新型ヴェゼルの自動ブレーキはココが凄い【特徴や魅力、競合車との違いを徹底レビュー】

2021年4月にデビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)は、イザと言う時にドライバーと同乗者の身を守ってくれる自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ)が全グレードに標準装備されています。

しかも、この新型モデルに搭載されている自動ブレーキは最新バージョンと言うこともあり、競合車・ライバル車にはない機能も備えていました。

そんな新型モデルの自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ)は、どのような性能を備えているのでしょうか?また、この新型モデルの自動ブレーキは、夜間の歩行者や自転車なども検知できるようになっているのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ)の性能や特徴、競合車よりも優れているところを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

自転車や歩行者も検知できる?【新型ヴェゼルの特徴&注目ポイントをチェック】

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ)には、次のような特徴を備えていました。

単眼カメラのみで周囲を検知

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)と先代モデルで大きく異なるのは、検知方法です。

先代モデルは、ミリ波レーダーと単眼カメラを使って、前方を走っているクルマなどを検知する自動ブレーキを標準装備していました。

しかし、今回デビューを果たした新型モデルでは、ミリ波レーダーを使用せず、単眼カメラのみで周囲を検知するタイプへ進化をしました。

■新型ヴェゼルの単眼カメラ

「えっ?単眼カメラだけで大丈夫なの?」

と、不安に感じる方もいるかもしれません。

ただ、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)では、他の車種に搭載されているカメラよりも検知できる範囲が広い広角カメラを搭載しています。

そのため、検知能力&性能は、先代モデルよりも格段に良くなっているそうですよ。

夜間の歩行者も検知

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ)の注目ポイントの一つは、歩行者の検知能力です。

今回デビューを果たした新型モデルの自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ)は、カメラの検知能力が向上したこともあり、街灯がない場所での夜間の歩行者も検知できるようになったそうです。

目視では確認しにくい夜間の歩行者を検知してくれるのは、かなり助かりますよね。

このように歩行者の検知能力が良くなったのは、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ)の注目ポイントの一つですよ。

自転車も検知

また、自転車に対する対応も、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ)の注目ポイントの一つです。

競合車・ライバル車の中には自転車を検知することができない自動ブレーキを備えている中、この新型モデルの自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ)は、道路を横断する自転車にも対応。

ただ、この新型モデルに用意されている自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ)は、自転車を検知できるのは昼間のみとなっています。

夜間の自転車は検知することができないので、ご注意くださいね。

新型ヴェゼルは交差点でも自動ブレーキが作動

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の自動ブレーキの注目ポイントの一つが、交差点での対応です。

この新型モデルでは、カメラの検知範囲が広くなったこともあり、右折をする際に接近をしてくる対向車を検知。

衝突する可能性があるとクルマ側が判断した場合、警告音で注意を喚起するとともに、自動ブレーキを作動させて、事故の回避&軽減を図ってくれます。

交差点での右折が苦手な人には、このような機能は助かりますよね。

ちなみに、交差点で右折する際の対向車に対応している自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ)を搭載しているコンパクトSUVは、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)とトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)のみです。

このように最新の機能を備えているのも、今回デビューを果たした新型モデルの自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ)の魅力&注目ポイントの一つなのかなと思いました。

新型ヴェゼルの自動ブレーキは時速何kmから対応?【性能&信頼性をチェック】

また、自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ)が作動する速度の範囲が広さも、競合車・ライバル車よりも優れているところの一つです。

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ)は、時速何kmから作動するようになっているのでしょうか?

この新型モデルの自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ)の優れた作動条件を、紹介したいと思います。

新型ヴェゼルの自動ブレーキは時速約5km/h以上から作動

今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)に備わっている自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ)の作動条件を確認したところ、時速約5km/h以上で走行中に車両や歩行者、自転車などを検知できるようになっていました。

実は時速5km/h以上で自動ブレーキが作動ご言うのは、普通と思うかもしれませんが、実はこれって、かなりスゴイことなんですよ。

競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に備わっている自動ブレーキは、時速約10km/h以上で走行しないと作動しないので…。

低速域からしっかりと自動ブレーキが作動するのは、競合車・ライバル車にはないこの新型モデルの自動ブレーキの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

新型ヴェゼルの自動ブレーキは対応範囲の上限はなし

また、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)で印象的だったのは、自動ブレーキが作動する上限スピードです。

競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CORSS)の自動ブレーキは、歩行者を検知することができるのが、時速約80km/hまでと上限が決まっていました。

しかし、今回デビューを果たした新型モデルに備わっている自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ)は、作動する速度の上限はなし。

新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)とは異なり時速100km/hで走行中も、歩行者を検知して、衝突をするおそれがあると判断した場合は、自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ)を作動してくれます。

このように自動ブレーキが作動する上限スピードを設けていないのも、今回デビューを果たした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ)よりも良いところの一つなのかなと思いました。

まとめ:最新の自動ブレーキを備えてしる新型ヴェゼル

2021年4月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ)の性能&信頼性を確認したところ、このようになっていました。

■新型ヴェゼルの自動ブレーキのまとめ

・広角カメラで前方の車両などを検知
・無街灯の夜間の歩行者も検知可能
・交差点を右折時にも対応
・時速約5km/hから自動ブレーキを作動
・自動ブレーキの作動の上限スピードはなし

今回デビューを果たした新型モデルは、夜間の歩行者や昼間の自転車にも対応できる最新の自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ)を搭載。

また、この新型モデルの自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ)は、競合車・ライバル車よりも作動範囲が広く、あらゆる場面で活躍してくれそうなのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02