新型カローラ スポーツGZの外装インプレ【最上位版ならではの魅力とは?】

2018年6月、トヨタの代表車”カローラ”から新スタイルとなるスポーティーハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)が、デビューをしました。

今回新発売された新型モデルでは、ハイブリッド車/ガソリン車それぞれ3つのグレードをラインナップしていますが、最上位モデルの”GZグレード”は、他のグレードとは一線を画したデザインに…。

スポーティーさだけではなく、高級感も兼ね備えたワンランク上の高級ハッチバックのような佇まい(たたずまい)をしていました。

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっているのでしょうか?また、どのような特徴&魅力があるのでしょうか?

実車画像を使って、最上位モデル”GZグレード”の外装・エクステリアを徹底的にレビューをしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラ スポーツGZグレードの外装インプレッション

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード”の外装・エクステリアのハイブリッド車とガソリン車は、それぞれこのようなデザインになっています。

こちらは、ハイブリッド車の”GZグレード”の外装・エクステリアです。

■ハイブリッド GZグレードの外装

一方、1.2リットルのターボエンジンを搭載したガソリン車の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■ガソリン車のGZグレードの外装

ハイブリッド車とガソリン車のGZグレード同士を比較すると、エンブレムなどのデザインに若干の違いが…。ただ、外装・エクステリアに大きな違いはありません。

>>> HV車とガソリンは見分けられる!?新型カローラ スポーツの外装の違いを比較

ただ、このGZグレードと他のグレードと比較すると、フロントマスクやリア、ホイールのデザインなどに違いが…。

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード”の外装・エクステリアは、次のような魅力&特徴がありました。

特徴1:高級感が増したフロントマスク

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード”の外装・エクステリアの特徴の一つは、高級感が増したフロントマスクです。

この”GZグレード”では、フロントロアグリルのフレーム部分にクロムメッキ調を施したデザインに…。

■GZグレードのフロントロアグリル

このクロムメッキを施したフロントグリルのおかげで、車格がワンランクアップしたような見た目になっていました。

ヘッドライトも専用デザインに…

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のフロントマスクで見逃せないのが、ヘッドライトのデザインです。

■GZグレードに標準装備されているLEDヘッドライト

このLEDヘッドライトは一つの光源でハイビームとロービームをまかなう事ができるバイビーム(Bi-Beam)を採用しており機能性も十分です。

ただ、個人的には、それ以上に印象的だったのは、ライトを点灯した時のデザインです。

■GZグレードのヘッドライトを点灯した時の様子

このGZグレードのヘッドライトは、2段構えになったライン状のクリアランスライトを標準装備。

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の魅力でもあるロー&ワイド感をさらに強調したデザインになっているように感じました。

特徴2:スポーティーさを強調したタイヤ&ホイール

また、タイヤ&ホイールも新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のGZグレードの注目ポイントの一つです。

■GZグレードのタイヤ&ホイール

この新型モデルの最上位”GZグレード”では、他のグレードよりも一回り大きい18インチのアルミホイールを標準装備。

細いスポークがカッコいいですよね。

大径ホイールならではのスポーティーな見た目が、この新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のキャラクターにマッチしていて、とても良いと思いました。

また、また、切削加工&ダークグレーメタリック塗装された18インチホイールのおかげで、他のグレードとは見た目の迫力&スポーティーさが全く異なるように感じました。

特徴3:高級感とスポーティーさがアップしている後ろ姿

また、後ろ姿も新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード”の見逃せないポイントの一つです。

■GZグレードの後ろ姿

LEDを採用したリヤコンビネーションランプは全グレード共通のデザインになっているのですが、リヤバンパーに違いがありました。

このGZグレードのリヤバンパーには、フロントマスクと同様にクロム決起の加飾が施されており、スタイリッシュなデザインに…。

メッキ調の加飾でダミーのマフラーもデザインされており、他のモデルよりもスポーティーさが強調されていました。

また、艶やかなピアノブラック調になっているリヤバンパーとの相性も良く、他のグレードとは一線を画した高級感&上質感を備えているように感じました。

2018年6月にデビューをしたトヨタのスポーツハッチバック”新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)”の最上位モデル”GZグレード”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

この最上位モデルの”GZグレード”は、フロントマスクやリヤにメッキ調の加飾をあしらい、上質感を加えたデザインに…。スポーティーさと高級感が絶妙にマッチしており、他のグレードでは味わえない存在感がありました。

このGZグレードは、ヘッドアップディスプレイ(HUD)が装着する事ができるなど、他のグレードには無い魅力&メリットが多々あります。

ただ、大衆車の”カローラ(COROLLA)”とは思えない高級感とスポーティーさを兼ね備えたデザインだけでも、十分に購入する価値はあるのかなと思いました。

>>> 新型カローラ スポーツGZ専用のレッド本革シートの魅力とは?【実車画像インプレ】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする