シンプルだけど使い勝手は抜群!新型ヴェゼルのシートアレンジを実車画像でチェック

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に用意されているシートアレンジは、トヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)などの競合車・ライバル車と比較すると、非常にシンプルです。

ただ、この新型モデルは、競合車・ライバル車よりも車内空間が広いこともあり、各シートアレンジの使い勝手は抜群に良いです。

そんな新型モデルは、どのようなシートアレンジを用意していたのでしょうか?また、各シートアレンジの使い勝手&快適性は、どうだったのでしょうか?

新しく生まれ変わったホンダの人気SUV新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に用意されているシートアレンジを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェゼルのシートアレンジの特徴&注目ポイント【競合車とココが違う】

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に用意されているシートアレンジは、次のような特徴&魅力がありました。

6対4分割方式の後部座席を活かしたシートアレンジを用意

新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、後部座席の中央部分のみを収納することができる4対2対4分割方式の後部座席を採用していました。

■4対2対4分割方式の後部座席を採用している新型ヤリスクロス

しかし、今回デビューを果たした新型モデルは、後部座席の中央部分を収納することができる4対2対4分割方式の後部座席ではなく、オーソドックスな6対4分割方式の後部座席を採用。

■6対4分割方式の後部座席を採用している新型ヴェゼル

そのため、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)よりもシンプルなシートアレンジになっていました。

新型ヴェゼルでリフレッシュモードは難しい

先代モデルは、裏技的にフロントシートの背もたれと後部座席の座面を密着させて、足を伸ばして座れるリフレッシュモードにすることができました。

■先代モデルのリフレッシュモード

画像引用:https://minkara.carview.co.jp/

しかし、今回デビューを果たした新型モデルのフロントシートの背もたれのサイズや、フロントシートをリクライニングした時の後部座席との重なり具合をみる限りでは、先代モデルのようなリフレッシュモードにするのは、少し難しいのかなと感じました。

新型ヴェゼルのシートアレンジ【実車画像で使い勝手&快適性をチェック】

このような特徴を備えていた新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のシートアレンジですが、実際にシートをアレンジしてみると、どのような感じになるのでしょうか?

先日、この新型モデルを試乗した際、シートアレンジの使い勝手や快適性を確認してきたので紹介します。

5人乗車モード【新型ヴェゼルのシートアレンジ1】

後部座席を収納しない5人乗車モードの時の新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、このような感じになります。

■新型ヴェゼルの5人乗車モード

今回デビューを果たした新型モデルは、フロントシート/後部座席ともに競合車・ライバル車よりもサイズが大きいこともあり、ゆったりとした座り心地に…。

また、後部座席まわりの頭上空間(ヘッドクリアランス)は先代モデルよりも少し狭くなってしまいましたが、足元空間(ニークリアランス)は相変わらず広く、窮屈感を感じることなく過ごせるのも好印象でした。

4人乗車モード【新型ヴェゼルのシートアレンジ2】

後部座席の背もたれの肩口に備わっているレバーでロックを解除して、後部座席の右側(運転席側)を収納すると、このような感じの4人乗車モードとなります。

■新型ヴェゼルの後部座席収納レバー

■新型ヴェゼルの4人乗車モード

今回でデビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、ホイールハウスの張り出しが小さいため、荷物が積み込みやすい感じが…。

ただ、この新型モデルは、収納した後部座席が足元に沈み込む”ダウンダイブ”を採用していることもあり、後部座席の片側を収納した状態で後部座席に座ると、足回りが少し窮屈に感じるのが気になるところでした。

3人乗車モード【新型ヴェゼルのシートアレンジ3】

また、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の後部座席の左側(助手席側)を収納すると、フロントシートに2人、後部座席に1人乗車をする3人乗車モードになります。

■新型ヴェゼルの3人乗車モード

3人乗車モードにすると、荷室・ラゲッジスペースがかなり広くなりますね。

競合車・ライバル車の中には、後部座席のシートサイズが小さいため、3人乗車モードにした状態で後部座席に座ると、少し窮屈感を感じるクルマもあります。

しかし、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、6対4分割方式の”4″の方のシートサイズも十分に大きく、窮屈感を感じることなく座ることができたのは好印象でした。

2人乗車モード【新型ヴェゼルのシートアレンジ4】

また、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の後部座席をすべて収納すると、荷室・ラゲッジスペースの広さを最優先にした2人乗車モードになります。

■新型ヴェゼルの2人乗車モード

後部座席を収納すると荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、かなり広くなりますね。

また、競合車・ライバル車の中には、後部座席を収納すると、荷室フロアが手前下がりに傾斜するクルマもあります。

しかし、今回デビューを果たした新型モデルは、後部座席を収納した際、ほぼフルフラットな荷室・ラゲッジスペースになるのも好印象でした。

ちなみに、広くて使い勝手が良さそうな新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の荷室・ラゲッジスペースのサイズを確認したい方は、こちらの記事を確認してみてください。

競合車・ライバル車と比較しながら、この新型モデルの荷室サイズを紹介していますよ。

チップアップモード【新型ヴェゼルのシートアレンジ5】

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、先代モデルと同様に後部座席の座面を持ち上げて、背もたれにくっつけて折りたたむことができる”チップアップ機能”を備えています。

■後部座席をチップアップした時の様子

後部座席の座面を跳ねあがて持ち上げると、後部座席の足元空間を収納スペースとして活用することができます。

今回デビューを果たした新型モデルは、荷室開口部が傾斜をしているため、背の高い荷物の積み込みには不向きです。

なので、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に背の高い荷物を積み込みたい時には、荷室・ラゲッジスペースではなく、チップアップをした後部座席まわりを活用した方が良いのかなと思いました。

まとめ:シンプルだけど使い勝手&快適性に優れる新型ヴェゼルのシートアレンジ

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に用意されているシートアレンジを確認してみたところ、このようになっていました。

競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CORSS)などと比較すると、この新型モデルのシートアレンジは、非常にシンプルです。

ただ、今回デビューを果たした新型モデルは、車内空間が広いこともあり、シートをアレンジした時の使い勝手&快適性は、競合車・ライバル車よりも優れているように感じました。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のシートアレンジにも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02