新型ステップワゴン特別仕様車の内装【実車画像でインパネやシート、荷室を徹底解剖】

2018年12月、ホンダの人気ミニバンの新型ステップワゴン(STEPWGN)に、ブラック基調の特別仕様車ブラックスタイル(BLACK STYLE)が加わりました。

今回新発売された特別仕様車は、ブラッククリア塗装を施した専用デザインのホイールを採用するなど、ブラックを前面に押し出した外装・エクステリアに…。標準仕様よりも大人っぽいクールな見た目になっていました。

>>> ステップワゴン ブラックスタイルの外装の実車画像レビュー【ちょいワル感が魅力!?】

また、内装・インテリアも専用デザインとなっており、標準仕様とは一味異なる雰囲気に…。

2018年6月にデビューを果たした新型ステップワゴン(STEPWGN)の特別仕様車”ブラックスタイル(BLACK STYLE)”の内装・インテリアは、どのようなデザインだったのか?また、どのような特徴があったのか?

インパネやシートのデザインなど、実車画像を使って特別仕様車”ブラックスタイル(BLACK STYLE)”の内装・インテリアを徹底レビューします。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴンの特別仕様車の内装:運転席周り/インパネをチェック

新型ステップワゴンの特別仕様車”ブラックスタイル(BLACK STYLE)”のインパネ・運転席周りのデザインは、このようなデザインになっています。

■新型ステップワゴン ブラックスタイルのインパネ

今回私が見た特別仕様車”ブラックスタイル(BLACK STYLE)”は、ハイブリッドモデルだったのですが、基本的な内装のデザインや装備は、ベースとなっている”ハイブリッドG EXグレード”と同じになっています。

例えば、シフトレバーは、他のハイブリッド車と同様に電子式のシフトレバーを標準装備。

■特別仕様車のシフトレバー

また、運転席と助手席の間には、スマホやiPhoneなどを充電するのにべんりなUSBポート付きのセンターコンソールボックスを用意。

■特別仕様車のセンターコンソールボックス

ただ、個人的には、運転席の足元に用意されているアクセルとブレーキペダルは、シンプルなゴム製ではなく、アルミ製のスポーツペダルにして貰いたかったです。

■特別仕様車のアクセル&ブレーキペダル

インパネの基本的なデザインは、ベースの”ハイブリッドG EXグレード”と同じ

今回新発売された新型ステップワゴン(STEPWGN)の特別仕様車”ブラックスタイル(BLACK STYLE)”のインパネの基本的なデザインは、ベースとなっている標準仕様と同じになっています。

例えば、私が見たブラックスタイルのハイブリッド車では、”ハイブリッド G EXグレード”と同様にカーボン調のパネルを採用。

■特別仕様車のダッシュボードのデザイン

また、ダッシュボードの縁の部分には、シルバーのモールディングを採用しており、スタイリッシュな内装・インテリアになっていました。

ハンドルはブラックスタイル専用デザインに…

このようにこの特別仕様車の”ブラックスタイル(BLACK STYLE)”のインパネは、ベースとなっている”G EXグレード”と全く同じデザインになっていましたが、唯一違うところが…。

それは、ハンドル・ステアリングホイールのデザインです。

■特別仕様車のハンドル

ベースとなっている”G EXグレード”と同じ本革巻きのハンドルを採用している特別仕様車”ブラックスタイル(BLACK STYLE)”ですが、ハンドルに施されているステッチがパープルカラーに…。

パープルのステッチを施していた新型ステップワゴン(STEPWGN)のハンドル・ステアリングホイールは、他のグレードよりも大人っぽいデザインになっていました。

新型ステップワゴンの特別仕様車の内装:シートのデザインをチェック

新型ステップワゴン(STEPWGN)の特別仕様車”ブラックスタイル(BLACK STYLE)”のシートは、どのようなデザインになっていなのでしょうか?

この特別仕様車”ブラックスタイル(BLACK STYLE)”のシートは、このようなデザインになっていました。

■特別仕様車のフロントシート

■特別仕様車の2列目シート

■特別仕様車の3列目シート

レザーのような質感があるプライムスムースをシートサイドに施したコンビシートを採用しているのは、標準モデルと同じになっています。

ただ、特別仕様車の”ブラックスタイル(BLACK STYLE)”では、座面と背もたれの中央部分にパープルのアクセントラインをあしらったデザインに…。

また、シートサイドのステッチもパープルとなっており、ベースとなっている”ハイブリッド G EXグレード”よりも大人っぽい雰囲気を醸し出していました。

ただ、個人的には、シートだけではなく、ピラーやルーフもブラックにしても良かったのかなと思いました。

シートアレンジや座り心地など、使い勝手に違いは無し

このようにパープルをあしらった専用デザインのブラックスタイルのシートですが、座り心地や使い勝手に関しては、標準仕様と全く同じでした。

例えば、この特別仕様車の2列目シートには、標準仕様と同様にシートの前後位置を調整できるスライド機能が用意されています。

また、フロントシートの後方には、シートバックテーブルが備わるなど、機能や装備、使い勝手も標準仕様と同じになっています。

なので、新型ステップワゴン(STEPWGN)の特別仕様車”ブラックスタイル(BLACK STYLE)”を購入しても、機能面や装備面、使い勝手で困る事はないですよ。

新型ステップワゴンの特別仕様車の荷室の使い勝手&広さをチェック

新型ステップワゴン(STEPWGN)の特別仕様車”ブラックスタイル(BLACK STYLE)”でも、このクルマの特徴でもある縦にも横にも開け閉めできる”わくわくゲート”が標準装備されています。

■特別仕様車のわくわくゲート

また、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手やアレンジも、標準仕様と全く同じになっています。

■特別仕様車の荷室アレンジ

この特別仕様車の3列目シートは、標準仕様と同様に床下に収納できる方式を採用。

3列目シート収納時、まるでシートを取り外したようにスッキリと広々とした荷室・ラゲッジスペースになるのは、良いですよね。

ライバル車・競合車よりも使い勝手が良くなっている荷室・ラゲッジスペースは、新型ステップワゴン(STEPWGN)の魅力&メリットの一つなのだなと、改めて思いました。

ちなみに、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの広さ・サイズを確認したい方は、コチラの記事を参考にしてみてくださいね。

>>> 【車中泊も可能!?】新型ステップワゴンの荷室サイズを確認してみた

2018年12月にデビューを果たした新型ステップワゴン(STEPWGN)の特別仕様車”ブラックスタイル(BLACK STYLE)”の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

今回新発売された特別仕様車の”ブラックスタイル(BLACK STYLE)”の内装・インテリアは、外装ほど大きな違いはありません。

ただ、シートやハンドルにパープルのアクセントカラーを施した”ブラックスタイル(BLACK STYLE)”は、他のグレードとは一味異なる大人っぽいデザインになっていました。

黒メッキを施したフロントグリルなど、外装のパーツや装備が注目を集めている新型ステップワゴン(STEPWGN)の”特別仕様車”ブラックスタイル(BLACK STYLE)”ですが、大人っぽいシックな雰囲気になった内装・インテリアにも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする