新型ルークス ハイウェイスターと標準車の内装の違いはココ【実車画像で比較】

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)はハイウェイスターと標準モデルの2つのタイプを用意していますが、内装・インテリアのデザインや高級感に大きな違いがあります。

また、備わっている機能や装備に差が…。

そんな新型モデルのハイウェイスターと標準車の内装・インテリアは、それぞれどのようなデザインをしていたのでしょうか?また、この2台のモデルの内装は、どのような違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、新型ルークス(ROOX)のハイウェイスター(HighwaySTAR)と標準モデルの内装・インテリアの違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ルークス ハイウェイスターと標準モデルの内装のデザインをチェック

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターと標準モデルの内装・インテリアは、それぞれこのようなデザインになていました。

温かみのある標準モデルの内装

新型ルークス(ROOX)の下位モデルに位置をする”標準モデル”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■標準モデルの内装・インテリア

この標準モデルでは、車内をパッと明るくしてくれるアイボリーを基調にした内装・インテリアを採用。

シートもソファーのようなざっくりとした素材を採用しており、温かみのあるおしゃれな内装・インテリアになっていました。

ちなみに、こちらの記事では、標準モデルの内装・インテリアの魅力や特徴をもっと掘り下げて詳しく紹介しています。

USBポートの有無などなど…標準モデルをもっと詳しく確認したい方は、ぜひともチェックをしてみてくださいね。

シックなハイウェイスターの内装

一方こちらは、新型ルークス(ROOX)の上位モデルに位置をする”ハイウェイスター(HighwaySTAR)”の内装・インテリアのデザインです。

■ハイウェイスターの内装

ブラックを基調にしたハイウェイスターの内装・インテリアは、標準モデルよりもシックな雰囲気がただよう内装・インテリアに…。

また、ハイウェイスターの上位モデルでは、電子式のパーキングブレーキやオートブレーキホールドなども備えており、普通乗用車に勝るとも劣らない機能や装備を備えているのも魅力の一つでした。

ちなみに、こちらの記事ではハイウェイスターの内装・インテリアをもっと掘り下げて紹介しています。

標準モデルにはないハイウェイスターの特徴や魅力を知りたい方は、ぜひともチェックをしてみてくださいね。

新型ルークス ハイウェイスターと標準モデルの内装に違いはドコ?

このようなデザインになっていた新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターと標準モデルですが、内装・インテリアには、どのような違いがあったのでしょうか?

この2台のモデルの内装・インテリアの具体的な違いを、実車画像を使って紹介していきたいと思います。

内装色【ハイウェイスターと標準モデルの内装の違い1】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の内装・インテリアの大きな違いの一つが内装色です。

標準モデルはどこか温かみのあるアイボリーを基調にしているのに対し、上位モデルのハイウェイスター(HighwaySTAR)では、シックなブラック基調の内装・インテリアを標準装備。

■アイボリー基調の標準モデルの内装

■ブラック基調のハイウェイスターの内装

ダッシュボードなど基本的な内装・インテリアの作りは、ハイウェイスターと標準モデルで同じになっていますが、カラーによって、内装の雰囲気は全く異なりますよね。

アイボリーを基調にした標準モデルは、どこかレトロ感があるナチュラルテイストなのに対し、ブラック基調のハイウェイスター(HighwaySTAR)は、洗練されたスタイリッシュな内装・インテリアに…。

■標準モデルの内装

■ハイウェイスターの内装

高級感・上質感と言う点では、上位モデルに位置をするハイウェイスター(HighwaySTAR)の方がワンランク上です。

ただ、解放感に関しては、ハイウェイスターよりも標準モデルの方が良く、車内空間がひと回り広く感じました。

ハンドル【ハイウェイスターと標準モデルの内装の違い2】

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターと標準モデルでは、運転席まわりのアイテムにも違いがあります。

その一つが、ハンドル・ステアリングホイールです。

ハイウェイスターの上位モデルでは、本革巻きのハンドルを採用しているのに対し、標準モデルでは、オーソドックスなウレタン素材に…。

■ハイウェイスターのハンドル

■標準モデルのハンドル

そのため、見た目のデザイン性だけではなく、ハンドルを握った時のグリップ感にも違いがありました。

シフトレバー【ハイウェイスターと標準モデルの内装の違い3】

また、新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターと標準モデルでは、シフトレバーのデザインにも違いがあります。

標準モデルのシフトレバーは、ボタン部分がプラスチックになったシンプルなデザインになっていたのに対し、上位モデルでは、メッキ加飾を施したシフトボタンを採用。

■標準モデルのシフトレバー

■ハイウェイスターのシフトレバー

このように見比べると、シフトレバーのボタン部分がメッキになるだけで、見た目の印象が大きくことなりますよね。

このように高級感&上質感のあるダッシュボードになっているのも、新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

