新型ルークスのメーター【ハイウェイスターと標準車で意外な違いも…】

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産のスーパーハイト系ワゴン車新型ルークス(ROOX)はハイウェイスター/標準モデルどちらも、オーソドックスな2眼式のメーターを標準装備しています。

視認性&使い勝手に優れたこの新型モデルのメーターですが、ハイウェイスターと標準モデルでは、若干の違いが…。

日産からデビューを果たしたこの新型モデルに用意されているメーターは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、上位モデルに位置をするハイウェイスター(HighwaySTAR)と標準モデルのメーターでは、どんな違いがあったのでしょうか?

新型ルークス(ROOX)のメーターのデザインや使い勝手、ハイウェイスターと標準モデルの違いを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ルークスのメーターのデザインをチェック

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産のスーパーハイト系ワゴン”新型ルークス(ROOX)”のメーターは、このようなデザインになっています。

■新型ルークスのメーター

新型ルークスでは2眼式のアナログメーターを採用

今回デビューを果たしたこの新型モデルでは、スピードメーターとタコメーターを備えた2眼式のアナログメーターを全グレードに標準装備。

■新型ルークスのタコメーター

■新型ルークスのスピードメーター

エンジンを立ち上げると、メーターパネルの文字や針が光るメーター”自発光式”になっていないのは少し残念でしたが、オーソドックスで使いやすいデザインになっているように感じました。

また、エンジンを立ち上げると、スピードメーターとタコメーター内のブルーの部分がほのかに光るのも、お洒落で良いなと思いました。

中央にはマルチインフォメーションディスプレイを用意

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)では、タコメーターとスピードメーターの間に様々情報を表示してくれるマルチインフォメーションディスプレイを配置しています。

■新型ルークスのマルチインフォメーションディスプレイ

この新型モデルのマルチインフォメーションディスプレイは、ハンドルの左側に用意されている”切明スイッチ”で画面の情報を変更することができるのですが、このような表示項目が用意されていました。

■新型ルークスのディスプレイ切り替えスイッチ

■燃費情報

■エコインジケーター/エコペダルガイド

■アイドリングストップ積載時間&節約燃料

■エネルギーモニター

■航続可能距離

■走行距離

■燃料計

■走行支援

■タイヤアングルガイド

この新型モデルに用意されているマルチインフォメーションディスプレイには、4.2インチサイズのTFTカラーディスプレイを採用していることもあり、やはり画面がキレイで見やすいですよね。

また、この新型モデルのマルチインフォメーションディスプレイでは、走行距離や燃費情報などの基本情報だけではなく、現在のタイヤの角度を表示してくれる”タイヤアングルガイド”などクルマを運転する際に重宝する情報も用意しているのも好印象でした。

新型ルークスのメーター【ハイウェイスターと標準モデルの違いは?】

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)ですが、今回、ハイウェイスターと標準モデルでメーターのデザインに大きな違いはありません。

■ハイウェイスターのメーター

■標準モデルのメーター

このように上位モデルと下位モデルで同じようなデザインになっているのは、ちょっと珍しいですよね。

競合車・ライバル車の一つでもあるダイハツのタントやホンダのN-BOXでも、上位モデルに位置をする”カスタム”と標準モデルで、メーターまわりの加飾などで違いを出していますし…。

ただ、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスター(HighwaySTAR)と標準モデルのメーターを細かく確認したところ、マルチインフォメーションディスプレイのデザインで若干の違いがありました。

ハイウェイスターと標準車のマルチインフォはドコが違う?

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターと標準モデルで異なるのが、マルチインフォメーションディスプレイに使用されているグラフィックです。

マルチインフォメーションディスプレイ内に表示される車両アイコン(イラスト)がハイウェイスターと標準モデルで同じではなく、それぞれクルマをモチーフにしたオリジナルのデザインになっていました。

■ハイウェイスターの車両アイコン

■標準モデルの車両アイコン

ちょっと分かりにくいのですが、ハイウェイスターのマルチインフォメーションディスプレイの車両アイコンのみ、本当のクルマと同様にエンブレム部分にメッキの加飾を施したデザインに…。

■ハイウェイスターの後ろ姿

もの凄い細かい部分ですが、このような細かい部分に作り手のこだわりが見えて取れるような感じが…。

このように凝ったデザインになっているのは、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の魅力の一つなのかなと思いました。

ちなみに、このようにオリジナルの車両アイコンを採用しているこの新型モデルですが、ハイウェイスターと標準モデルでマルチインフォメーションディスプレイの表示項目に違いはありませんでいた。

まとめ:スタイリッシュで視認性に優れた新型ルークスのメーター

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産のスーパーハイト系ワゴン車”新型ルークス(ROOX)”のメーターは、このようなデザインになっていました。

■新型ルークスのメーターのまとめ

・オーソドックスな2眼式のアナログメーターを採用
・ハイウェイスターと標準車では、マルチインフォのデザインに違いがあり

この新型モデルでは、オーソドックスな2眼式メーターを採用していることもあり、先進性やスタイリッシュさはありません。ただ、誰でも迷わずに使える安心感のあるデザインになっていました。

また、ハイウェイスターと標準モデルでマルチインフォメーションディスプレイの車両アイコンを変えるなど、遊び心があるデザインになっているのも好印象でした。

もしこれから新型ルークス(ROOX)の試乗に行かれる方は、使い勝手とデザイン性を兼ね備えたこの新型モデルのメーターにも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする