新型ヴェゼルのドライブモードスイッチが使いやすくなった【進化のポイントを徹底解説】

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は全方位的に進化を遂げましたが、ドライブモードスイッチです。

今回デビューを果たした新型モデルに用意されているドライブモードは、先代モデルと全く同じになっています。

■新型ヴェゼルに用意されているドライブモード

・スポーツモード (SPORTモード)
・ノーマルモード (NORMALモード)
・イーコンモード (ECONモード)

ただ、先代モデルよりもドライブモードの切り替えの操作感が良くなっていました。

今回デビューを果たした新型モデルのドライブモードスイッチは、先代モデルと比較して、どこが進化をしたのでしょうか?また、新しく生まれ変わったこの新型モデルのドライブモードスイッチの使い勝手&操作感は、どうだったのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に用意されているドライブモードスイッチのデザインや使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェゼルのドライブモードスイッチのデザイン&設置場所をチェック

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のドライブモードスイッチは、このようなデザインをしています。

■新型ヴェゼルのドライブモードスイッチ

この新型モデルに用意されているドライブモードスイッチは、シルバーの塗装が施されており、特別感があるのが好印象でした。

先代モデルはスイッチの設置場所に問題があり

先代モデルのヴェゼル/ベゼル(Vezel)では、今回デビューを果たした新型モデルとは異なり、”スポーツモード(SPORTモード)”と”ECONモード(イーコンモード)”で別々のスイッチを用意していたんですよね。

個人的には、”スポーツモード(SPORTモード)”と”ECONモード(イーコンモード)”で別々のスイッチを採用していることに関しては、何の不満もありません。

ただ、先代モデルでは、この2つのスイッチが設置されている場所が全然違うため、操作性&使い勝手の悪さを感じました。

■ハンドルの右側のスイッチベースに設置のECONモードスイッチ

■センターコンソールに設置のスポーツモードスイッチ

新型ヴェゼルはドライブモードスイッチを一つに集約

一方、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)では、”スポーツモード(SPORTモード)”と”ECONモード(イーコンモード)”のスイッチを一つのドライブモードスイッチに集約。

■一カ所に集約された新型ヴェゼルのドライブモードスイッチ

また、ドライブモードスイッチを運転席から手が届きやすいセンターコンソール部分に設置したのも好印象でした。

新型ヴェゼルのドライブモードスイッチの操作性&使い勝手をチェック

先代モデルと異なり、一つに集約された新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のドライブモードスイッチですが、実際に操作をしてみると、思ったよりも良かったです。

この新型モデルのドライブモードスイッチは、どこが優れていたのでしょうか?

実際にこの新型モデルのドライブモードスイッチを使用をしてみて良いと思ったところを、包み隠さずお話したいと思います。

スイッチの操作性の良さ【魅力&メリット1】

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のドライブモードスイッチを実際に使用してみて良いと思ったのが、操作性の良さです。

センターコンソールに用意されていた先代モデルのスポーツモードのスイッチは、サイズが小さいく、また、プッシュ式のスイッチとなっていたため、操作性があまり良くなかったんですよね。

しかし、今回デビューを果たした新型モデルでは、上下にカチカチとスライドするレバータイプのスイッチを採用。

■新型ヴェゼルのドライブモードスイッチ

このレバータイプのスイッチは直感的に操作ができるため、運転中の操作もしやすいです。

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)では、ドライブモードスイッチの下に急こう配の下り坂を運転する際に重宝をするヒルディセントコントロールスイッチなども用意されているのですが、スイッチの形が違うため、押し間違える心配がないのも好印象でした。

メーターとの連動【魅力&メリット2】

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)では、ドライブモードスイッチを操作すると、このようにメーターの右側のマルチインフォメーションディスプレイに操作状況が大きく表示してくれます。

■ドライブモードスイッチを操作時のメーターの様子

そのため、運転中のドライブモード切替操作も、スムーズに行うことができました。

また、今回デビューを果たした新型モデルでは、各ドライブモードに特別なグラフィック演出が用意されているのも、先代モデルとの大きな違いの一つかなと思いました。

■ノーマルモード時のメーターのグラフィック

■スポーツモード時のメーターのグラフィック

■ECONモード時のメーターのグラフィック

ECONモードの扱い【魅力&メリット3】

また、フルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)を試乗していて良いと思ったのが、ECONモード(イーコンモード)の扱いです。

今回デビューを果たした新型モデルでは、ECONモードの状態でエンジンを切ったら、次にエンジンを立ち上げた時もECONモードの状態をキープしてくれます。

なので、エンジンを立ち上げるたびにドライブモードスイッチを操作して、ノーマルモードからECONモードに切り替える必要はありません。

このECONモードに切り替える手間がかからないのは、ECONモードをメインで運転する人には、意外と便利なのかなと思いました。

ちなみに、スポーツモード(SPORTモード)の状態でエンジンを切ると、ノーマルモードに戻ってしまうので、ご注意くださいね。

まとめ:操作性&使い勝手が良くなった新型ヴェゼルのドライブモードスイッチ

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの人気SUV”新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)”のドライブモードスイッチの操作性&使い勝手を確認したところ、このようになっていました。

■新型ヴェゼルのドライブモードスイッチのまとめ

・ドライブモードスイッチをセンターコンソールに集約
・各ドライブモードは、特別なグラフィック演出を用意
・ECONモードは、エンジン停止後もその状態をキープ

今回デビューを果たした新型モデルは、先代モデルとは異なり、ドライブモードスイッチを一か所に集約してくれたおかげで、また、他とは異なるスイッチ形状にしてくれたおかげで、操作感&使い勝手が良くなった感じが…。

また、低燃費な走りをサポートしてくれるECONモード(イーコンモード)に設定すると、エンジン停止後もずっとECOモードの状態をキープしてくれるようになっているのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02