エアコンの操作パネル【ハイウェイスターと標準モデルの内装の違い4】

新型ルークス(ROOX)の上位モデル”ハイウェイスター”と”標準モデル”では、ダッシュボードに中央に備わっているエアコンの操作パネルのデザイン&使い勝手も異なります。

上位モデルに位置をする”ハイウェイスター(HighwaySTAR)”では、スタイリッシュなタッチパネル式のエアコン操作パネルを全グレードに標準装備。

■ハイウィイスターエアコン操作パネル

一方、標準モデルでは、ハイウェイスターと同じタッチパネル式のエアコン操作パネルが標準装備されているのは、上位グレードの”Xグレード”のみ。

最廉価モデルの”Sグレード”では、タッチパネル式ではなくシンプルなマニュアルエアコンになっているので、ご注意くださいね。

サイドブレーキ【ハイウェイスターと標準モデルの内装の違い5】

また、サイドブレーキのデザイン&使い勝手も、新型ルークス(ROOX)のハイウェイスター(HighwaySTAR)と標準モデルの大きな違いの一つです。

ハイウェイスターに用意されているプロパイロット エディションでは、発進&停車をスムーズに行うことができる電子式のパーキングブレーキを標準装備しています。

■ハイウェイスターの電子式のパーキングブレーキ

一方、標準モデルでは、シンプルな足踏み式のサイドブレーキを全グレード標準装備しています。

■標準モデルの足踏み式のサイドブレーキ

また、停車時にブレーキペダルから足を離しても、停止状態を維持してくれるオートブレーキホールドも、ハイウェイスターのプロパイロット エディションは備わっています。

このように機能や装備が充実しているのも、ハイウェイスター(HighwaySTAR)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

ドア内側パネル【ハイウェイスターと標準モデルの内装の違い6】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターと標準モデルでは、ドア内側パネルのデザインも異なります。

この新型モデルのハイウェイスターと標準モデルでは、ドアパネルのカラーとトリム部分のデザインに違いが…。

■ハイウェイスターのドア内側パネル

■標準モデルのドア内側パネル

また、ドアハンドルのデザインも、ハイウェイスターと標準モデルでは異なります。

標準モデルのドアハンドルは、プラスチック素材のままのシンプルデザインになっていました。

■標準モデルのドアハンドル

一方、上位モデルに位置をするハイウェイスター(HighwaySTAR)では、メッキ加飾をほどこしたドアハンドルを採用。

■ハイウェイスターのドアハンドル

メッキ加飾をあしらったドアハンドルが、洗練された上品な印象の内装・インテリアを強調しているように感じました。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターと標準モデルは、このように細部のデザインや質感も異なるので、ご注意くださいね。

シートのカラー&質感【ハイウェイスターと標準モデルの内装の違い7】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターと標準モデルでは、シートのデザインや質感も異なります。

標準モデルでは、ベージュとグレーを組み合わせた柔らかいカラー”グレージュ”をシートカラーに採用。

■グレージュを採用した標準モデル

一方、上位モデルに位置をするハイウェイスター(highwaySTAR)では、ブラックを基調のしたシートを採用。

■ブラック基調のハイウェイスターのシート

ハイウェイスターでは、シートのメイン部分にブルーのアクセントカラーを使用しており、標準モデルとは異なるスタイリッシュなデザインにまっていました。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターと標準モデルでは、シートの質感も異なります。

どちらのモデルもファブリック素材を全面に使用しているのは共通しているのですが、標準モデルは、凹凸感を感じるざっくりとした肌触りに…。

■標準モデルのファブリック素材の質感

一方、上位モデルに位置をするハイウェイスター(HighwaySTAR)は、サラリとした滑らかな肌触りに…。

■ハイウェイスターのファブリック素材の質感

また、遠くから見ると、シートのメイン部分にあしらわれたダイヤモンド モチーフが浮かび上がってみれるのも好印象でした。

このように今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、シートのでざいんだけではなく質感や肌触りも異なるので、ご注意くださいね。

まとめ:見た目のデザインだけではなく機能も異なる新型ルークスの内装

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターと標準モデルの内装・インテリアを比較してみたところ、それぞれこのようなデザインになっていました。

アイボリーを基調にした標準モデルは、温かみのある優しい車内空間に…。

一方、上位モデルに位置をするハイウェイスター(HighwaySTAR)では、洗練された現代的な内装・インテリアになっていました。

また、ハイウェイスターのみ電子式のパーキングブレーキやオートブレーキホールドが備わるなど機能や装備に違いがあるのも、この2台のモデルの大きな違いの一つなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする