どこが違う!?新型カローラスポーツのGXとGの外装の違いを実車画像で比較


今までのカローラ像とは大きく異なるスポーティーなスタイルに生まれ変わった新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)が、2018年6月にトヨタから新発売されました。

今回新発売された新型モデルの中で最もリーズナブルなモデルは、”GXグレード(ハイブリッドGX)”となっていますが、基本的な機能や装備はしっかりと装着されています。なので、機能面や装備面で不自由をする事はありません。

ただ、最廉価モデルの”GXグレード(ハイブリッドGX)”と中間モデルの”Gグレード(ハイブリッドGX)”と見比べると、外装やエクステリアのデザインに若干の違いが…。

2018年6月にデビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデルの”GXグレード”と中間モデルの”Gグレード”の外装・エクステリアは、それぞれどのようなデザインになっていたのか?また、この2台のモデルの外装・エクステリアには、どのような違いがあったのか?

実車画像を使って、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の”GXグレード”と”Gグレード”の外装・エクステリアの違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラスポーツGXとGの外装は、どんなデザイン?

新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の中で最も手が届きやすいエントリーモデルに位置をしている”GXグレード(ハイブリッドGX)”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■GXグレードの外装画像

このエントリーモデルの”GXグレード(ハイブリッドGX)”は、トヨタの最新の安全装備システム”第2世代版のトヨタセーフティセンス”やLEDヘッドライトなどを標準装備されており、機能面や装備面では、”GXグレード(ハイブリッドGX)”に見劣りをしません。

また、メーカーオプション設定でシートヒーターやインテリジェントクリアランスソナーなどの予防安全装備が装着できるようになっているのも、好印象でした。

一方、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の中間に位置付けられているのが、”Gグレード(ハイブリッドG)”です。

■Gグレードの外装画像

この中間モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”はフロントグリルなどに加飾を施しており、最廉価モデルの”GXグレード(ハイブリッドGX)”よりも上質感・高級感のあるデザインに…。

このクルマの特徴でもあるスポーツモデルらしさは少々控えめなデザインになっていますが、長年乗り続けても飽きることがないシンプル&スタイリッシュなデザインになっていました。

新型カローラスポーツGXグレードとGグレードの外装の違い

このようなデザインになっている新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のエントリーモデルの”GXグレード(ハイブリッドGX)”と中間モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”の走破性やドライビングフィール、燃費性のには、大きな違いがありません。

ただ、加飾パーツのデザインなどに若干の違いが…

そんな2台のモデルの外装・エクステリアを違いを紹介したいと思います。

違い1:タイヤ&ホイールのデザイン

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデル”GXグレード(ハイブリッドGX)”と中間モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”の外装・エクステリアの大きな違いの一つが、タイヤ&ホイールのデザインとサイズです。

どちらもシルバーカラーをした落ち着いたデザインのタイヤ&ホイールを標準装備していたのは共通していたのですが、最廉価モデルの”GXグレード(ハイブリッドGX)”では、15インチサイズのフルホイールキャップ付きのスチールホイールを標準装備。

■GXグレードのタイヤ&ホイール

一方、中間モデル”Gグレード(ハイブリッドG)”では、16インチサイズのタイヤ&アルミホイールを標準装備。

■Gグレードのタイヤ&ホイール

2台のモデルを見比べると、やはりアルミホイールを採用している中間モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”の方がオシャレなデザインになっていました。

違い2:フロントグリルのデザイン

今回新発売された新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の最廉価モデルの”GXグレード(ハイブリッドGX)”と中間モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”では、フロントグリルのデザインにも違いがあります。

最廉価モデルの”GXグレード(ハイブリッドGX)”では、艶のないプラスチック感満載のシンプルなブラック塗装になっているのに対し、中間モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”では、ガンメタリックの艶あり塗装に…。

■Gグレードのフロントグリル

このフロントマスクの違いも、新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)の”GXグレード(ハイブリッドGX)”と”Gグレード(ハイブリッドG)”の大きな違いの一つなのかなと思いました。

違い3:サイドウィンドウ

また、今回デビューをした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のエントリーモデルの”GXグレード(ハイブリッドGX)”と中間モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”では、サイドウィンドウを取り囲んでいる加飾パーツに違いがありました。

最廉価モデルの”GXグレード(ハイブリッドGX)”では、サイドウィンドウを取り囲んでいる加飾パーツはなく、シンプルなブラックカラーのままになっていました。

■GXグレードのサイドウィンドウ

一方、中間モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”のサイドウィンドウは、メッキ調の加飾を施したデザインに…。

■Gグレードのサイドウィンドウ

最廉価モデル”GXグレード(ハイブリッドGX)”よりも中間モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”の方が高級感&上質感のあるデザインになっていました。

2018年6月にデビューを果たした新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)のエントリーモデル”GXグレード(ハイブリッドGX)”と中間モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

この2台のモデルの外装・エクステリアを比較してみると、タイヤ&ホイールのデザインなどに違いが…。やはりこの2台のモデルを見比べてみると、上質感や高級感と言う点で大きな違いを感じました。

ただ、最廉価モデルの”GXグレード(ハイブリッドGX)”では、様々なオプションが用意されており、外装・エクステリアを中間モデルの”Gグレード(ハイブリッドG)”に近づける事ができます。

>>> 新型カローラスポーツGとGXの外装の違い【見た目の差を極力減らすには?】

メーカーオプションで様々なアイテムを装着すると、この2台のモデルの外装の差は、パッと見ただけでは分からないくらい小さくなります。

少しでも安く新型カローラ スポーツ(COROLLA SPORT)を購入したいと考えている方は、最廉価モデルの”GXグレード(ハイブリッドGX)”にオプションを付けるのもアリなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする