新型ルークス ハイウェイスターXの外装【プロパイロットと標準車の違いとは?】

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターXでは、日産が誇る自動運転技術のプロパイロット機能が装着した”プロパイロット エディション”と非装着モデル(=標準モデル)の2つのグレードを用意しています。

そんな新型モデルのハイウェイスターXのプロパイロット エディションと標準モデルでは、見た目のデザインや装備に違いが…。

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ハイウェイスターXのプロパイロット エディションと標準モデルの外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょか?また、どのような違いがあったのでしょうか?

日産からデビューを果たした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターXのプロパイロット エディションとプロパイロットが付いていない標準モデルの外装の違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ルークス ハイウェイスターXの外装をチェック

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターXのプロパイロットエディションと標準モデルの外装・エクステリアは、それぞれこのようなデザインになっています。

プロパイロット エディションの外装

こちらは、同一車線自動運転技術のプロパイロット機能を搭載した”プロパイロット エディション”の外観・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■プロパイロット エディションの外観

ハイウェイスターXの”プロパイロット エディション”では、フロントマスクに大きなVモーショングリルを採用するなど、迫力のある顔つきに…。

また、ハイウェイスターXのプロパイロット エディションでは、14インチサイズのアルミホイールを備えており、スタイリッシュでスポーティーなサイドスタイルを演出していました。

標準モデルの外装

一方、こちらは、同一車線自動運転技術のプロパイロット機能を備えていない新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターXの標準モデルの外観・エクステリアです。

■ハイウェイスターXの標準モデル

ハイウェイスターXのプロパイロット エディションと同様に標準モデルでも、Vモーショングリルを採用。

プロパイロット エディションと標準モデルでは、ヘッドライトのデザインが異なるため、フロントマスクの雰囲気が若干異なります。

ただ、プロパイロット機能が備わっていない標準モデルも、ハイウェイスターらしい迫力のあるデザインになっていました。

ちなみに、こちらの記事では、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターXのヘッドライトやタイヤのデザインなどなど…外観の注目ポイントや魅力を詳しくレビューしています。

もし、この新型モデルのハイウェイスターXの外観をもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事を確認してみてくださいね。

ハイウェイスターXの外装比較【プロパイロットと標準モデルはココが違う】

ハイウェイスターらしい迫力のあるフロントマスクになっている新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターXのプロパイロット エディションと標準モデルですが、この2台のモデルの外観を見比べてみたところ、機能や装備に様々な違いがありました。

新しく生まれ変わったハイウェイスターXのプロパイロット エディションと標準モデルの外観・エクステリアの外観の違いを紹介したいと思います。

ヘッドライトのデザインと機能

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターXのプロパイロット エディションと標準モデルの外装・エクステリアの大きな違いの一つは、ヘッドライトのデザインです。

プロパイロット機能が備わっていない標準モデルのハイウェイスターXは、7つのLEDバルブが上下2段に設置されたワイド感のあるヘッドライトを標準装備しています。

■標準モデルのLEDヘッドライト

一方、プロパイロット機能を搭載しているハイウェイスターXのプロパイロット エディションでは、クリクリっとしたつぶらな瞳のようなサークル状に輝くLEDヘッドライトを標準装備。

■プロパイロット エディションのヘッドライト

また、プロパイロット エディションでは、ヘッドライトユニットの上段にライト点灯時には帯状に光るハーフメッキ加飾を採用。

そのため、ヘッドライトを点灯した時のハイウェイスターXのプロパイロット エディションのフロントマスクは、標準モデルよりも洗練された顔つきになっていました。

■ヘッドライト点灯時のプロパイロット エディション

■ヘッドライトを点灯時の標準モデル

また、プロパイロット エディションと標準モデルでは、ヘッドライトに備わっている機能も異なります。

クリクリっとした眼のようなデザインになっているプロパイロット エディションでは、対向車や周囲の明るさを検知してハイビームとロービームを自動的に切り替えてくれる”オートハイビーム機能”を搭載。

オートハイビーム機能が搭載されていない標準モデルよりも安全性の高いヘッドライトになっていました。

スライドドアの機能性&使い勝手

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターXのプロパイロット エディションと標準モデルでは、スライドドアの使い勝手も異なります。

プロパイロット機能が備わっていない標準モデルでは、スイッチ一つでスライドドアを開閉することができる”ハンズフリーオートスライドドア”は、助手席側のみにしか用意されていませんでした。

なので、運転席側のスライドドアは、手動で開け閉めをする必要があります。

一方、ハイウェイスターXのプロパイロット エディションでは、助手席側だけではなく、運転席側にもハンズフリーオートスライドドアを標準装備。

このスライドドアの使い勝手の差は、大きいですよね。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターXのプロパイロット エディションと標準モデルでは、このようにスライドドアの使い勝手&機能性も異なるので、ご注意くださいね。

ちなみに、助手席側しかハンズフリーオートスライドドアが備わっていないハイウェイスターXの標準モデルですが、メーカーオプションで両側に変更することが可能ですよ。

まとめ:見た目のデザインや機能が異なるハイウェイスターX

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス ハイウェイスターXのプロパイロット エディションと標準モデルの外装・エクステリアを比べてみたところ、このような違いがありました。

■プロパイロットエディションと標準モデルの違い

・ヘッドライトのデザイン
・オートハイビーム機能
・運転席側のハンズフリーオートスライドドア

プロパイロット エディションと標準モデルは、高速道路の運転を楽にしてくれるプロパイロット機能以外にも、見た目のデザインや備わっている機能に差があるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする