視認性で物足りなさも…【新型ヴェゼルはルームミラーを実車画像で徹底解剖】

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、全方位的に進化を遂げていましたが、後方の視界&視認性も大幅に進化を遂げていました。

ただ、視認性や使い勝手で少し気になるところも…。

そんな新型モデルのルームミラーは、どのようなデザインをしていたのでしょうか?また、実際にこの新型モデルのルームミラーを使用してみて、気になったところは、どこだったのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に備わっているルームミラーのデザインや見やすさ、機能性を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェゼルのルームミラーのデザインをチェック

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、2つのタイプのルームミラーを用意しており、グレードによって、デザインや機能が異なります。

上位モデルはフレームレス仕様のルームミラーを採用

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の上位モデルに位置をするハイブリッド車の”Zグレード”と”PLay(プレイ)”のルームミラーは、このようなデザインをしています。

■上位モデルのルームミラー

今回デビューを果たした新型モデルの上位グレードに位置をする”Zグレード”&”PLay(プレイ)”では、今までのホンダ車では見たことがないフレームレスのルームミラーを採用。

“Zグレード”や”PLay(プレイ)”のフレームレス仕様のルームミラーは、後方に備わっているホンダ センシング(HONDA SENSING)のカメラやユニットを隠すようなデザインになっており、スッキリとした見た目になっているのが好印象でした。。

また、ルームミラーに備わっている機能も注目ポイントの一つです。

新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の上位モデルのルームミラーは、後続車のヘッドライトの光を検知すると、眩しさを自動的に抑えてくれる”自動防眩機能”を搭載。

夜間ドライブ時でも、安心して運転することができるのも、下位モデルのルームミラーとの大きな違いの一つでした。

オーソドックスな下位モデルのルームミラー

一方、こちらは、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のハイブリッド車の下位モデルに位置をする”Xグレード”と、ガソリン車”Gグレード”のルームミラーです。

■下位モデルのルームミラー

上位モデルでは、スッキリとしたフレームレスのルームミラーを採用していましたが、下位モデルに位置をする”Xグレード”や”Gグレード”では、フレームがあるオーソドックスなデザインのルームミラーを標準装備。

また、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の下位モデルは、手動タイプの玄昉ミラーを採用。

そのため、下位モデルでは、後続車のヘッドライトが眩しいと感じた時には、ルームミラーの下に備わっているレバーを自分で操作をして、眩しさを抑えないといけないのでご注意くださいね。

新型ヴェゼルのルームミラーは見やすい?【視認性をチェック】

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の上位モデルのルームミラーは、スタイリッシュなフレームレス仕様になっていましたが、ルームミラーの視認性は、競合車・ライバル車よりも劣るように感じました。

なぜこの新型モデルのルームミラーの視認性&見やすさは、競合車・ライバル車よりも劣るのでしょうか?

私がこの新型モデルのルームミラーを使用して気になったところを、包み隠さずお話したいと思います。

ルームミラーの見える範囲が狭い

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のルームミラーで気になったのは、見える範囲の狭さです。

日産の新型キックス(KICKS)など、競合車・ライバル車のルームミラーは、長方形のような横に長いデザインになっていたんですよね。

■新型キックスのルームミラー

そのため、ルームミラーで確認する範囲が広く、運転をしていて安心感がありました。

しかし、フルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のルームミラーは、長方形というよりも逆台形のようなデザインに…。

また、この新型モデルのルームミラーは、フレームレスのデザインになっていますが、フレームまわりのカラーがメイン部分と異なります。

■新型ヴェゼルのルームミラー

そのため、視認性に若干の違和感が…。

せっかくスタイリッシュなフレームレスのミラーを採用しているのなら、フレームのギリギリまで普通のミラーにしても良かったのかなと思いました。

デジタルインナーミラーの視認性も気になる

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、ディーラーオプションで、クルマの後方に搭載したカメラ映像を映しだす”デジタルインナーミラー(アドバンスドルームミラー)”を用意しています。

■新型ヴェゼルのデジタルインナーミラー

後部座席の同乗者や荷室・ラゲッジスペースに積み込んだ荷物に後方の視界を妨げられないなど、オプションで用意されているデジタルインナーミラー(アドバンスドルームミラー)には、オーソドックスなルームミラーにはないメリットはあります。

ただ、この新型モデルに用意されているこのデジタルインナーミラー(アドバンスドルームミラー)は、カメラモードにした時のベゼル(映像が映っていない部分の黒い枠)が大きく、スタイリッシュさに欠けるような感じが…。

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもある日産の新型キックス(KICKS)に用意されているインテリジェントルームミラーは、このようなデザインをしています。

■新型キックスのインテリジェントルームミラー

日産からデビューを果たした新型キックス(KICKS)のインテリジェントルームミラーは、端まで鏡面(液晶ディスプレイ)になっていることもあり、見た目のスタイリッシュさや視認性が全然ちがいますよね。

新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に用意されているデジタルインナーミラー(アドバンスドルームミラー)は、後部座席の乗員や荷室の荷物に妨げられることなく後方の視界を確認することができるのでとても良いアイテムです。

ただ、競合車・ライバル車の一つでもある日産の新型キックス(KICKS)に用意されているインテリジェントルームミラーと比較すると、デザインや視認性で少し見劣りするのかなと思いました。

まとめ:視認性で少し物足りなさを感じる新型ヴェゼルのルームミラー

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に用意されているルームミラーは、このようなデザイン&視認性になっていました。

■新型ヴェゼルのルームミラーのまとめ

・上位モデルはフレームレス&自動玄昉ルームミラーを採用
・下位モデルは、手動玄昉ルームミラーを採用
・ルームミラーの視認性は競合車よりも劣る
・オプションでアドバンスドルームミラーに変更が可能

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルの上位グレードでは、スッキリとしたフレームレスのルームミラーを標準装備。

ただ、ルームミラーの視認性や機能性は、競合車・ライバル車よりも少し劣るように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02