新型カローラスポーツは、どんなアートアレンジを用意!?【実車画像で確認】

2018年6月、トヨタの代表車種でもある”カローラ”か新モデルとなる新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)が、デビューを果たしました。

今回新発売された新型モデルは、運転席の広さや快適さを優先した”ドライバーズカー”となっているため、後部座席の広さは若干狭め…。なので、ファミリーカーとして使用するのは、ちょっと厳しい感じが…。

>>> 新型カローラ スポーツの後部座席は狭い!?【足元&頭上の広さを計測】

ただ、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、基本的なシートアレンジをしっかりと用意。若干気になる部分はあるものの、スポーツモデルと言う事を考えると、十分に満足できるアレンジ性能を備えているように感じました。

2018年6月にデビューをした新型モデルは、どのようなシートアレンジを用意していたのでしょうか?また、アレンジのしやすさや快適性は、どうだったのでしょうか?

トヨタのスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)に用意されているシートアレンジを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラスポーツのシートアレンジ性能を徹底解剖

2018年6月にデビューをしたトヨタのスポーツハッチバック”新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■新型カローラスポーツの内装・インテリア

今回新発売された新型モデルの内装・インテリアには、本革巻きのハンドルやシフトレバーを採用するなど、スタイリッシュなデザインに…。

便利な電動パーキングブレーキやオートブレーキホールドも全グレード標準装備されており、”カローラ”とは思えない機能の充実ぶりになっていました。

>>> 新型カローラ スポーツの内装の実車画像インプレ【シンプルだけど使い勝手は上々!?】

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後部座席は、6対4分割方式を採用しており、荷物の大きさや量、乗車人数などによって、2人~5人乗りまで調整する事が可能です。

実際にこの新型モデルのシートアレンジを確認してみると、このような感じに…。

■5人乗車モード

■4人乗車モード
(助手席側の後部座席を収納)

■3人乗車モード
(助手席側の後部座席を収納)

■2人乗車モード
(両側の後部座席を収納)

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)に用意されているシートアレンジは、ご覧の通り、後部座席の背もたれを収納するだけのオーソドックスなデザインになっていました。

ただ、この新型モデルはスポーツモデルと言う事を考えると、このようにシンプルなシートアレンジになっているのは、仕方ないのかもしれませんね。

新型カローラスポーツのシートアレンジ【実際に確認をして気になった欠点とは?】

このようなシートアレンジを用意している新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)ですが、実際に見てみると、少し気になった部分もありました。

私がこの新型モデルの後部座席に座って気になった事・デメリットを包み隠さず紹介したいと思います。

欠点1:荷室・ラゲッジスペースの段差

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のシートアレンジを確認していて気になったのは、荷室・ラゲッジスペースの段差です。

この新型モデルの後部座席を収納すると、ご覧の通り、約125mmの大きな段差ができてしまいます。

■後部座席を収納した時に段差

このように見ると、かなり大きいですよね。

倒した後部座席の背もたれがフルフラットになるのはとても良いのですが、それよりもこの大きな段差をどうにか解消して貰いたかったです。

ちなみに、今回新発売された新型モデルでは、メーカーオプション設定になっている”アジャスタブルデッキボード”を使用すると、この新型モデルの荷室の欠点でもある後部座席の背もたれ部分の段差を解消する事が可能です。

オプション価格もそれほど高くないので、荷室・ラゲッジスペースを有効活用したい方は、購入を検討しても良いのかなと思いました。

>>> 新型カローラ スポーツのデッキボード仕様の荷室レビューは、コチラから

欠点2:後部座席のアレンジ性能

また、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のシートアレンジを確認をして残念に感じた事の一つが、後部座席のアレンジ性能です。

例えば、この新型モデルの後部座席には、自分好みの角度に背もたれを調節できるリクライニング機能は用意されていません。

■新型カローラスポーツの後部座席

なので、長時間ドライブは少し大変です。

また、競合車・ライバル車の一つでもあるフォルクスワーゲンの”ゴルフ TSI ハイライン(GOLF TSI Highline)”のように長尺物を積み込むのに便利なトランクスルーも用意されていません。

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)は、スポーツモデルなので仕方ない部分もあるかもしれませんが、個人的には、もう少し後部座席のアレンジ性能を高めても良かったのかなと感じました。

2018年6月にデビューをしたトヨタのスポーツハッチバック”新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)”のシートアレンジ性能を確認してみたところ、このようになっていました。

今回新発売された新型モデルは、走りの良さや走破性を重要視したスポーツモデルと言う事で、シートアレンジは必要最小限といった感じに…。

また、後部座席を収納すると大きな段差が生じてしまうなど、この新型モデルのシートアレンジ性には、欠点・デメリットもあります。

今回新発売された新型モデルをファミリーカーとして使用を考えている方は、車内の広さや使い勝手などをしっかりと確認してみてくださいね。

>>> 実車を見る際はココを確認!新型カローラスポーツの欠点&不満

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする