イザという時も安心!新型ヤリスクロスの最新の安全装備の特徴や性能を確認してみた

トヨタの人気コンパクトSUVの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)では、”トヨタセーフティセンス”をはじめ、様々な安全装備システムが標準装備されています。

しかも、このクルマは、2020年8月に発売された最新モデルと言うこともあり、最新の安全装備システムが装着されています。

なので、自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)など、この新型モデルの安全装備は、競合車・ライバル車よりも優れているところも…。

そんな新型モデルは、どのような安全装備を備えているのでしょうか?また、この新型モデルに用意されている安全装備は、競合車・ライバル車よりもドコが優れていたのでしょうか?

2020年8月にトヨタからデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の安全装備システムの魅力や特徴を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

どうやって周囲を検知?【新型ヤリスクロスの安全装備の特徴をチェック】

車種やメーカーによって、自車の周囲を検知をするのに使用するアイテム(=センサー)が異なりますが、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、どのアイテムを使用して、周囲のクルマや歩行者、車線をモニタリングするのでしょうか?

新型ヤリスクロスはモニタリングに2つのアイテムを使用

この新型モデルでは、正確に物体の種類を識別するのに強さを発揮する”単眼カメラ”対象物の位置や速度の測定に強い”ミリ波レーダー”の2つのアイテムで、周囲のクルマなどをモニタリングします。

■新型ヤリスクロスの単眼カメラ

■新型ヤリスクロスのミリ波レーダー

そして、このミリ波レーダーと単眼カメラの画像データを組み合わせることによって、安心安全なドライブをサポートしているとのことでした。

衝突回避をサポートしてくれるアイテム【新型ヤリスクロスの安全装備1】

単眼カメラとミリ波レーダーを組み合わせて周囲のクルマや歩行者などを検知する新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)ですが、次のような衝突事故を回避&被害の軽減をする機能を備えていました。

■衝突回避をサポートする安全装備システム

・自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティ)
・インテリジェントクリアランスソナー
・リヤクロストラフィックオートブレーキ
・緊急時操舵支援機能(ESA)

今回デビューを果たした新型モデルでは、運転中の事故や衝突を回避&被害を軽減してくれるアイテムとして、どのような機能を備えていたのでしょうか?

この新型モデルに用意されている事故の衝突回避&被害の軽減を図る機能やアイテムを紹介したいと思います。

事故を未然に防いでくれる”自動ブレーキ”

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に用意されている安全装備の一つが、ミリ波レーダーと単眼カメラが車両や歩行者などを検知して、衝突の可能性がある場合には、警報で回避を促してくれる”自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティ)”です。

多くのクルマに搭載されている”自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティ)”ですが、この新型モデルの自動ブレーキは、右左折時のも周囲のクルマを検知してくれるなど、競合車・ライバル車のものよりも性能が高くなっていたのが好印象でした。

踏み間違い事故を防ぐ”インテリジェントクリアランスソナー”

新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に用意されている”インテリジェントクリアランスソナー”とは、車を停車する時、ペダルの踏み間違えやシフトレバーの入れ間違いで起こる事故を未然に防いでくれる機能です。

【自動ブレーキ】インテリジェントクリアランスソナー説明動画【Toyota Safety Sense】

時々ニュースでアクセルとブレーキの踏み間違えで、スーパーやコンビニにクルマが衝突した。と言うニュースを見かけますよね。

この新型モデルに用意されているインテリジェントクリアランスソナーは、低速で走行時、壁などの障害物にクルマが衝突すると判断した場合、警告音を発するとともにブレーキを作動して、このような事故を未然に防いでくれますよ。

後方視界を確保する”リヤクロストラフィックオートブレーキ”

新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に用意されている”リヤクロストラフィックオートブレーキ”とは、バックで出庫している際、左右後方から接近してくる車を検知して、お知らせしてくれる機能です。

また、衝突すると自動車側が判断した場合、自動的にブレーキを作動させてくれます。

ヤリス(リヤクロストラフィックオートブレーキ)

バックで出庫する際、隣の駐車スペースに停車しているクルマがあると死角が多くて、左右後方から接近してくるクルマが確認しにくいですよね。

しかし、この新型モデルに用意されている”リヤクロストラフィックオートブレーキ”は、このような時でも、安心してバックで出庫することができますよ。

ただ、今回デビューを果たしたこの新型モデルでは、”リヤクロストラフィックオートブレーキ”は、標準装備ではなく、メーカーオプション設定になっているので、ご注意くださいね。

路肩の歩行者との衝突を防ぐ”緊急時操舵支援機能(ESA)”

また、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の注目の安全装備システムの一つが、最近、搭載されはじめた”緊急時操舵支援機能(ESA)”です。

この緊急時操舵支援機能(ESA)とは、路上の歩行者を検知し衝突回避をサポートしてくれる機能で、路肩の歩行者と衝突する可能性があると自動車側が判断した場合、警告音とディスプレイでの表示で注意を促してくれます。

そして、ドライバーが歩行者との衝突を避けるためにハンドルを切った際、白線からはみ出なくても十分に歩行者を避けられると判断した場合、対向車線にはみ出ないようハンドルの操舵アシストを行ってくれます。

ちなみに、この緊急時操舵支援機能(ESA)を備えているのは、競合車・ライバル車の中でこのクルマと同じトヨタから発売されている”CHR/CH-R”のみです。

このように最新の安全装備システムが用意されているのも、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

快適な運転をサポートしてくれるアイテム【新型ヤリスクロスの安全装備2】

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)には、クルーズコントロールが全グレードに標準装備されるなど、快適な運転をサポートしてくれる機能や装備も充実しています。

■新型ヤリスクロスの快適な運転をサポートする機能

・クルーズコントロール&レーントレーシングアシスト(LTA)
・ブラインドスポットモニター(BSM)
・ロードサインアシスト
・アダプティブハイビームシステム
・トヨタチームメイト アドバンスドパーク

この新型モデルに用意されている快適な運転をサポートしてくれるアイテム&機能を紹介したいと思います。

使い勝手が良くなった”クルーズコントロール”

トヨタからデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)では、アクセル操作をしなくても一定のスピードで走行をしてくれるクルーズコントロール(クルコン)が標準装備されています。

しかも、この新型モデルに搭載されているクルーズコントロール(クルコン)は、このクルマのベースになっている人気コンパクトカーの”ヤリス(YARIS)”とは異なり、時速0km/hまで対応してくれる全車速対応タイプを採用しています。

【ヤリス クロス】レーダークルーズコントロール

実は全車速対応タイプのクルーズコントロール(クルコン)を備えているクルマは、まだそれほど多くないんですよね。

このように使い勝手の良いクルーズコントロール(クルコン)を備えているのは、競合車・ライバル車にはないこの新型モデルならではの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、レーントレーシングアシスト(LTA)機能も備えており、車線の中央を走行できるようハンドルの操舵支援を行ってくれるのも好印象でした。

車線変更をサポートする”ブラインドスポットモニター(BSM)”

新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に用意されている”ブラインドスポットモニター(BSM)”とは、ドアミラーに備わったインジケーターで、隣車線を走行しているクルマがいるかどうかをお知らせしてくれる機能です。

■ブラインドスポットモニターのインジケーター

この新型モデルに用意されている”ブラインドスポットモニター(BSM)”では、ドアミラーでは確認することが難しいエリアにいるクルマをインジケーターの点滅によって教えてくれるため、車線変更を安心して行うことができます。

高速道路での車線変更が苦手な方には、隣の車線を走っているクルマがいるかどうかをお知らせしてくれる”ブラインドスポットモニター(BSM)は、強い味方になってくれるのかなと思いました。

ただ、この”ブラインドスポットモニター(BSM)”は、標準装備ではなく、メーカーオプションとして用意されているので、ご注意くださいね。

標識の見落としを防いでくれるロードサインアシスト

また、新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に用意されている”ロードサインアシスト”とは、フロントガラスに設置されている単眼カメラで認識した道路標識を、マルチインフォメーションディスプレイやヘッドアップディスプレイに表示をしてお知らせをしてくれる機能です。

■新型ヤリスクロスのヘッドアップディスプレイ

ちなみに、この新型モデルに備わっているロードサインアシストで認識してくれる標識は、次の4つとなっています。

■新型ヤリスクロスが検知できる標識

・最高速度
・車両侵入禁止
・一時停止
・はみ出し通行禁止

照射範囲を自動調整する”アダプティブハイビームシステム”

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、先行車や対向車、周囲の路面状況などを検知して、ヘッドライトの光が当たる部分を自動的に調整してくれるアダプティブハイビームシステムを用意しています。

ただ、この新型モデルに用意されているアダプティブハイビームシステムは、最上位モデルの”Zグレード/ハイブリッドZ”専用のオプションに…。

中間モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”や最廉価モデルの”Xグレード/ハイブリッドX”では、アダプティブハイビームシステムを装着することができないので、ご注意くださいね。

駐車を自動で行う”トヨタチームメイト アドバンスドパーク”

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)で注目なのが、駐車をする際のハンドルやアクセル操作を自動で行ってくれる”トヨタチームメイト アドバンスドパーク”です。

ヤリスクロス  アドバンストパーク

シフトレバーの入れ替えなどは手動で行わないといけないため、完全に自動という訳ではありませんが、縦列駐車などにも対応しているため、駐車が苦手な方には、重宝するアイテムの一つなのかなと思いました。

ちなみに、”トヨタチームメイト アドバンスドパーク”は、ハイブリッド車専用のオプションになっているので、ご注意くださいね。

衝突時の安全性をサポートしてくれるアイテム【新型ヤリスクロスの安全装備3】

また、2020年8月にデビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、万が一、事故に遭った際のドライバーや同乗者の安全性をサポートしてくれるアイテムも充実しています。

この新型モデルでは、万が一事故に遭った際、次のようなアイテム&機能で、ドライバーや同乗者の身を守ってくれます。

■新型ヤリスクロスの衝突時の安全性をサポートする機能

・ヘルプネット(SOSコール)
・エアバッグ

この新型モデルに用意されているヘルプネットとは、どのような機能なのでしょうか?また、この新型モデルでは、どのようなエアバッグを用意しているのでしょうか?

トヨタの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に用意されている衝突時の安全性を確保してくれる安全装備システムについて、紹介したいと思います。

専用のオペレーターがサポートしてくれるヘルプネット

今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)に用意されているヘルプネットとは、通信を活用した安全装備システムです。

そして、エアバッグが展開するレベルの事故に遭った際、自動的に専用のオペレーターに接続して、救急車やドクターヘリを派遣してくれます。

また、この新型モデルでは、ルームランプ部分にヘルプネットに連絡するためのスイッチが備わっており、車内で急病人が出た際など、専用のオペレーターに連絡をして助けを求めることができます。

■新型ヤリスクロスのヘルプネットスイッチ

このように通信を活用した最新の安全装備システムが用意されているのは、競合車・ライバル車にはないこの新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)の安全装備の魅力の一つなのかなと思いまた。

ドライバーと同乗者の身を守ってくれるエアバッグ

また、今回デビューを果たした新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)は、事故に遭った際、6個のエアバッグでドライバーや同乗者の身を守ってくれます。

■新型ヤリスクロスのエアバッグ

・SRAエアバッグ(運転席/助手席)
・SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)
・SRSカーテンシールドエアバッグ(前後席)

ドライバーの足元を守ってくれるニーエアバッグが用意されていないのは少々残念でしたが、後部座席に乗車した人も保護してくれるカーテンシールドエアバッグをしっかりと用意しているのは、好印象でした。

まとめ:トップクラスの安全装備を備えている新型ヤリスクロス

2020年8月にデビューを果たしたトヨタのコンパクトSUV”新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)”は、このような安全装備システムを備えていました。

この新型モデルは、右左折時も検知してくれる自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティ)やイザという時に専用のオペレーターに助けを求めることができるヘルプネットなど、最新の安全装備システムを搭載。

競合車・ライバル車も魅力的な機能や装備を備えていますが、クルマの安全性に関しては、この新型ヤリスクロス(YARIS CROSS)が他のクルマよりも頭一つ抜き出ているのかなと感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02