新型カローラ スポーツのエアコンを徹底解説【後部座席に送風口は付いている?】

大衆車のイメージを一新したスタイルと走りが魅力のスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年6月にトヨタからデビューをしました。

先日、この新型モデルの試乗をさせて貰ったのですが、その際に印象に残った機能装備の一つが、エアコン&ヒーターです。

この新型モデルに採用されているエアコンには、フィールダーやアクシオなど兄弟車には採用されていない機能が搭載されており、兄弟車・ライバル車に引けを取らない機能性を備えていました

ただ、その一方、操作性や快適性で気になるところもありました。

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のエアコン/ヒーターの操作パネルのデザイン、操作性はどうだったのでしょうか?また、この新型モデルの後部座席に送風口は装備されており、後部座席でも快適に過ごせるような工夫は施されていたのでしょうか?

2018年6月にトヨタからデビューをした新型スポーツハッチバックのエアコンについて、徹底的にレビューをしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラ スポーツのエアコンの操作パネルはスタイリッシュなデザインに…

2018年6月にデビューをしたトヨタの新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)では、次の2種類のエアコンの操作パネルを用意しています。

■GXグレードのエアコン操作パネル

■Gグレード/GZグレードのエアコン操作パネル

今回新発売された新型モデルでは、全車にオートエアコンを標準装備しています。

ただ、上位モデルにあたる”Gグレード”/”GZグレード”と最廉価モデルの”GXグレード”のエアコンでは、若干機能に違いが…。

最廉価モデルの”GXグレード”では、運転席と助手席で別々に温度調節をする事ができないシングルモード式を採用しています。

一方、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の中間モデルの”Gグレード”、最上位モデルの”GZグレード”では、運転席と助手席で独立して温度を調整する事ができる左右独立式のエアコン(デュアルエアコン)に…。

ちなみに、兄弟車種のステーションワゴンスタイルの”フィールダー”やセダンスタイルの”アクシオ”では、左右独立式のエアコンは用意されていません。

このように兄弟車には用意されていない機能が用意されているのは、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の良さなのかなと思いました。

また、この新型モデルのハイブリッド車に用意されているエアコンは、エンジンを停止した状態でも冷たい空気が遅れるように電動化されています。

エンジンが作動していない状態でも、エアコンの冷たい空気をしっかりと届けてくれるのは、とても良いと思いました。

新型カローラ スポーツのエアコンパネルの操作性には気になる部分も…

このように左右独立式のエアコンを採用しているトヨタの新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)ですが、エアコンの操作パネルの使い勝手は、どうだったのでしょうか?

この新型モデルのエアコンパネルの操作性に関しては良い部分もあったのですが、若干気になる部分もありました。

この新型モデルのエアコンパネルの操作性の良かったところ、欠点を包み隠さず紹介したいと思います。

エアコンパネルの操作性で良かったところ

この新型モデルのエアコンパネルの操作性で良いと思った事は、タッチパネル式ではなく、オーソドックスなダイヤルスイッチ式になっていた事です。

タッチパネル式は見た目の先進性は良いのですが、運転中の操作がしにくいのが、個人的にはあまり好きではないんですよね。

しかし、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のエアコンの温度調節機能は、オーソドックスなダイヤルスイッチに…。運転中の操作がしやすくなっているのが好印象でした。

また、今回新発売された新型モデルのエアコンパネルは、競合車・ライバル車よりも高い位置に設置してあり、操作しやすい工夫が施されているのも見逃せないポイントの一つだと思いました。

エアコンパネルの操作性で気になった事とは?

ただ、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のエアコン操作パネルを使ってみて、ちょっと気になったところもありました。

それは、温度調節ダイヤル以外のスイッチの使い勝手&操作性です。

今回新発売された新型モデルでは、吹き出し口切り替えスイッチなど温度調整以外のスイッチは、エアコンパネルの下に並んでいるデザインになっています。

ただ、これらのスイッチはサイズが小さく、操作がしにくい感じが…。
また、運転中に操作をすると、押し間違えをしそうな感じが…。

個人的には、もう少しスイッチのサイズが大きい方が操作がしやすくて、良いのかなと感じました。

新型カローラ スポーツのエアコン:後部座席に送風口は付いている?

このようなデザインになっている新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のエアコン/ヒーターですが、後部座席に送風口は、備わっていたのでしょうか?

私はこの新型モデルの全グレードを確認してみたのですが、後部座席部分に送風口は用意されておらず、センターコンソールの後方には、小型ポケットが用意されていました。

■新型カローラ スポーツの小型ポケット

ちょっとこれは残念ですよね。

なので、エアコンやヒーターの風は後部座席に届きにくいです。
また、エアコンやヒーターが効くまでに、時間を要します。

ちなみに、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の競合車・ライバル車の一つでもあるホンダのシビック(CIVIC)では、センターコンソールの後方に送風口が用意されております。

■新型シビックの後部座席用の送風口

個人的には、小型ポケットではなく、シビック(CIVIC)のように後部座席用の送風口をセンターコンソール後方に用意して貰いたかったのですが…。

足元空間(ニークリアランス)の広さも含めて、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席の快適性に関しては、競合車・ライバル車よりも若干劣るのかなと思いました。

>>> 新型カローラ スポーツの後部座席は狭い!?【足元&頭上の広さを計測】

2018年6月にデビューをしたトヨタのスポーティーハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のエアコン/ヒーターは、このようなデザインになっていました。

今回新発売された新型モデルのエアコンは、運転席と助手席で独立して温度を調節する事ができる左右独立式を採用するなど、機能性は十分です。

また、スイッチの操作性など細かい部分では若干気になる部分はあったものの、ダイヤル式になっているエアコン/ヒーターの操作パネルの使い勝手も概ね満足できるレベルになっていました。

ただ、残念な事に今回新発売された新型モデルには、後部座席用の送風口は用意されていません、なので、真夏の暑い日、エアコンの冷たい空気が車内に行き届くには、時間を要します。

もしこの新型モデルをファミリーカーとしての使用を考えている方は、エアコンの効き具合など、後部座席の快適性もしっかりと確認してみてくださいね。

>>> 新型カローラの後部座席はリクライニング可能!?【座り心地を徹底チェック】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする