新型カローラ スポーツGZの本革仕様の欠点【ガソリン車は損をする!?】

2018年6月、トヨタの代表車種”カローラ”から走りに特化したスポーティーハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)が、デビューをしました。

今回新発売された新型モデルの最上位”GZグレード”では、ドアを開けた瞬間に気分が高揚するレッドの本革シート仕様を、メーカーオプションで用意しています。

>>> 新型カローラ スポーツGZ専用のレッド本革シートの魅力とは?【実車画像インプレ】

ただ、この”レッドの本革シート”をガソリン車に装着すると、標準仕様の時よりも意外な費用が値上がりしてしまう可能性が…。

GZグレード専用オプションをガソリン車に装着する時に値上がりをする、意外な費用は、何なのでしょうか?また、本革仕様と標準仕様では、どのくらいその費用に差が出るのでしょうか?

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード”にオプションとして用意されている”レッドの本革仕様”の注意点・欠点を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラ スポーツGZグレードのレッドの本革仕様の意外な欠点とは?【購入する際の注意点】

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のGZグレードに用意されている専用オプション”レッドの本革シート仕様”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■GZグレードのレッド本革仕様の内装・インテリア

>>> 新型カローラスポーツGZの内装【本革仕様と標準仕様の3つの違いとは?】

GZグレード専用オプションになっているレッドの本革仕様にすると、シートは、レッドをアクセントカラーに使用をしたスポーツシートを採用。

背もたれに施されたサテンメッキ調の加飾が印象的で、”カローラ”とは思えない刺激的なデザインのシートになっていました。

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード”に用意されている”本革仕様”ですが、オプション価格を確認してみたところ、次のようになっていました。

■GZグレード専用オプションの”本革仕様”の価格…17万5500円

GZグレードに用意されているレッドの本革仕様のオプション価格は、ちょっと高めの設定に…。

スポーツモデルらしい刺激的な内装にしてくれるとても魅力的なオプションの一つです。また、見た目のデザインだけではなく、シートヒーターや運転中の腰周りをサポートしてくれるランバーサポートなどが装着される実用性も高いオプションになっています。

ただ、このオプション価格を見て、購入を躊躇するお客さんは、意外と多いのかなと思いました。

オプション購入すると、値上がりをする意外な費用とは?

このように刺激的な内装・インテリアにしてくれるGZグレード専用のオプションの”レッドの本革シート仕様”ですが、先ほどもお話した通り、装着すると、意外な費用が値上がりをしてしまいます。

その費用とは、クルマを購入する時に支払わないといけいない税金の一つ”自動車取得税”です。

この自動車取得税は、車体本体だけではなく、カーナビやアルミホイール、カーオーディオなど車両と一体になったオプションも課税対象となる税金です。

そして、この”レッドの本革シート”も、他のオプションと同様にこの自動車取得税の課税対象に含まれてしまうのです。

今回、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)にGZグレードに用意されている”レッドの本革シート仕様”は、元々オプション価格が高いのに、自動車取得税も高くなってしまうとは…。

しかも、オプション価格が高いため、ガッツリと自動車取得税に反映されてしまいます。

自動車取得税が値上がりしてしまうのは仕方ない部分ですが、標準仕様とオプションの本革仕様では、あまりにも違いがありすぎて、見積もりを貰った瞬間、

「えっ!?この見積もりって、どこか間違えているんじゃないか?」

と、思ってしまうくらい違いがありました。

GZグレードを本革仕様と標準仕様の自動車取得税:課税額の違いはいくら?

そんな新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のGZグレードですが、標準仕様とオプションの本革仕様では、クルマ購入時に支払わないといけない自動車取得税にどれくらい違いがあるのでしょうか?

私が貰った見積もりを使って、標準仕様と本革仕様の自動車取得税の課税額(支払い額)の違いを紹介したいと思います。

こちらは、私が貰ってきた新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のガソリン車”GZグレード”の標準仕様の見積もりです。

■ガソリン車の標準仕様の見積もり

私が貰ってきたガソリン車の標準仕様の見積もりの自動車取得税の課税額は、次のようになっていました。

■標準仕様の自動車取得税…6万8600円

一方、こちらは、メーカーオプションになっている”レッドの本革仕様”を注文した時のガソリン車のGZグレードの見積もりです。

■ガソリン車の本革仕様の見積もり

この本革仕様にした時の見積もりの自動車取得税を確認してみたところ、次のような結果に…。

■本革仕様の自動車取得税…7万3000円

本革仕様の自動車取得税は7万3000円となっており、標準仕様よりも4,400円も高くなっています。

ちょっとこの差は、大きいですよね。

また、ガソリン車の場合、本革仕様に変更すると、元々のオプション価格”17万5500円”に自動車取得税の値上げ分”4400円”が加算されるため、トータルの購入費用として、17万9900円掛かるという事です。

今回新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のGZグレードに用意されている”本革仕様”は元々オプション価格が高めなのですが、自動車取得税の値上がりを考えると、さらに高くなった感じが…。

このようにGZグレードに用意されているメーカーオプションの”レッドの本革シート”を注文すると、自動車取得税が値上がりしてしまうので、注意してくださいね。

ちなみに、ハイブリッド車は、エコカー減税100%免税対象車となっているため、本革仕様にした際も自動車取得税が一切かかりません。

“レッドの本革シート”のオプション価格自体は、ハイブリッド車とガソリン車でまったく同じです。ただ、自動車取得税の値上がり分を含めると、ガソリン車よりもハイブリッド車の方がお得なのかなと思いました。

トヨタの新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最上位モデル”GZグレード”に用意されている”レッドの本革シート”は、スポーツモデルらしい刺激的な内装・インテリアにしてくれる人気のオプションです。

ただ、このレッドの本革シートは、オプション代が高いという欠点・デメリットがあります。しかも、ガソリン車の場合、自動車取得税の課税額が標準仕様の時よりも高くなってしまいます。

このような小さな費用の積み重ねで、乗り出し価格が高くなってしまうので、クルマ購入時は注意してくださいね。

>>> 新型カローラスポーツの見積もり比較【HVとガソリンの価格差は少ない?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする