新型カローラ スポーツGZ専用のレッド本革シートの魅力とは?【実車画像インプレ】

若々しいスタイルが魅力のコンパクトハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年6月にトヨタからデビューをしました。

今回新発売されたこの新型車の最上位モデル”GZグレード”では、メーカーオプションでセンシャルレッドの本革シート(レザーシート)を用意しています。

先日、センシャルレッドの本革シート(レザーシート)を装着したGZグレードを見る事ができたのですが、標準仕様よりもスポーティーなデザインに…。

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード”に用意されているオプションのセンシャルレッドの本革シートは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?

また、このセンシャルレッドの本革シートの魅力は、何だったのでしょうか?

先日、GZグレードの専用オプションになっているセンシャルレッドの本革シート(レザーシート)を見る事ができたので、デザインや使用されている素材、座り心地などを徹底解剖したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラ スポーツのGZグレード専用”レッドの本革シート”は、どんなデザイン?

トヨタの新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード”に用意されているレッドをあしらった本革シートは、このようなデザインになっています。

■GZにオプションで用意されている本革シート

ちなみに、こちらは、GZグレードに標準装備されているシートです。

■GZグレードに標準装備されている標準シート

 

見た目のスポーティーさが全く異なりますよね。

標準仕様のシートはシートの縁にレッドのステッチを採用したブラックカラーのシートになっています。

一方、メーカーオプションとして用意されている本革シートは、ブラックとレッドを組み合わせたスポーティーモデルらしいワクワクとするようなデザインになっていました。

また、赤いレザーは思ったよりもハデさはなく、”大人スポーティー”な雰囲気が漂うオシャレな内装・インテリアになっていました。

そんな最上位モデルの”GZグレード”にオプションとして用意されているレッドの本革シートには、次のような特徴&魅力がありました。

サテンメッキの加飾で見た目のスポティーさを演出

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のメーカーオプションの本革シートの魅力&特徴の一つは、ショルダーサポートとヘッドレストの間にあるサテンメッキ調の加飾です。

■メーカーオプションの本革シートのサテンメッキ加飾

この高級感のあるメッキ調の加飾が良いワンポイントアクセントになっています。

クルマに乗り込もうとドアを開けた瞬間に、鮮やかなレッドとサテンメッキ加飾が目に飛び込んでくる刺激的なシートデザインになっていました。

メーカーオプションの本革シートは、2種類の素材を使用

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のGZグレード専用のオプションになっているセンシャルレッドの注目ポイントの一つが、シートに使用されている素材です。

標準仕様のシートは、全面ファブリック素材になっていましたが、このメーカーオプションのシートは、メイン部分にウルトラスエードを、そして、サイドのレッド部分に本革を採用。

■メーカーオプションシートのメイン部分
素材:ウルトラスエード

■メーカーオプションシートのサイド部分
素材:本革

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード”では、このクルマのために開発&設計されたホールド性の高い”スポーツシート”を標準装備しています。

GZグレード専用デザインになっている”スポーツシート”の良さを最大限に味わうのなら、標準装備のファブリックシートではなく、オプションの本革シートの方なのかなと思いました。

新型カローラスポーツのレッドの本革シートの座り心地は?

また、今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード”に用意されている本革シートと標準仕様のシートでは、使用されている素材が異なるため、座り心地も異なります。

標準仕様のファブリック素材は、若干ザラザラと粗さを感じる肌触りになっているのになっています。また、シート表面に伸縮性のあるファブリック素材を使用しているため、座った時の沈み込みも大きめです。

■標準装備のシートに採用されているファブリック素材

一方、ウルトラスエード素材をメイン部分に使用しているオプションシートは、ポツポツと穴が開いたパンチング加工が施されており、着座位置から滑りにくいフィット感の良い座り心地に…。

■オプションシートに採用されているウルトラスエード素材

また、このオプションのシートは、ショルダー部分やシートのサイド部分に本革を使用しているため、標準仕様のシートよりもコシがあり、横方向へのよれが少ないしっかりとした座り心地に…。

見た目が印象的なレッドの本革シートですが、個人的には、標準仕様よりもワンランク上のホールド性と快適性を兼ね備えたプレミアム感溢れるシートになっているように感じました。

ヘッドレストに頭が触れた時の弾力性にも違いが…

また、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のメーカーオプションとして用意されている本革シートと標準仕様のシートでは、ヘッドレストに頭が触れた時の感触・弾力性にも違いがありました。

■標準仕様のヘッドレスト

■メーカーオプションのヘッドレスト

標準仕様のヘッドレストは、シート素材と同じファブリック素材になっているため、クッションの柔らかさを感じるような弾力性がありました。

一方、メーカーオプションのシートのヘッドレストは、本革(レザー)で覆われているヘッドレストは、標準仕様よりも弾力性が…。

メーカーオプションの本革仕様のヘッドレストは、中のクッションがパンパンに詰まっているような弾力があり、ワンランク上のシートに座っているような座り心地になっていました。

トヨタのスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード”にオプションで用意されているセンシャルレッドの本革シートは、このようなデザインになっていました。

「えッ!?こんなカッコいいいシートがカローラに搭載される良いの!?」

と、感心してしまうくらい、ウルトラスエードと本革を組み合わせたオプションの本革シートは、贅沢な作りに…。また、他のグレードや競合車では味わえないスポーティーさがありました。

このセンシャルレッドの本革シートは、オプション価格が少々高いのが欠点・デメリットの一つですが、スポーティーモデルらしい刺激や高揚感を味わいたい人には、ピッタリなアイテムだと思いました。

ちなみに、このオプションを装着すると、内装・インテリアが標準仕様と異なるデザインになるのも注目ポイントの一つですよ。

>>> 新型カローラスポーツGZの内装【本革仕様と標準仕様の3つの違いとは?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする