使い勝手が悪くなった?新型ヴェゼルのアームレストを実車画像で徹底レビュー

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダのコンパクトSUV新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、アームレストを全グレードに用意しています。

しかも、この新型モデルに用意されているアームレストは、思ったよりも豪華な作りになっていました。

ただ、使い勝手に関しては、先代モデルよりも劣るような感じが…。

今回デビューを果たした新型モデルに用意されているアームレストは、どのようなデザインをしていたのでしょうか?この新型モデルのアームレストの不満点、残念だったところは、どこだったのでしょうか?

新しく生まれ変わったホンダの人気SUV新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のアームレストを徹底解剖したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェゼルのフロントシートのアームレストをチェック

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、センターコンソールの後方に運転席&助手席用のアームレストを全グレードに標準装備しています。

■新型ヴェゼルのフロントシート用アームレスト

競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタの新型ヤリスクロス(YARISCROSS)では、フロントシート用のアームレストが標準装備されていないことを考えると、これはかなり嬉しいですよね。

また、この新型モデルのフロントシート用のアームレストは、次のような特徴を備えていました。

アームレストのカラーは2種類用意

今回デビューを果たした新型モデルは、グレードによってアームレストのカラーが異なります。

こちらは、最上位モデルに位置をする”PLaY(プレイ)”に標準装備されているアームレストです。

■プレイのアームレスト

この新型モデルの最上位グレード”PLaY(プレイ)”では、ダッシュボードやシートのカラーと同じアイボリーカラーのアームレストを標準装備。

一方、それ以外のハイブリッド車やガソリン車のGグレードでは、オーソドックスなブラックカラーのアームレストとなっていました。

■プレイ以外のグレードのアームレスト

アームレストの表皮にはソフトパッドを採用

しかも、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、ソフトパッドを表皮に採用したアームレストを全グレードに標準装備しています。

■アームレストに採用されているソフトパッド

上位モデルに位置をする”PLaY(プレイ)”や”Zグレード”だけではなく、下位モデルに位置をする”Xグレード”やガソリン車の”Gグレード”でも、弾力性があり、肌触りの良いソフトパッドを採用しているのは、かなり嬉しいですよね。

また、アームレストにソフトパッドを採用しているおかげで、車内の高級感&上質感がグッと高まっているように感じました。

スライド機能の用意はなし

このように高級感がただようデザインになっていた新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のアームレストですが、先代モデルよりも使い勝手で劣る部分もありました。

それは、アームレストの位置を調節することができるスライド機能です。

先代モデルのヴェゼルのアームレストは、前後の位置を調節することができるスライド機能を備えていたんですよね。

■先代モデルのアームレスト

なので、小柄な女性でもストレスなくアームレストを使用することができました。

しかし、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のアームレストは、前後の位置を調節することができるスライド機能のないシンプルなデザインに…。

先代モデルに備わっていたアームレストのスライド機能は便利だと思っていただけに、この新型モデルのアームレストの機能性&使い勝手で少し物足りなさを感じてしまいました。

新型ヴェゼルの後部座席のアームレストをチェック

また、2021年4月にデビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、後部座席の中央に引き出して使用をするリヤセンターアームレストを全グレード標準装備しています。

■新型ヴェゼルのリヤセンターアームレスト

そんな新型モデルのリヤセンターアームレストの魅力や特徴、残念なところを包み隠さずお話したいと思います。

リヤセンターアームレストの表皮はグレードで異なる

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の後部座席の中央に備わっているリヤセンターアームレストの素材は、グレードによって異なります。

上位モデルに位置をする”PLaY(プレイ)”や”Zグレード”など、シートにプライムスムースを採用しているモデルでは、リヤセンターアームレストもプライムスムース素材に…。

■プライムスムース素材のリヤセンターアームレスト

一方、ハイブリッド車の”Xグレード”やガソリン車の”Gグレード”のリヤアームレストは、ファブリック素材に…。

■ファブリック素材のリヤセンターアームレスト

そのため、この新型モデルの上位モデルと下位モデルでは、リヤセンターアームレストに腕を置いた時の感触に違いがありました。

リヤセンターアームレストにはドリンクホルダーを2個設置

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のリヤセンターアームレストの注目ポイントの一つは、ドリンクホルダーが2つ用意されたことです。

■リヤセンターアームレストのドリンクホルダー

しかも、この新型モデルのドリンクホルダーは、収納スペースとしても使えるように工夫が施されています。

先代モデルのリヤセンターアームレストは、サイズが小さかったこともあり、ドリンクホルダーなどの用意はなかったんですよね。

■先代モデルのリヤセンターアームレスト

後部座席から手を伸ばしやすい位置にドリンクホルダーが用意されているのは、この新型モデルの良いところの一つなのかなと思いました。

安定感&丈夫さはイマイチ

そんな新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のリヤセンターアームレストで少し残念だったのは、安定感&丈夫さです。

先代モデルのリヤセンターアームレストは、サイズは少し小さいものの、高さもちょうど良く、水平状態をキープしてくれたおかげで、非常に使い勝手が良かったですよね。

一方、この新型モデルのリヤセンターアームレストは、先代モデルよりも位置が低く、また、手前にダラリと垂れ下がっています。

■新型ヴェゼルのリヤセンターアームレスト

そのため、アームレストとしてあまり機能していない感じが…。

先代モデルよりもリヤセンターアームレストのサイズが大きくなったのは良かったのですが、アームレストとしての使い勝手は、先代モデルの方が優れているように感じました。

まとめ:使い勝手に少し物足りなさを感じる新型ヴェゼルのアームレスト

2021年4月にデビューを果たしたホンダの新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のアームレストのデザインや使い勝手は、このようになっていました。

■新型ヴェゼルのアームレストのまとめ

・センターコンソールに前席用のアームレストを用意
・前席用のアームレストには肌触りの良いソフトパッドを採用
・後席中央にはドリンクホルダー付きのアームレストを用意

この新型モデルのアームレストは、先代モデルのようなスライド機能がなくなるなど、使い勝手&機能面で少し物足りなさが…。

ただ、今回デビューを果たした新型モデルでは、ソフトパッドをあしらったアームレストを全グレード標準装備するなど、競合車・ライバル車よりも豪華な仕様になっていたのは、好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02