新型ルークス ハイウェイスターの外装比較【GターボとXの違いはドコ?】

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の上位モデル”ハイウェイスター”は、”Gターボ”と”X”の2つのグレードを用意しています。

凛とした見た目が印象的なこのハイウェイスター(HighwaySTAR)ですが、外装・エクステリアのデザインに若干の違いが…。

今回デビューを果たした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターに用意されている2つのグレード”Gターボ”と”X”の外装は、それぞれどのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この2台のモデルの外装・エクステリアは、どんな違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、ハイウェイスターGターボとXの外装・エクステリアの違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ルークスのハイウェイスターGターボとXの外装をチェック

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の上位モデル”ハイウェイスター”のGターボとXの外装・エクステリアは、それぞれこのようなデザインになっていました。

充実した機能や装備が魅力のハイウェイスターGターボ

新型ルークス(ROOX)の最上位に位置をする”ハイウェイスターGターボ”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■ハイウェイスターGターボの外装

日産車の特徴でもあるVモーショングリルを採用したハイウェイスター(HighwaySTAR)は、堂々とした迫力のあるフロントマスクに…。

また、照射範囲を自動的に調節してくれるアダプティブLEDヘッドライトや、足の出し入れだけでドアを開け閉めすることができるハンズフリー機能を助手席側だけではなく運転席側に備えるなど、機能や装備も充実。

ターボエンジンを搭載した”ハイウェイスターGターボ”は、高速道路での運転も余裕がありますし、ファーストカーとして新型ルークス(ROOX)を購入しようと考えている方には、ピッタリなモデルに仕上がっているように感じました。

ハイウェイスターXはプロパイロット仕様と非装着仕様の2種類を用意

一方、新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターXは、プロパイロット機能を装着した”プロパイロット エディション”とプロパイロットを装着していない”非装着仕様”の2つのグレードを用意しており、見た目のデザインに違いがあります。

こちらが、高速道路での運転をラクにしてくれるプロパイロット機能が備わったハイウェイスターXプロパイロット エディションの外装・エクステリアです。

■ハイウェイスターXのプロパイロット エディション

■ハイウェイスターXのプロパイロット非装着仕様

また、プロパイロット非装着仕様のハイウェイスターXには、快適な運転をサポートするオートブレーキホールドや電子式のパーキングブレーキが標準装備されないなど、この2台のモデルでは、機能や装備、使い勝手にも違いがあるので、ご注意くださいね。

新型ルークスのハイウェイスターの外装【GターボとXの違いは?】

このような特徴を備えていた新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターのGターボとXですが、外装・エクステリアを見比べてみたところ、様々な違いがありました。

この新型モデルのハイウェイスターGターボとXの外装・エクステリアは、どんな違いがあったのか?実車画像を使って、この2台のモデルの外装の違いを紹介したいと思います。

ヘッドライト【ハイウェイスターGターボとXの違い】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターGターボとXの外装・エクステリアの違いの一つは、ヘッドライトのデザインと機能性です。

上位モデルではシャープさを強調するアクセントライトを採用

最上位モデルに位置をする”ハイウェイスターGターボ”と”Xプロパイロット エディション”では、クリクリっとしたライトが特徴のLEDヘッドライトを標準装備していました。

■ハイウェイスターGターボのアダプティブLEDヘッドライト

また、ハイウェイスターGターボとXプロパイロット エディションでは、消灯時にハーフクロームメッキのように見える”アクセントライト”を装着。

■ハイウェイスターGターボのアクセントライト

アクセントライトを装着した”ハイウェイスターGターボ”と”Xプロパイロット エディション”は、ハイウェイスターらしいシャープな見た目になっていました。

■ハイウェイスターGターボのヘッドライト点灯時の様子

一方、プロパイロット機能が備わっていないノーマル仕様の”ハイウェイスターX”では、帯状に光るオーソドックスな”LEDヘッドライト”を標準装備。

■ハイウェイスターXのヘッドライト

このハイウェイスターXには、アクセントッライトの用意がないこともあり、上位モデルに位置をする”ハイウェイスターGターボ”や”Xプロパイロット エディション”とは異なる雰囲気のフロントマスクになっていました。

■ハイウェイスターXのヘッドライト点灯時の様子

ヘッドライトの機能にも違いが…

また、新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターは、グレードによってヘッドライトの機能にも違いがありました。

上位モデルに位置をするハイウェイスターGターボとXプロパイロット エディションのヘッドライトではフロントガラスに備わっているカメラが対向車や先行車を検知して、照射する範囲を自動的に調整してくれる”アダプティブ機能”を搭載。

一方、プロパイロット機能が備わっていないノーマルモデルの”ハイウェイスターX”のヘッドライトには、このような機能は用意されていません。

なので、上位モデルの方が夜間ドライブの安全性が高くなっています。

このように今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターは、グレードによってヘッドライトのデザインや機能が異なるのでご注意くださいね。

タイヤ&ホイール【ハイウェイスターGターボとXの違い】

また、2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターGターボとXでは、タイヤ&ホイールのデザインにも違いがありました。

迫力のあるGターボのタイヤ&ホイール

新型ルークス(ROOX)の最上位モデルに位置をする”ハイウェイスターGターボ”のタイヤ&ホイールは、このようなデザインになっています。

■ハイウェイスターGターボ

ハイウェイスターGターボでは、切削面が印象的な専用デザインのタイヤ&ホイールを標準装備。

また、タイヤサイズもハイウェイスターXよりもひと回り大きい15インチサイズとなっており、迫力のあるサイドスタイルを演出していました。

チカラ強さを強調するハイウェイスターXのタイヤ&ホイール

一方、新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターXとハイウェイスターXプロパイロット エディションのタイヤ&ホイールは、このようなデザインになっています。

■ハイウェイスターXのタイヤ&ホイール

ハイウェイスターXは、最上位モデルのGターボよりもひと回り小さい14インチサイズのタイヤ&ホイールを標準装備。

ただ、スポーク部分がブラック塗装されたハイウェイスターXのタイヤ&ホイールは、思ったよりも迫力と存在感があり、引き締まったサイドスタイルを演出していました。

まとめ:デザインだけではなく機能も異なる新型ルークスのハイウェイスター

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターGターボとXの外装・エクステリアを見比べてみたところ、タイヤ&ホイールのデザインや大きさに違いがありました。

また、最上位モデルのハイウェイスターGターボは、アダプティブLEDヘッドライトを標準装備しているのに対し、プロパイロット機能が備わっていないタイプの”ハイウェイスターX”では、オーソドックスなLEDヘッドライトが備わるなど、機能や装備にも違いが…。

このように新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターGターボとハイウェイスターXでは、見た目のデザインだけではなく機能や装備も異なるので、グレード選びをする際は、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする