トヨタ新型カローラスポーツのグレード差【外装の特徴&魅力を徹底解剖】

カローラシリーズ初となる3ナンバーのボディサイズとなり、存在感が増した新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年6月にトヨタからデビューを果たしました。

今回新発売された新型モデルは、ハイブリッド車/ターボ車それぞれ3つのグレードをラインナップしています。ただ、全グレード、最新の安全装備”第2世代版トヨタセーフティセンス”をしており、安全性に違いはありません。また、走破性にも違いはありません。

ただ、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、グレードによって、外装・エクステリアの雰囲気やデザインに大きな差が…。

トヨタから新発売された新型スポーツハッチバックの各グレードの外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この新型モデルの3つのグレードの外装には、どのような特徴&差があったのでしょうか?

2018年6月にトヨタからデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の3つのグレードの外装・エクステリアの特徴や差を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラスポーツのグレード一覧:各モデルの外装の特徴や違いを徹底解剖

2018年トヨタから新発売されたスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、ハイブリッド車/ガソリン車それぞれ3つのグレードを用意しています。

■新型カローラスポーツのグレードラインナップ
・GXグレード/ハイブリッドGX
・Gグレード /ハイブリッドG
・GZグレード/ハイブリッドGZ

そんな新型モデルの外装・エクステリアは、それぞれ次のようなデザインになっていました。また、次のような特徴&グレード差がありました。

新型カローラスポーツ GXグレード/ハイブリッドGXの外装

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のエントリーモデル”GXグレード/ハイブリッドGX”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■GXグレード/ハイブリッドGXの外装

>>> GXならではの専用装備は何がある?新型カローラ スポーツGXの外装レビュー

最も手の届きやすいエントリーモデルに位置をする”GXグレード/ハイブリッドGX”という事もあり、シンプルなデザインに…。なので、他のモデルと並べてみると、見た目のデザイン性でワンランクもツーランクも見劣りをします。

なので、見た目のデザイン性よりもコストパフォーマンス(コスパ)重視のお客さんに、ピッタリなモデルなのかなと思いました。

3つのグレードの中で唯一スチールホイールを標準装備

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の外装・エクステリアの特徴的なアイテムの一つが、タイヤ&ホイールです。

今回新発売された新型モデルの”GXグレード/ハイブリッドGX”は、3つのグレードの中で唯一、フルホイールキャップ付きのスチールホイールが標準装備となっています。また、タイヤサイズも他のモデルよりも一回りり小さく、15インチサイズとなっています。

■GXグレード/ハイブリッドGXのタイヤ&ホイール

15インチサイズのタイヤを標準装備している”GXグレード/ハイブリッドGX”は、良くも悪くも大衆車の”カローラ”っぽいデザインに…。

ただ、タイヤが分厚くなっているため、路面のコツコツ感やデコボコを拾わないのは、15インチタイヤを装着している”GXグレード/ハイブリッドGX”の魅力の一つなのかなと思いました。

外装・エクステリアの加飾は最小限

また、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のエントリーモデル”GXグレード/ハイブリッドGX”は、外装・エクステリアに施されている加飾パーツが最小限に抑えられているのも特徴の一つです。

例えば、窓枠をキレイに彩るサイドウィンドウモール。

この最廉価モデルの”GXグレード/ハイブリッドGX”では、高級感を演出するメッキ調のサイドウィンドウモールも備わっておらず、3つのグレードの中で唯一シンプルなブラック塗装に…。

■GXグレード/ハイブリッドGXのサイドウィンドウ

また、センターピラーも光沢感のないシンプルなブラック塗装になっています。

■GXグレード/ハイブリッドGXのセンターピラー

ただ、トヨタの最新の安全装備”第2先代版トヨタセーフティーセンス”やLEDヘッドライトを標準装備するなど、機能や装備面では、十分に満足できる仕上がりになっていました。

■GXグレード/ハイブリッドGXのLEDヘッドライト

ちなみに、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の3つのグレードの中で唯一スチールをホイールを備えている最廉価モデルの”GXグレード/ハイブリッドGX”ですが、オプションで16インチのアルミホイールに変更する事も可能です。

■アルミホイールを装着したGXグレード

車体本体価格が一番安い”GXグレード/ハイブリッドGX”に、オプションの16インチのアルミホイールを装着すると、見た目のデザインは、かなり中間モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”に近づける事が可能ですよ。

新型カローラスポーツ Gグレード/ハイブリッドGの外装

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の中間に位置付けられている”Gグレード/ハイブリッドG”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■Gグレード/ハイブリッドGの外装

>>> 新型カローラスポーツGグレードの外装には、どんな専用装備を用意している?

この”Gグレード/ハイブリッドG”は、3つのグレードの中で最も上品なデザインに…。

最上位モデルの”GZグレード/ハイブリッドGZ”と比較すると、アグレッシブさは控えめになっていますが、嫌味の無いデザインになっているため、老若男女問わず幅広い層のお客さんに愛されるクルマに仕上がっているように感じました。

16インチサイズのタイヤ&ホイールを標準装備

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の中間モデル”Gグレード/ハイブリッドG”の特徴の一つは、タイヤ&ホイールです。

■Gグレード/ハイブリッドGのタイヤ&ホイール

最廉価モデルの”GXグレード/ハイブリッドGX”では、フルホイールキャップ付きのスチールホイールが標準装備されていましたが、この”Gグレード/ハイブリッドG”では、シルバー塗装を施したアルミホイールを標準装備。

やはり最廉価モデルの”GXグレード/ハイブリッドGX”のスチールホイールと見比べると、足元が引き締まった感じが…。

また、この”Gグレード/ハイブリッドG”に標準装備されているタイヤサイズは、16インチとなっており、硬さを感じないしなやかな乗り心地になっているのも好印象でした。

加飾パーツを上手にあしらい上質感溢れるデザインに…

また、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の中間モデル”GXグレード/ハイブリッドGX”の特徴&魅力の一つは、最廉価モデルよりもワンランク上の上質さを備えているところです。

その一つが、サイドウィンドウモールです。

最廉価モデルの”GXグレード/ハイブリッドGX”では、シンプルなブラック塗装だったサイドウィンドウモールですが、中間モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”では、サテンメッキ調の加飾を施したデザインに…。

■Gグレード/ハイブリッドGのサイドウィンドウモール

また、フロントグリムも艶ありガンメタリック塗装を施したデザインに…。

■Gグレード/ハイブリッドGのフロントグリル

この中間モデルの”Gグレード/ハイブリッドG”は、長年乗っても飽きの来ないシンプル&スタイリッシュなデザインに仕上がっているように感じました。

新型カローラスポーツ GZグレード/ハイブリッドGZの外装

2018年6月にデビューを果たした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード/ハイブリッドGZ”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■GZグレード/ハイブリッドGZの外装

>>> 専用装備は何がある?新型カローラ スポーツGZの外装【実車画像で紹介】

グレード名の末尾に”Z”が付いた最上位モデルの”GZグレード/ハイブリッドGZ”の外装・エクステリアは、他のグレードとは異なりスポーツモデルらしさを前面に押し出した刺激的なデザインに…。

この最上位モデルの”GZグレード/ハイブリッドGZ”では、一つの光源でハイビームとロービームまかなえるバイビーム(Bi-Beam)方式のLEDヘッドライトを標準装備するなど、他のグレードよりも豪華な仕様に…。

■GZグレード/ハイブリッドGZのLEDヘッドライト

また、この”GZグレード/ハイブリッドGZ”のヘッドライトは、2段構えのクリアランスランプを備えており、他のモデルよりも、ワイド感(どっしり感)を強調したプロポーションになっているのが印象的でした。

18インチの大径タイヤを標準装備

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード/ハイブリッドGZ”の特徴の一つが、タイヤ&ホイールのデザインです。

■GZグレード/ハイブリッドGZのタイヤ&ホイール

今回新発売された新型モデルの最上位モデル”GZグレード/ハイブリッドGZ”では、なんと18インチサイズと言う大径タイヤ&ホイールを標準装備。

切削加工&ダークメタリック塗装を施した18インチタイヤは、かなり迫力のあるデザインに…。

スポーティーさを強調するカスタマイズモデルの”モデリスタ(MODELLISTA)”のパーツと合わせても、この18インチサイズのタイヤ&ホイールは、決して見劣りしません。

■モデリスタの外装・エクステリア

 

“GZグレード/ハイブリッドGZ”に標準装備されている18インチサイズのタイヤは他のグレードと比較すると、タイヤが薄いので、町中を運転すると、コツコツ感や凹凸を拾いやすいと欠点・デメリットもあります。

ただ、カーブ時の走行安定性がアップし、狙ったラインをきれいにトレースできるのは、大径タイヤを装着した”GZグレード/ハイブリッドGZ”ならではの、走りの良さだなと思いました。

また、ブレーキを踏んだ際、キュッと気持ちよく停車できるのも、このグレードの魅力の一つなのかなと思いました。

ちなみに、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、タイヤサイズだけではなく、装着しているタイヤメーカー&ブランドにもグレード差がありました。

この新型モデルに装着されているタイヤメーカー名やブランド名を確認したい方は、コチラの記事をご確認ください。

>>> 新型カローラスポーツのタイヤ【実車画像でメーカーやサイズの違いを徹底解説】

スポーツモデルらしさを強調したデザインに…

また、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード/ハイブリッドGZ”は、スポーツモデルらしさを強調したデザインになっているのも特徴の一つです。

その一つは、フロントグリルのデザインです。

この新型モデルの最上位”GZグレード/ハイブリッドGZ”では、フロントグリル部分をサテンクロムメッキ調で装飾したデザインに…。

■GZグレード/ハイブリッドGZのフロントグリル

また、リヤバンパーの左右には、ダミーマフラーのようなメッキ加飾を装備。

■GZグレード/ハイブリッドGZのリヤバンパー

このように、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデルの”GZグレード/ハイブリッドGZ”は、スポーツモデルと呼ぶのに相応しいデザインになっているのが、印象的でした。

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の各グレードの外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

今回新発売された新型モデルは、グレードによって、タイヤサイズやホイールのデザイン&素材に違いが…。また、加飾パーツの使い方にグレード差があり、見た目の印象が大きく異なりました。

ご覧の通り、今回新発売された新型モデルの外装・エクステリアは、グレードによって、雰囲気が大きく異なります。なので、グレード選びをする際は、外装・エクステリアの違いにも注目をしてみてくださいね。

ちなみに、今回新発売された新型モデルは、ハイブリッド車とガソリン車のパワートレインを用意していますが、パワートレインによっても、外装・エクステリアのデザインに違いがあります。

>>> ハイブリッドとガソリンの違いはドコ!?新型カローラ スポーツの外装を徹底比較

このハイブリッド車とガソリン車の外装・エクステリアの違いも、注目ポイントの一つですよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする