思ったよりオシャレ!新型ルークス オーテックの内装の実車画像レビュー

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産のスーパーハイト系ワゴン車の新型ルークス(ROOX)は、専用装備を備えたプレミアムモデル”オーテック(AUTECH)”を用意しています。

スタイリッシュでスポーティな見た目になっているこの新型モデルの外装・エクステリアですが、内装・インテリアは、暖色系を採用した暖かみのあるデザインに…。

また、ベースとなっている標準モデルよりもオシャレな内装・インテリアになっていました。

新型ルークス(ROOX)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのか?また、このオーテック(AUTECH)の内装・インテリアには、どのような装備やアイテムを備えていたのでしょうか?

日産からデビューを果たした新型モデルのオーテック仕様の内装・インテリアを確認してきたので、実車画像を使って紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ルークス オーテック仕様のインパネをチェック

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のカスタム仕様”オーテック(AUTECh)”のインパネ・ダッシュボードのデザインは、このようになっています。

■オーテックのインパネ

オーテックは専用デザインの2トーンコーデを採用

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のオーテック仕様では、インパネ・ダッシュボードの上部にオシャレなトライライトロゼを配した暖かみのあるデザインに…。

また、トライライトロゼがあしらわれているダッシュボードの上段部分には、レザー調の素材が採用されており、標準モデルよりも高級感・上質感のあるデザインになっていたのも好印象でした。

標準モデルよりも高級感あふれるデザインに…

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のオーテック仕様の内装・インテリアは、運転席まわりの機能や装備が充実しているのも魅力の一つです。

その一つが、ハンドル&ステアリングホイールです。

このクルマのベースとなっている標準モデルのXグレードでは、シンプルなウレタン製のハンドル・ステアリングホイールを標準装備していました。

■標準仕様のハンドル

しかし、カスタム仕様のオーテック(AUTECH)では、ハンドルの下側にアクセントカラーのトワイライトロゼをあしらった本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを標準装備。

■オーテック仕様のハンドル

そのおかげもあり、ベースとなっている標準モデルのXグレードよりも高級感・上質感あふれる内装・インテリアになっていました。

機能や装備も充実

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のオーテック仕様は、機能や装備も充実しています。

例えば、このオーテック仕様では、ベースとなっている標準モデルのXグレードと全く同じデザインの2眼式のメーターを標準装備しています。

■オーテック仕様のメーター

また、サイズが大きく操作がしやすいタッチパネル方式のエアコンパネルや、アラウンドビューモニターを映し出してくれるディスプレイ付きのルームミラーなども備わっています。

■オーテック仕様のエアコンパネル

なので、オーテック仕様だからと言って、機能や装備で物足りなさを感じることはないのかなと思いました。

プロパイロット機能の装備はなし

そんな新型ルークス(ROOX)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”で残念だったことの一つが、ベースとなっている標準モデルのXグレードと同様に同一車線自動運転技術のプロパイロット機能が備わっていなかったことです。

このオーテック仕様にプロパイロット機能が備わった”プロパイロット エディション”が用意されていれば、もっと売れると思っているのですが…。

このオーテック仕様のベースとなっている標準モデルのXグレードもプロパイロット機能が備わっていないので仕方がないところもありますが、オーテック仕様にプロパイロットが付いていないのは、少々残念でした。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のオーテック仕様は、他のプロパイロット非装着モデルと同様にオートブレーキホールドや電動パーキングブレーキなどが付いていないので、ご注意くださいね。

新型ルークス オーテック仕様のシートをチェック

また、2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”のシートは、このようなデザインになっています。

■オーテックのシート

オーテックは専用デザインのシートを採用

新型ルークス(ROOX)のオーテックでは、シートサイドにトワイライトロゼカラーをした合成レザーを採用した高級感・上質感あふれるデザインに…。

■トワイライトロゼカラーのシートサイド

また、肌触りの良いトリコットが採用されているシートのメイン部分は、ダイヤモンド型のキルティングパターンが採用されており、オシャレなデザインになっているのも好印象でした。

シートはソファーシートを採用

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)では、オプションで運転席と助手席が独立をしたセパレートシートを用意しています。

しかし、この新型モデルのオーテック仕様では、運転席と助手席が密着したソファーシートを標準装備。

■オーテックに用意されているソファーシート

運転席と助手席の間にスペースがあるセパレートシートの用意はないので、ご注意くださいね。

シートバックテーブルなども標準装備

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のオーテック仕様では、フロントシートの裏側にシートバックテーブルが標準装備されています。

■オーテックのシートバックテーブル

また、このオーテック仕様のシートバックには、USBポートも備わっています。

実はオーテック仕様のベースになっている標準モデルのXグレードでは、後部座席に座る人が使用することができるシートバックテーブルやUSBポートは、オプション設定だったんですよね。

このような嬉しいアイテムが標準装備になっているのは、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のオーテック仕様の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

まとめ:オシャレにまとまっている新型ルークス オーテックの内装

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

この新型モデルのオーテック仕様は、トワイライトロゼをアクセントカラーに使用したオシャレで居心地が良い車内空間に…。

また、シートバックテーブルやUSBポートが標準装備されるなど、機能や装備が充実しているのも、他のグレードにはないカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする