新型カローラスポーツの荷室容量の違いは大きい!?【標準vsデッキボード】

3ナンバーサイズになり存在感が大幅に増したトヨタのスポーツハッチバック新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年6月にデビューを果たしました。

今回新発売された新型モデルは、ボディサイズが競合車よりも小さい事もあり、荷室・ラゲッジスペースも若干狭い感じが…。

>>> 新型カローラ スポーツの荷室サイズは意外と広い!【ラゲッジ寸法を計測してみた】

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の荷室容量は、どれくらいなのでしょうか?

また、今回新発売された新型モデルは、メーカーオプションでデッキボードを装着する事ができますが、デッキボードを装着した際の荷室容量は、どれくらいになるのでしょうか?

2018年6月にトヨタからデビューをしたスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の標準仕様とデッキボード仕様の荷室容量を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラスポーツの標準仕様の荷室容量は、どれくらい?

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の標準仕様の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型カローラスポーツの通常仕様の荷室

通常使用の荷室・ラゲッジスペースは、開口部(掃出し口)よりも荷室フロアが一段下がったデザインに…。

スーツケースなどの重たい荷物の積み下ろしは少し大変ですが、競合車・ライバル車よりも荷室高が優れているのは、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの良いところだと思いました。

このようなデザインになっている新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の荷室・ラゲッジスペースの容量ですが、確認してみたところ、次のようになっていました。

■新型カローラスポーツの通常仕様の荷室容量…約333リットル
※床下収納(サブトランク)の容量は含まない

今回新発売された新型モデルの通常仕様の荷室容量は、約333リットル。

旅行やアウトドアレジャーなど、たくさんの荷物を収納するには少々物足りなさを感じますが、普段使いで困らないだけの容量は確保されているように感じました。

新型カローラスポーツのデッキボード仕様の荷室容量はどれくらい?

また、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、荷室・ラゲッジスペースの高さを調整できる”アジャスタブルデッキボード”をメーカーオプションで用意しています。

こちらは、アジャスタブルデッキボードを上段に設置した時の荷室・ラゲッジスペースです。

■デッキボードを上段に設置した時の荷室

デッキボードを上段に設置すると、荷室フロアがちょうど開口部(掃出し口)の高さに…。

また、通常仕様では後部座席を収納すると、荷室と背もたれのところで段差ができてしまうのが欠点の一つなのですが、デッキボードを上段にすると、荷室・ラゲッジスペースをフルフラットにする事が可能です。

■通常仕様の後部座席収納時の荷室

■デッキボード仕様の後部座席収納時の荷室

アジャスタブルデッキボードを装着したモデルの方が荷室・ラゲッジスペースの使い勝手が良さそうですよね。

また、このアジャスタブルデッキボードは、4対2対4になっており、簡単に開閉できるような仕組みになっているのも好印象でした。

このように荷室・ラゲッジルームの使い勝手が大幅に良くなる新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のデッキボード仕様ですが、荷室容量は、通常仕様よりも劣るという欠点・デメリットが…。

また、デッキボードを上段に設置した時と下段に設置した時では、荷室容量が異なります。

そんな新型モデルのデッキボード仕様の荷室容量を確認してみたところ、次のようになっていました。

■新型カローラスポーツのデッキボード仕様の荷室容量
・デッキボードを上段に設置…約217リットル
・デッキボードを下段に設置…約309リットル

※床下収納部分の容量は含まない

思ったよりも差がありますね。

標準仕様の荷室・ラゲッジスペースの容量が約333リットルだったので、デッキボードを下段に設置した時の容量と比較すると、約24リットルとの差が…。

正直に言って、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の標準仕様とデッキボード仕様では、荷室・ラゲッジスペースの容量がこれほど違うと思っていなかったので、少々驚きました。

2018年6月にデビューをしたトヨタのスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の標準仕様とアジャスタブルデッキボード仕様の荷室容量を確認してみたところ、このようになっていました。

荷室容量自体は、デッキボード仕様よりも標準仕様の方が20リットル以上も多くなっています。

ただ、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は、荷室を有効活用できるだけではなく、後部座席を収納した時にフルフラットにする事ができるデッキボード仕様の方が良い感じが…。

ちなみに、メーカーオプション設定となっているアジャスタブルデッキボードは、後付けする事ができません。

ディーラーさんの話によると、アジャスタブルデッキボードを装着しないで後悔しているお客さんもいるようなので、ボードを装着するかどうか慎重に吟味してくださいね。

>>> ディーラーに聞いた!新型カローラスポーツのおすすめオプション3つ

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする