新型カローラスポーツの走りはイマイチ!?試乗で実感した欠点とは?

3ナンバーサイズになり、堂々たるフォルムに生まれ変わったスポーツハッチバック新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年6月にデビューをしました。

今回新発売された新型モデルは、ハンドルやペダルを操作した時の自然な感覚や、しなやかな足回りなど、今までの”カローラ”のイメージを覆すような魅力が盛り沢山。

>>> 新型カローラスポーツのハンドルの出来の良さに驚愕【試乗レビュー】

ただ、この新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)も、他のクルマと同様に欠点が一つもない完璧なクルマではありません。実際にこの新型モデルを運転をしてみると、気になる部分や改善して貰いたところが、いくつかありました。

2018年6月にデビューをしたこの新型スポーツハッチバックを実際に運転をして、残念に感じた部分、競合車よりも劣っていると感じた欠点・デメリットは、何だったのでしょうか?

トヨタから新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の欠点&デメリットを、包み隠さず暴露いたしたます。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラスポーツの欠点1.加速力&パワー

2018年6月にデビューを果たしたトヨタのスポーツハッチバック新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)を試乗していて残念に感じた事の一つが、加速力&パワー不足です。

今回新発売された新型モデルは、大きく分けて次の2つのパワートレーンを用意しています。

・1.2リットル直噴ターボエンジンを搭載したガソリン車
・1.8リットルエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド車

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のターボ車に搭載されている1.2リットル直噴ターボエンジンは、トヨタの人気コンパクトSUV”CHR/CH-R”にも採用されている実績のあるエンジンです。

■ガソリン車に搭載されている1.2リットルターボエンジン

また、この新型モデルのハイブリッド車に使用されているシステムは、トヨタの新型プリウス(PRIUS)と全く同じハイブリッドシステムです。

■ハイブリッド車に搭載されている1.8リットルエンジン

このように今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)に用意されているターボ車/ハイブリッド車はどちらも、トヨタの実績のあるクルマと全く同じエンジン&ハイブリッドシステムを搭載しているため、普通に走ります。

1.2リットルターボエンジンを搭載したガソリン車は、低速でのトルクは厚めになっているので、普段使いでの発進時加速には不満ありません。また、高速道路で運転した時の追い越し加速も、十分に満足できるレベルになっていました。

なので、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の加速力やパワーに、一切の不満を感じませんでした。

ただ、これは、この新型モデルを一般的なファミリカーとして考えた時です。

新型カローラスポーツを走りにこだわったスポーツモデルとして見ると…

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)を”走り良さ”や”運転の楽しさ”を最優先にしたスポーツモデルとして考えると、パワーや加速力にちょっと物足りなさを感じます。

また、加速感もイマイチです。

この新型モデルは、車名に”スポーツ”と言う名前が付いているですが、スズキのスイフト スポーツ(SWIFT SPORT)のようなトルクたっぷりのチカラ強い加速を味わう事ができません。

また、ドライブモードを”スポーツ(SPORT)”にして、アクセルをグッと踏み込んでも、シートに押さえつけられるような力強い加速は体験する事ができません。

アクセルの踏み込みに応じてスムーズにスーっと加速していくこの新型モデルの加速感は、スポーツモデルと言うよりも、上質な高級サルーンと言った感じです。

今回新発売された新型モデルは、ハンドリングも素直で、ロードノイズもしっかりと抑えられたとても良いクルマなのです。ただ、”スポーツ”と名乗っている以上、もう少しダイレクトな加速感を味わえるクルマに仕上げても良かったのかなと感じました。

また、個人的には、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のハイブリッド車には、ハンドルを握ったままシフトチェンジを行える”パドルシフト”が用意されていない事も、少々残念に感じた事の一つでした。

新型カローラスポーツの欠点2.後方&斜め後方の視界

また、2018年6月にデビューを方した新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)を試乗をしていて気になったのが、後方&斜め後方の視界性です。

この新型モデルのサイドミラーは切れ上がっているデザインになっているため、斜め後方の視界があまり良くありません。それでもトヨタの人気SUV新型CRV/CR-Vよりは、マシなレベルですが…。

また、リヤウィンドウのエリアもそれ程大きくないので、後部座席に乗車する人がいると、かなり隠れてしまい後方の確認がしにくくなります。

ボディサイズの割に気を遣わないといけない後方視界&斜め後方の視界は、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の欠点&デメリットの欠点&デメリットの一つなのかなと思いました。

ちなみに、今回新発売されたこの新型モデルでは、高速道路での車線変更をサポートしてくれる”ブラインドスポットモニター”や、後退時の後方確認をアシストしてくれる”リヤクロストラフィックオートブレーキ”などの予防安全装備が、メーカーオプションで用意されています。

■新型カローラスポーツのブラインドスポットモニター

装着するのに10万円以上もするので、決して安い金額ではありませんが、この新型モデルの後方の視界性や安全性に少しでも不安を感じたら、オプション設定になっている安全装備を装着するのも良いのかなと思いました。

また、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の後方の視界に関しては、コチラの記事に実際の写真付きで詳しくまとめてあります。なので、運転席から後方&斜め後方は、どのように見えるのか確認する事ができます。

>>> 新型カローラスポーツの後方視界は死角が多い!?【実車画像で欠点を確認】

もしこの新型モデルの視界に関して、詳しく確認したい方ら、コチラの記事を参考にしてみてくださいね。

2018年6月にオーリス(AURIS)の後継車種として登場をした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)を試乗させて貰ったところ、このような欠点&デメリットがありました。

私がこの新型モデルを試乗して特に気になったのは、加速力&パワーです。

普段使いでは十分に満足できる加速とパワーを備えているのですが、スポーツモデルらしさは皆無です。これだったら、別の名前にした方が良かったような…。

ハンドルの操舵感やブレーキのフィーリング、充実した安全装備など、クルマ自体はとても良いだけに、名前負けをしている感じが、ちょっともったいないなと感じてしまいました。

>>> 新型カローラスポーツの室内の広さ【試乗して分かったメリット&欠点を紹介】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする