安っぽさは意外とナシ!?新型カローラ スポーツGXの外装の実車画像レビュー

2018年6月、トヨタの看板車種”カローラ”から新シリーズとして、ハッチバックスタイルの新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)が、デビューを果たしました。

今回新発売された新型モデルに用意されている3つのグレードの中で、最廉価モデルに位置しているのが、GXグレード(ハイブリッドGX)です。

先日、このGXグレードを見る機会があったのですが、装備しているオプションの関係もあり、意外と安っぽさは感じさせないデザインに…

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデル”GXグレード”の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、このGXグレードの外装・エクステリアの特徴&魅力があるのでしょうか?

2018年6月にデビューをしたスポーツハッチバックの最廉価モデル”GXグレード(ハイブリッドGX)”の外装・エクステリアの魅力や特徴を、実車画像を使って、徹底レビューしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラ スポーツGXグレードの外装の実車画像インプレッション

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデルの”GXグレード(ハイブリッドGX)”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■新型カローラ スポーツGXグレードの外装

新型カローラスポーツgxの外装画像

ちなみに、こちらは、GXグレードの一つ上のモデル”Gグレード”の外装・エクステリアです。

■新型カローラ スポーツGグレードの外装

思ったよりも差は無いと思いませんか?

今回私が見たGXグレードは、オプションパーツが搭載されていた事もあり、パっとみただけでは、Gグレードとの違いに気づけない豪華な仕上がりに…。

コストパフォーマンス重視の最廉価モデル”GXグレード”にも関わらず、安っぽさが気にならない見た目&デザインを備えているのは、好印象でした。

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデル”GXグレード(ハイブリッドGX)”の外装・エクステリアには、どのような特徴があるのでしょうか?

この”GXグレード(ハイブリッドGX)”の外装・エクステリアの3つの特徴&魅力を包み隠さず紹介いたします。

特徴1:LEDヘッドライトを標準装備

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデル”GXグレード(ハイブリッドGX)”の外装・エクステリアの魅力の一つは、ヘッドライトです。

この”GXグレード(ハイブリッドGX)”は一番車体本体価格が安い最廉価モデルにも関わらず、シャープなデザインのLEDヘッドライトが標準装備。

■GXグレードのLEDヘッドライト

最廉価モデルなのにハロゲンなどではなく、LEDヘッドライトが標準装備というのが、かなり嬉しいですよね。

そんなGXグレードのLEDのヘッドライトを点灯してみると、このような感じに…。

■ヘッドライト点灯時のGXグレードの様子

シャープなデザインのLEDヘッドライトのおかげで、点灯時も新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)らしいスタイリッシュな姿に…。

最廉価モデルの”GXグレード(ハイブリッドGX)”でも、LEDヘッドライトのような先進装備を備えているのは、この新型モデルの魅力のひとつなのかなと思いました。

特徴2:外装の加飾はブラック塗装に…

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデル”GXグレード(ハイブリッドGX)”の特徴の一つは、外装・エクステリアに施された加飾デザインです。

この”GXグレード(ハイブリッドGX)”では、他のグレードと異なり、フロントグリルなどのパーツの加飾がシンプルなブラック塗装に…。

例えば、他のグレードでは、メッキパーツによって加飾が施されているサイドウィンドウの加飾(ドアウインドウフレームモールディング)ですが、このGXグレードでは、シンプルなブラック塗装になっています。

■GXグレードのドアウインドウフレームモールディング

また、フロントドアと後部座席ドアの間に備わっているセンターピラーのガーニッシュもピアノブラック調ではなく、艶のないシンプルなブラック塗装になっています。

■GXグレードのセンターピラーガーニッシュ

なので、GXグレードとそれ以外のグレードをじっくりと見比べると、やはり見た目の高級感や上質感に若干の違いがあります。

ただ、フロントグリル周りの加飾に関しては、メーカーオプション設定になっている安全装備”インテリジェントクリアランスソナー”を注文すると、艶のあるガンメタリック塗装となります。

■クリアランスソナーを装着時のGXグレードのフロントグリル

なので、このインテリジェントクリアランスソナーを装着すると、高級感のあるフロントグリルになるため、GXグレードと上位モデルのGグレードの差は、グッと無くなったような印象が…。

ディーラーさん曰く、標準仕様のフロントグリルとメーカーオプションのインテリジェントクリアランスソナーを装着した時のフロントグリルでは、見た目の印象や高級感に歴然たる差があるようです。

安全性だけではなく、見た目のデザイン性からも、メーカーオプション設定になっている”インテリジェントクリアランスソナー”は、装着するのは、アリなのかなと思いました。

特徴3:タイヤ&ホイールのデザイン

また、今回デビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデルの”GXグレード(ハイブリッドGX)”の特徴の一つが、タイヤ&ホイールです。

この”GXグレード(ハイブリッドGX)”のホイールは、3つのグレードの中で唯一、フルキャップ付きのスチール製(鉄ちん製)に…。しかも、タイヤ&ホイールサイズも15インチ(195/65R15)と、他のグレードよりもひと回り小さくなっています。

■GXグレードの標準仕様のタイヤ&ホイール

なので、標準仕様のスチール製のホイールを装備したままでは、スポーティーさと言う点で、他のグレードよりも若干見劣りをしてしまいます。

ただ、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の”GXグレード(ハイブリッドGX)”では、メーカーオプションで、”Gグレード”と全く同じデザインの16インチサイズのアルミホイール&タイヤを用意しています。

■オプション設定になっている16インチサイズのアルミホイール

ちなみに、この16インチサイズのアルミホイール&タイヤのオプション価格は、76,680円となっています。

シンプルなスチール製ホイールの見た目のデザインや乗り心地が気になった方は、メーカーオプション設定になっているアルミホイールに変更しても良いのかもしれませんね。

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデル”GXグレード(ハイブリッドGX)”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

この”GXグレード(ハイブリッドGX)”には、LEDのヘッドライトなどが標準装備されており、最廉価モデルでよくありがちな安っぽさは、あまり感じませんでした。

また、メーカーオプション設定になっているアルミホイールや”インテリジェントクリアランスソナー”を備えれば、上位モデルの”Gグレード”とほぼ変わらない見た目にする事ができます。

この”GXグレード(ハイブリッドGX)”の安全装備や走り心地は、他のグレードと一切変わらないですし、コストパフォーマンス重視でこのグレードを選ぶのも、全然アリなのかなと、実車を見て思いました。

>>> 新型カローラ スポーツのエアコンを徹底解説【後部座席に送風口は付いている?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする