新型カローラ スポーツの後部座席は狭い!?【足元&頭上の広さを計測】

3ナンバーサイズのコンパクトハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年6月にデビューを果たしました。

今回新発売された新型モデルは、運転のしやすさや運転席の広さを優先した”ドライバーズカー”となっています。その代償として、後部座席の居住空間は、ちょっと狭めに…。

>>> 新型カローラ スポーツの後部座席はHVとガソリンで別設計!【違いを比較】

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席周りの居住性は、どうだったのでしょうか?また、この新型モデルの後席の足元空間と頭上空間の広さは、どのくらいだったのでしょうか?

先日、この新型モデルを試乗した際、後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラ スポーツの後部座席:足元空間の広さを実車画像でチェック

2018年6月にデビューをしたトヨタのスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席は、このようなデザインになっています。

■新型カローラ スポーツの後部座席

今回新発売された新型モデルの後部座席は、背もたれのメイン部分を大きくえぐったホールド感の高い設計に…。背もたれや座面のサイズも十分に大きく、ゆったりと快適に座れるシート設計になっていました。

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さは、このようになっていました。ちなみに、運転席は私が運転しやすい位置(中間よりもやや後方)に設定してあります。

■新型カローラ スポーツの足元空間の広さ

パッと見た感じでは、思ったよりも広い感じが…。

競合車・ライバル車の一つでもあるスズキのスイフト スポーツ(SWIFT SPORT)よりも後部座席の足元空間(ニークリアランス)は、広くなっています。

このの新型モデルの後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さを計測してみたところ、次のようになっていました。

新型カローラスポーツの足元空間の広さ…約240mm

この新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さを計測してみたところ、約240mmに…。

私の中では、大人が快適に過ごすには、後席の足元空間は300mm以上必要だと思っています。その点、この新型モデルの足元空間(ニークリアランス)は、私の基準よりも若干狭くなっていました。

実際に私が後部座席に座ってみた時の足元空間のゆとりは?

このように今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席の足元空間(ニークリアランス)は、基準よりも若干狭めになっていましたが、実際にこの新型モデルの後席に座ってみると、窮屈さは感じるのでしょうか?

身長175cm中肉中背の私が座ってみたところ、後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さ・ゆとりはこのようになっていました。

■新型カローラ スポーツの足元空間の広さ

私がこの新型モデルの後部座席に座ってみたところ、膝先からシートバックまで拳1個半くらいの余裕が…。

「広々としていて、とっても快適」という訳ではありませんが、足を動かせないほど足元が窮屈という訳でもありません。「この新型モデルは運転席周りの座り心地や広さを優先したスポーツモデルだから、足元空間はこれくらいなのも仕方ないよな…。」と言った感じ。

なので、この新型モデルの後部座席は、大人が快適に過ごすのに必要最低限の足元空間(ニークリアランス)を確保しているくらいと考えるのが良いのかなと思いました。

ただ、この新型モデルはフロントシート下のトンネルは意外といため、つま先をトンネルの下にスッポリと入れる事ができます。

この新型モデルの後部座席の足元空間は決して広いわけではありませんが、足を動かす自由度を確保しているのは、とても良いと思いました。

■新型カローラ スポーツの後部座席の足元空間の広さ

新型カローラ スポーツの後部座席:頭上空間の広さはどれくらい?

一方、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席の頭上空間(ヘッドクリアランス)の広さは、どうだったのでしょうか?

私がこの新型モデルの後部座席に座ってみたところ、頭のてっぺんからルーフまで拳一個分(約70mm)のゆとりが…。

なので、スポーツハッチバックの後部座席としては、頭上空間(ヘッドクリアランス)に関しても、十分な広さを確保していると思います。

また、この新型モデルの後部座席は、着座位置も高めになっているため、狭い空間に閉じ込められているような感覚は一切ありません。圧迫感が感じにくいように工夫を凝らしているのは、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の良いところだと思いました。

新型カローラスポーツの後部座席の頭上空間で気になった事とは?

ただ、この新型モデルの後部座席に座ってみて気になったのは、側頭部の頭上空間(ヘッドクリアランス)です。

このクルマの後部座席は、左右間の距離を多めに取ったためか、左右のドアとの距離が近いような感じが…。なので、左右方向に関しては、若干の圧迫感を感じます。

この新型モデルはカローラの中で唯一3ナンバーサイズとなっており、車内の横幅も他の車種よりも広くなっています。なので、後部座席の着座部分をもう少し内側に設置して、側頭部のゆとりを確保しても良かったのかなと思いました。

2018年6月にトヨタからデビューをしたスポーツハッチバック”新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)”の後部座席の居住性を確認してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルは運転席周りの居住性を最優先した造りになっているため、後部座席周りの足元空間/頭上空間どちらも、「広々としていて、とっても快適」という訳ではありません。

ただ、最低限の広さは確保しており、個人的には、事前に予想していたよりも広い感じが…。

また、この新型モデルは、ヒップポイント(着座位置)を高めに設定したり、サイドウィンドウを大きく取るなど、圧迫感や窮屈感を感じさせない工夫を凝らしているのも好印象でした。

この新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席は、ミドルクラスSUVやミニバンなど他の車種と比較すると、狭くなっています。

ただ、走りを重要視したスポーツハッチバックとして考えれば、この新型モデルの後部座席は、十分に納得できる居住性と快適性を備えているように感じました。

>>> 新型カローラ スポーツの内装の実車画像インプレ【シンプルだけど使い勝手は上々!?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする