シンプルだけどオシャレ!新型ルークスの標準モデルの内装インプレ

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の標準モデルの内装・インテリアは、外装と同様にカジュアルで親しみやすいデザインになっています。

また、上位モデルに位置をするハイウェイスターよりも車内が明るく、居心地が良い空間になっていました。

そんな新型ルークス(ROOX)の標準モデルの内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どのような特徴&魅力を備えていたのでしょうか?

親しみやすいカジュアルさが魅力の標準モデルの内装・インテリアを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ルークスの標準モデルの運転席まわりのデザインをチェック

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の標準モデルのダッシュボードは、このようなデザインになっています。

■標準モデルのダッシュボード

新しいデザインに生まれ変わった新型ルークス(ROOX)の標準モデルでは、アイボリー貴重のダッシュボードを採用。

助手席側のダッシュボードにソフトパッドなどの加飾が施されていないため、高級感・上質感と言う点ではイマイチですが、車内全体が明るい雰囲気に…。

また、ダッシュボードの中段部分にきなトレーを備えるなど、収納力に優れた使い勝手の良いデザインになっていました。

このようにアイボリー貴重で温かみのあるデザインになっている新型ルークス(ROOX)の標準モデルの内装・インテリアですが、ハンドルやシフトレバー、エアコンパネルなどは、どのようなデザインになっているのでしょうか?

標準モデルの運転席まわりの各アイテム・装備を詳しくみていくことにしましょう。

シンプルなデザインのハンドル&シフトレバーを採用

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の標準モデルのハンドルとシフトレバーは、このようなデザインをしています。

■標準モデルのハンドル

■標準モデルのシフトレバー

上位モデルのハイウェイスター(HighwaySTAR)は、握り心地の良い本革巻きのハンドルを採用していましたが、この新型モデルでは、シンプルなウレタン製のハンドル&シフトレバーを標準装備。

また、シフトレバーは、ボタン部分もプラスチック素材となっており、上位モデルのハイウェイスター(HighwaySTAR)との違いを感じるデザインになっていました。

エアコンの使い勝手はグレードで異なる

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の標準モデルは、”Xグレード”と”Sグレード”を用意していますが、上位グレードに位置をする”Xグレード”では、オシャレなタッチパネル式のフルオートエアコンを標準装備しています。

■標準モデルのエアコン

見た目的にオシャレなタッチパネル式のフルオートエアコンですが、ワンタッチで風量を変更することができるなど、操作性に優れているのも好印象でした。

一方、最廉価モデルに位置をする”Sグレード”はフルオートエアコンではなく、シンプルなマニュアル式のエアコンが標準装備となるので、ご注意くださいね。

標準モデルは足踏み式のサイドブレーキを標準装備

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、スーパーハイト系ワゴン車の中で唯一電子式のパーキングブレーキとオートブレーキホールドを用意しています。

ただ、電子式のパーキングブレーキとオートブレーキホールドが備わっているのは、上位モデルのハイウェイスター(HighwaySTAR)の一部グレードのみ。

標準モデルは、Xグレード/Sグレードどちらもスムーズな発進をサポートする電子式のパーキングブレーキではなく、オーソドックスな足踏み式のサイドブレーキが標準装備となっているので、ご注意くださいね。

■標準モデルの足踏み式のサイドブレーキ

USBの用意はなし

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の標準モデルでは、スマホやiPhoneなどを充電するのに重宝をするUSBポートの用意はありません。

ただ、ディーラーオプションでUSBポートをダッシュボードの中央、ナビのスグ下の部分に装着することが可能ですよ。

ニーエアバッグの用意もなし

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、ドライバーの脚部の保護するニーエアバッグを日産車として、初めて搭載しています。

ただ、このニーエアバッグに関しても、備わっているのは上位モデルのハイウェイスター(HighwaySTAR)のみとなっており、標準モデルでは用意されていません。また、オプションで装備することはできません。

ちょっとコレにはガッカリ…。

ハイウェイスター(HighwaySTAR)と標準モデルで機能や装備に差が生じるのは仕方ありませんが、せめてオプションでニーエアバッグを装着することができるように用意をしても良かったのかなと思いました。

ちなみに、新型ルークス(ROOX)の標準モデルの運転席の足元には、ニーエアバッグの代わりにワイド感のある収納スペースが用意されていました。

アイボリーで統一した標準モデルのドア内側パネル

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の標準モデルのドア内側パネルは、このようなデザインになっています。

■標準モデルのドア内側パネル

標準モデルのドア内側パネルは、ダッシュボード(インパネ)と同様にアイボリーを基調にしたデザインに…。

ただ、ファブリック素材で覆われているエルボールーム以外は、プラスチックの素材が剥き出しに…。また、ドアハンドルもシンプルなプラスック素材のまま。

そのため、標準モデルのドア内側パネルは、高級感・上質感と言う点では、少し物足りなさを感じてしまいました。

新型ルークスの標準モデルの運転席まわりのデザインをチェック

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の標準モデルは、このようなデザインのシートを採用しています。

■標準モデルのシート

温かみのあるグレージュをシートカラーに採用

この新型ルークス(ROOX)の標準モデルでは、”グレー”と”ベージュ”が合わさったグレージュカラーのシートを全グレードに標準装備。

アイボリーカラーとの相性も良く、温かみがありながらも大人っぽく居心地のいい車内空間を演出していました。

また、明るい車内の中で、シートサイドや裏面に施されているダークブラウンが良いアクセントになって、ほんわかとした車内全体の雰囲気を上手に引き締めているように感じました。

シートの表皮にはファブリック素材を採用

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の標準モデルのシート表皮には、ファブリック素材(トリコット)を全面に採用。

■標準モデルのシート表皮

そのため、高級感・上質感と言う点では、イマイチです。

ただ、ざっくりとした立体感のあるファブリック素材を使用した標準モデルのシートは、どこかレトロ感のあるデザインに…。

また、ファブリック素材ならではの柔らかめの座り心地になっており、ソフトにお尻を受けとめてくれるのも好印象でした。

まとめ:おしゃれで居心地の良い標準モデルの内装

2020年3月に仏モデルチェンジをして新発売をした日産のスーパーハイト系ワゴン”新型ルークス(ROOX)”の標準モデルの内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

標準モデルは、ウレタン製のハンドルを採用していることもあり、豪華さに関しては、上位モデルに位置をするハイウェイスター(HighwaySRAR)よりも劣ります。

また、機能性&装備も劣ります。

ただ、グレージュの内装色を採用した標準モデルは、どこかホっとする居心地の良い車内空間になっていました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする