターボ”です。

この新型モデルの中で唯一”ターボエンジン”を搭載しているハイウェイスターGターボですが、外装・エクステリアにも専用アイテムが…。

そんな新型モデルの最上位グレード”ハイウェイスターGターボ”の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、ハイウェイスターGターボの外装・エクステリアは、どのような特徴を備えていたのでしょうか?

日産からデビューを果たした新型ルークス(ROOX)の最上位モデル”ハイウェイスターGターボ”の外装・エクステリアの魅力や特徴を、実車画像を使って、徹底解剖していきたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ルークス ハイウェイスターGターボのフロントマスクをチェック

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の最上位モデル”ハイウェイスターGターボ”のフロントマスクは、このようなデザインになっています。

■ハイウェイスターGターボのフロントマスク

この新型モデルのハイウェイスターGターボのフロントマスクは、下位モデルに位置をするハイウェイスターXと同様にVモーショングリルを活かした凛としたデザインに…。

■ハイウェイスターGターボのVモーショングリル

また、”軽自動車とは思えない”機能や装備を備えているのも、このハイウェイスターGターボも魅力の一つなのかなと思いました。

アダプティブLEDヘッドライトを標準装備

そんな新型モデルのハイウェイスターGターボの外装・エクステリアの魅力の一つが、ヘッドライトです。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の最上位モデル”ハイウェイスターGターボ”では、照射範囲の調整を自動的に行う”アダプティブLEDヘッドライト”を標準装備。

■ハイウェイスターGターボのアダプティブLEDヘッドライト

また、ハイウェイスターGターボでは、ヘッドライトの点灯と連動して光るハーフクロームメッキを採用。

■新型ルークスのハーフクロームメッキ

このようにライトの消灯時は普通のメッキ加飾のように見えますが、ヘッドライトを点灯してみると、このような感じになります。

■ライト点灯時のハーフクロームメッキ

面状に光るハーフクロームメッキのおかげで、精悍さが増したような感じが…。

ハイウェイスターらしい迫力のある見た目を演出するヘッドライトは、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルの注目ポイントの一つなのかなと思いました。

ハイウェイスターGターボではLEDフォグランプを標準装備

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の最上位モデル”ハイウェイスターGターボ”では、LEDのフロントフォグランプを標準装備。

■ハイウェイスターGターボのフロントフォグランプ

このフロントフォグランプを点灯してみると、このような感じに…。

■LEDフォグランプを点灯した時の様子

このハイウェイスターGターボに用意されているフロントフォグランプは、白く光るタイプを採用。

ハイウェイスターGターボに標準装備されているアダプティブLEDヘッドライトと相まって、お洒落でスタイリッシュなフロントマスクを演出していました。

新型ルークス ハイウェイスターGターボのサイドスタイルをチェック

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の最上位モデル”ハイウェイスターGターボ”のサイドスタイルは、このようなデザインになっています。

■ハイウェイスターGターボのサイドスタイル

唯一15インチサイズのタイヤ&ホイールを標準装備

2020年3月にフルモデルチェンジをした新型ルークス(ROOX)は標準モデル/ハイウェイスターあわせて5つのグレードを用意しているのですが、ハイウェイスターGターボのみ15インチサイズのタイヤ&ホイールを標準装備。

■ハイウェイスターGターボのタイヤ&ホイール

また、ホイールのデザインも専用デザインとなっており、他のグレードよりもスポーティーで迫力のあるサイドスタイルを演出していました。

ハンズフリーオートスライドドアを両サイドに標準装備

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、足の動きだけでスライドドアを開閉することができるハンズフリーオートスライドドアを助手席側だけではなく、運転席側にも標準装備しています。

運転席側にも足の出し入れでスライドドアを開け閉めすることができるハンズフリー機能を備えているのは、かなり嬉しいですよね。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)では、足の動きを検知するセンサーがBピラーの真下に設置されており、足を出し入れする位置で迷わないようになっていたのも好印象でした。

新型ルークス ハイウェイスターGターボの後ろ姿をチェック

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターGターボの後ろ姿は、このようなデザインになっています。

■ハイウェイスターGターボの後ろ姿

メッキ調の加飾が印象的な高級感のある後ろ姿

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の最上位モデル”ハイウェイスターGターボ”のリヤには、サイドに大きく張り出したように見えるリヤコンビネーションランプを備えるなど迫力のある後ろ姿に…。

■ハイウェイスターGターボのリヤコンビネーションランプ

また、ブラック塗装がされたリヤエンブレム部分は、メッキ調モールで加飾。

そのおかげで、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の最上位モデル”ハイウェイスターGターボ”は、高級感のある上品な後ろ姿になっていました。

まとめ:ハイウェイスターGターボは競合車に打ち勝つための最新技術が盛り沢山


2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の最上位モデル”ハイウェイスターGターボ”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

キリっとした見た目が印象的な”ハイウェイスターGターボ”ですが、アダプティブLEDヘッドライトや両側ハンズフリーオートスライドドアなど、機能や装備も充実。

最新の技術が投入された新型ルークス(ROOX)の最上位モデル”ハイウェイスターGターボ”は、競合車・ライバル車に勝るとも劣らない満足度の高いクルマに仕上がっていました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする