新型カローラ スポーツの外装【スポーツハッチバックの魅力を実車画像で徹底解剖】

2018年6月、カローラの新モデルとして、ハッチバックタイプの新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)が新発売されました。

今回新発売されたこの新型モデルは、ワイド&ローな低重心スタイルとなり、アクシオやフィールダーとは異なるスポーティーなシルエットに…。

また、この新型モデルは、3ナンバーサイズとなっているため、他のカローラよりもどっしりとした存在感のあるデザインになっていました。

3ナンバーサイズに生まれ変わった新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どのような特徴&魅力があったのでしょうか?

2018年6月に新発売されたトヨタの新型ハッチバックの外装・エクステリアを見てきたので、その魅力や特徴を分かりやすく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラ スポーツの外装インプレ:正面から

ハッチバックスタイルの新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)を正面から見ると、このようなデザインになっています。

■新型カローラ スポーツの外装:正面から
グレード:ハイブリッドZG

今回新発売された新型モデルのフロントマスクは、薄型のヘッドライトと大口のフロントグリルを組み合わせた”まさにトヨタ車”と言ったデザインに…。

ただ、1,790mmとなっている全幅は、兄弟車種の”フィールダー”や”アクシオ”よりも約100mmほど広くなっている事もあり、ロー&ワイドを強調したデザインになっていました。

最上位モデルは、専用デザインのLEDヘッドライトを標準装備

今回、私が見た新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、最上位グレードの”ハイブリッドGZ”だったのですが、この最上位モデルのヘッドライトには、一つの光源をハイビーム/ロービームとして使用する事ができる”バイビーム LEDヘッドライト”を標準装備。

■最上位モデルのヘッドライト

実際にこの新型モデルのヘッドライトを点灯してみると、このような感じに…。

スポーツハッチバックらしく洗練されたデザインに…。

また、ヘッドライトとウィンカーを縁取るようにライン状のスモールランプも、スタイリッシュさを強調していて好印象でした。

ちなみに、中間モデルの”Gグレード”、最廉価モデルの”GXグレード”のヘッドライトもLEDを採用しているのですが、最上位モデルの”GZグレード”とは、少し異なるデザインになっていました。

個人的には、スタイリッシュな見た目を演出している最上位グレードの”GZグレード”のヘッドライトの方が好みでした。

新型カローラ スポーツ専用のエンブレムを標準装備

また、今回デビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のフロントマスクで印象的だったのが、エンブレムです。

フィールダーやアクシオなどの兄弟車では、一般的な”トヨタ エンブレム”をフロントマスクに備えていましたが、この新型モデルでは、車名の頭文字でもある”C”と3つの花冠をモチーフにした専用のエンブレムを標準装備。

■新型カローラ スポーツのエンブレム

このような専用エンブレムが備わっていると、特別感があって良いですよね。

個人的には、フィールダーやアクシオなどに備わっている”トヨタ エンブレムよりもスタイリッシュで良いと思いました。

ちなみに、今回デビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、12代目カローラーシリーズの先駆けとして発売されています。将来、フィールダーやアクシオがフルモデルチェンジをする際、このスポーツと同じ”Cマーク”のエンブレムを搭載するかもしれませんね。

新型カローラ スポーツの外装インプレ:横から

また、今回デビューをしたトヨタのコンパクトハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)をサイドから見ると、このようなデザインになっています。

■新型カローラ スポーツの外装:横から
グレード:ハイブリッドGZ

今回新発売された新型モデルは、斜めに入ったキャラクターラインや切削&ブラック塗装されたスタイリッシュなホイールのおかげで、シャープな印象に…。

ただ、今回新発売された新型モデルは、ホンダの新型シビック(CIVIC)やスバルのインプレッサスポーツ(IMPREZA SPOERT)など競合車よりも全長が短く、また、全高が高くなっています。

なので、競合車・ライバル車と比較すると、見た目のスポーティーさは少々劣るのかなと思いました。

新型カローラ スポーツでは3種類のタイヤ&ホイールを用意

今回デビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、ハイブリッド車/ガソリン車それぞれ3つのグレードを用意していますが、グレードによって異なるデザインのホイールを用意しています。

ちなみに、こちらは今回私が見た最上位モデル”ハイブリッドGZ”のタイヤ&ホイールです。

■最上位モデル”ハイブリッドGZ”のタイヤ&ホイール

この”ハイブリッドGZ”に装着されているホイールは、V字のスポークを用いたスポーティなデザインに…。スポーツハッチバックと呼ぶのに相応しいデザインになっていました。

ちなみに、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、ホイールのデザインが異なるだけではなく、グレードによって、タイヤサイズや装着されているタイヤメーカー&ブランドも異なります。

乗り心地やドライブフィールも異なるので、グレード選びをする際は、しっかりと確認した方が良さそうですね。

新型カローラ スポーツの外装インプレ:後ろから

一方、今回新しく発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後ろ姿は、このような感じになっています。

■新型カローラ スポーツの外装:後ろから
グレード:ハイブリッドGZ

この新型モデルのバックドア(テールゲート)は傾斜が強めになっており、使い勝手よりもスポーティーさを優先したデザインに…。

また、見た目のデザイン性が魅力のシャークフィンアンテナや、スポーティーさを強調するリヤスポイラーが全グレード標準装備されているのも注目ポイントの一つなのかなと思いまいた。

スタイリッシュなデザインのリヤコンビネーションランプ

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後ろ姿で印象的だったのが、リヤコンビネーションランプのデザインです。

■新型カローラ スポーツのリヤランプ

この新型ハッチバックのリヤコンビネーションランプは、ヘッドライトと同様に薄型でワイド感を強調したデザインに…。

実際にリヤコンビネーションランプを点灯してみると、このような感じに…。

“コの字型”に点灯するのが、スタイリッシュで良いですよね。

この新型モデルの後ろ姿は、国産車と言うよりも海外の輸入車と言った感じの雰囲気が漂っているように感じました。

2018年6月にデビューを果たしたスポーツハッチバックの新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

今回新発売された新型モデルは、3ナンバーサイズになった事もあり、フィールダーやアクシオよりも存在感があるデザインに…。

また、ロー&ワイドを強調した低重心スタイルになっており、まさに”スポーツハッチバック”と呼ぶのに相応しいデザインになっていました。

賛否両論が多い昨今のトヨタのフロントマスクですが、この新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)に関しては、それ程クセも強くないので、老若男女問わず長く愛されるクルマに仕上がっています。

もしこれからこの新型モデルに行かれる方は、存在感が増したこの新型モデルの外装・エクステリアにも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする