使い勝手バツグン!新型ルークスの荷室アレンジを乗車人数別に紹介

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の魅力の一つは、使い勝手が良い荷室・ラゲッジスペースです。

この新型モデルは、背もたれ収納&スライド機能付きの後部座席を備えていることもあり、荷物の量や大きさに応じて、自由自在に荷室の形やサイズを変えることができます。

また、荷室をアレンジするさいの操作がしやすいのも、好印象でした。

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、どのようなアレンジを用意していたのでしょうか?また、各アレンジの使い勝手は、どうだったのでしょうか?

日産が誇るスーパーハイト系ワゴン車新型ルークス(ROOX)に用意されている荷室アレンジを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

4人乗車時の新型ルークスの荷室アレンジ

通常時(後部座席使用時)の新型ルークス(ROOX)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■4人乗車時の新型ルークスの荷室

後部座席を最後端時でも十分な広さを確保

ボディサイズに制限のある軽自動車の場合、後部座席を一番後ろにスライドすると、荷物がほとんど積み込めないくらい荷室が狭いクルマのあります。

しかし、後部座席を一番後ろにした時のこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、ホンダのN-BOX(Nボックス)に次ぐ広さを確保。

■後部座席を一番後ろにした時の荷室

ちなみに、後部座席を一番後ろにした時の足元空間(ニークリアランス)は、このような感じになっています。

■後部座席を一番後ろにした時の足元空間の広さ

後部座席を一番後ろにスライドすると、大人が足を組んで座れるくらい広々とした足元空間(ニークリアランス)に…。

この広々とした荷室と後部座席の居住性を両立しているのは、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の凄いところの一つなのかなと思いました。

後部座席を一番前にした時の荷室の広さはクラストップ

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の後部座席を一番前にスライドすると、荷室・ラゲッジスペースは、このような感じになります。

■後部座席を一番前にした時のルークス荷室

後部座席を一番前にスライドすると、かなり荷室の奥行きがかなり広くなった感じが…。

それもそのはず。

後部座席を一番前にスライドした時の新型ルークス(ROOX)の荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、スーパーハイト系ワゴン車の中でトップとなる約675mmを確保。

ベビーカーや長期旅行用の大きなスーツケースをラクラク積み込める広い荷室・ラゲッジスペースを確保しているのは、この新型モデルの良いところだと思いました。

また、後部座席を一番前にスライドした状態でも、窮屈ながらも小さいお子さんなら後部座席に座れるだけの足元空間(ニークリアランス)の広さを確保してるのも好印象でした。

■後部座席を一番前にスライドした時の足元空間の広さ

3人乗車時の新型ルークスの荷室アレンジ

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、5対5分割方式の後部座席を採用していることもあり、左右別々に後部座席を収納することが可能です。

こちらは、助手席側の後部座席の背もたれを収納した時の荷室・ラゲッジスペースです。

■助手席側の背もたれを収納した時の荷室

一方、こちらは、運転席側を収納した時の新型モデルの荷室・ラゲッジスペースです。

■運転席側の背もたれを収納した時の荷室

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、元々荷室・ラゲッジスペースが広くなっていましたが、後部座席を収納すると、奥行きがさらに広くなるような感じが…。

特に後部座席を一番前にスライドした状態で背もたれを収納した時のラゲッジスペースの広さは、目を見張るものがありました。

後部座席のスライド&収納がしやすい

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の荷室・ラゲッジスペースのアレンジを確かめていて驚いたことの一つが、後部座席の収納やスライドなどの操作がしやすくなっていたことです。

今回新型モデルでは、後部座席の背もたれの肩口に収納レバーだけではなく、前後にスライドするレバーも用意。

■新型ルークスの後部座席の収納&スライドレバー

なので、車両の後方(テールゲート側)から手を伸ばすと、後部座席の背もたれの収納やスライドを行うことができちゃいます。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、後部座席の背もたれを前方に倒すだけのシンプルな方式を採用。

荷室のアレンジをする際、チカラを入いれずに後部座席の背もたれの収納&展開ができるようになっていたのも好印象でした。

2人乗車時の新型ルークスの荷室アレンジ

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の後部座席の左右の背もたれを収納した2人乗車時の荷室・ラゲッジスペースは、このような感じになります。

■2人乗車時の新型ルークスの荷室

後部座席を収納した時の広さもトップクラス

後部座席を収納した時の後部座席の奥行きは約1,480mmとなっており、競合車・ライバル車の一つでもあるホンダのN-BOX(Nボックス)やダイハツのタント(TANTO)、スズキのスペーシア(SPACIA)よりもひと回り広くなっています。

この広々とした荷室空間は、競合車・ライバル車にはないこの新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

新型ルークスの荷室には謎の盛り上がりが…

このように競合車・ライバル車よりも広くて収納力に優れている後部座席を収納した時の新型ルークス(ROOX)の荷室・ラゲッジスペースですが、実際に見てみると、残念に感じるところがありました。

それは、後部座席を収納した時の荷室のフロアが完全なフルフラットにならず、少し段差ができてしまっていることです。

ホンダのN-BOX(Nボックス)など競合車・ライバル車も後部座席を収納した際に少し段差ができているので、段差ができてしまうのは、ある程度仕方がないことだと思います。

■N-BOXの後部座席を収納した時の荷室

ただ、この新型モデルでは、なぜが後部座席の背もたれの中央部分にポコッとした謎の盛り上がりが…。

このような荷室の形は、あまり見たことがないような感じが…。

後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースの中央にできる謎の盛り上がり・凹凸に関しては、荷物の積み降ろしを妨げるような感じがして、少し気になってしまいました。

まとめ:広くて使い勝手の良い新型ルークスの荷室

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなアレンジを用意していました。

基本的な荷室アレンジ自体は競合車・ライバル車と同じですが、この新型モデルは、競合車よりも荷室が広いこともあり、使い勝手が良さそうな感じが…。

また、荷室側から後部座席のスライドや背もたれの収納操作ができるだけではなく、操作感が軽く、誰でも手軽に荷室をアレンジすることができるのも好印象でした。

スーパーハイト系ワゴンクラスはライバルも強力ですが、荷室の広さや使い勝手にこだわるのなら、この新型ルークス(ROOX)がピッタリなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02