どこが違う!?新型フィット4のホームとネスの内装を比較

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、グレードによって、コンセプトが全く異なります。

なので、中間モデルの”ホーム(HOME)”とセンスの良さが光る”ネス(NESS)”の内装・インテリアも全く異なるデザインになっています。

また、この2台のモデルの内装・インテリアを比較してみると、車体本体価格の安いホーム(HOME)の方が高級感&上質感がある感じが…。

そんな新型モデルの”ホーム(HOME)”とネス(NESS)”の内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この2台のモデルの内装&インテリアは、どんな違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、新型フィット4(Fit4)の”ホーム(HOME)”と”ネス(NESS)”の内装・インテリアを比較したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4のホームとネスの内装をチェック

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の中間モデルに位置をする”ホーム(HOME)”と上位モデルに位置をする”ネス(NESS)”の内装・インテリアは、それぞれこのようなデザインになっていました。

ホームの内装

こちらは、この新型モデルの中間モデル”ホーム(HOME)”の内装・インテリアです。

■ホームの内装・インテリア

このホーム(HOME)では、ダッシュボードやドア内側パネルにモチっとした肌触りが特徴のソフトパッドを採用しており、中間モデルとは思えない高級感のあるデザインに…。

また、電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールド、フルオートエアコンなども備わっており、機能や装備が充実しているのも魅力の一つでした。

ネスの内装

一方、こちらは、上位モデルに位置をする”ネス(NESS)”の内装・インテリアです。

■ネスの内装・インテリア

中間モデルの”ホーム(HOME)”と同様、電動パーキングブレーキやオードブレーキホールドなどが備わっており、機能や装備は充実しています。

また、シートも撥水加工が施されるなど、使い勝手を考慮したデザインに…。

ただ、シートやダッシュボードの装飾がファブリック素材になっており、高級感&上質感に関しては、中間モデルのホーム(HOME)の方がワンランク上になっていました。

新型フィット4のホームとネスの内装はココが違う

このようなデザインになっている新型フィット4(Fit4)の中間モデルの”ホーム(HOME)”と”ネス(NESS)”の内装・インテリアですが、この2台のモデルの内装・インテリアを見比べてみると、次のような違いがありました。

用意されている内装色【ホームとネスの違い1】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の”ホーム(HOME)”と”ネス(NESS)”の内装・インテリアの違いの一つは、用意されている内装色のカラーです。

中間モデルの”ホーム(HOME)”では、オーソドックスなブラックの他にオシャレな車内空間を演出するソフトグレーを用意。

■ホームのブラック

■ホームのソフトグレー

一方、上位モデルに位置をする”ネス(NESS)”では、落ち着いた車内空間を演出する”ブラックグレー”と、シートサイドにライムグリーンをあしらった”ブラック×ライムグリーン”の2種類を用意。

■ネスのブラックグレー

■ネスのブラック×ライムグリーン

まったく異なる雰囲気の内装・インテリアとなっていました。

ちなみに、ネスに用意されている”ブラック×ライムグリーン”は、アクセント2トーンカラ専用の内装色となっております。

通常のモノトーンや2トーンカラーを選ぶと、オーソドックスな”ブラック&グレー”になるので、ご注意くださいね。

インパネ&ドア内側パネルの高級感【ホームとネスの違い2】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の”ホーム(HOME)”と”ネス(NESS)”では、ダッシュボード&ドア内側パネルの高級感・上質感も異なります。

この新型モデルでは、助手席側のダッシュボードやドア内側パネルのトリム部分に加飾が施されているのですが、ホーム(HOME)とネス(NESS)では、使用している素材に違いがありました。

中間モデルのホーム(HOME)では、ダッシュボードやドア内側パネルにオシャレな内装を演出するソフトパッドを採用しています。

■ホームのダッシュボード

■ホームのドア内側パネル

また、ドア内側パネルにソフトパッドが使用されているため、ドアアームレストに腕を置いた時の感触も良くなっていました。

一方、上位モデルに位置をする”ネス(NESS)”では、ダッシュボードの加飾やドア内側パネルのトリム部分にファブリック素材を採用しています。

■ネスのダッシュボード

■ネスのドア内側パネル

なので、ソフトパッドを採用しているホーム(HOME)と比較すると、ネス(NESS)の内装・インテリアは、シンプルな見た目になっています。

また、この新型モデルのネス(NESS)に採用されているファブリック素材は、布目の粗い生地を採用しているので、ザラザラとした肌触りに…。

ここらへんも、ソフトパッドを採用している”HOME(ホーム)”よりも見劣りをするところだと思いました。

ハンドル&シフトレバーの素材【ホームとネスの違い3】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の”ホーム(HOME)”と”ネス(NESS)”の内装・インテリアの違いの一つが、ハンドル&シフトレバーに使用されている素材です。

中間モデルに位置をする”ホーム(HOME)”では、本革巻きのハンドル&シフトレバーを標準装備しています。

■ホームのハンドル

■ホームのシフトレバー

一方、上位モデルに位置をする”ネス(NESS)”では、シンプルなウレタン製のハンドル&シフトレバーを標準装備。

■ネスのハンドル

■ネスのシフトレバー

このように見比べると、ハンドルやシフトレバーの高級感が異なりますよね。

本革巻きのハンドル&シフトレバーを採用している”ホーム(HOME)”の後にネス(NESS)に乗ると、運転席まわりのアイテムや装備に物足りなさを感じます。

運転席まわりの上質感や満足感に関しては、上位モデルの”ネス(NESS)”よりも中間モデルの”ホーム(HOME)”の方がワンランク上なのかなと思いました。

エアコンの性能【ホームとネスの違い4】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のホーム(HOME)とネス(NESS)の内装・インテリアの大きな違いの一つが、エアコンの性能です。

ホーム(HOME)/ネス(NESS)どちらも、ダイヤルで温度や風量を調整することができる、フルオートエアコンを標準装備しています。

■新型フィット4のオートエアコン

ただ、上位モデルの”ネス(NESS)”のみ、車内空間の除菌&消臭だけではなく、お肌や髪に良いと言われる”プラズマクラスター機能”を搭載しています。

ちょっとコレは嬉しいですよね。

ちなみに、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の5つのグレードの中で、プラズマクラスター機能を標準装備しているのは、このネス(NESS)のみです。

このプラズマクラスター機能を搭載しているエアコンを備えているのは、”ネス(NESS)”の内装・インテリアの大きな魅力の一つなのかなと思いました。

シートの素材【ホームとネスの違い5】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の”ホーム(HOME)”と”ネス(NESS)”の内装・インテリアの大きな違いの一つが、シートに使用されている素材です。

ホーム(HOME)では、シートサイドに合成レザーのような質感を楽しめるプライムスムースを配したコンビネーションシートを標準装備しています。

■ホームのシート

また、シートのメイン部分に採用されている織物も滑らかな肌触りになっているため、座り心地が良いのも好印象でした。

一方、上位モデルの”ネス(NESS)”では、水を弾く撥水加工を施したファブリック素材のシートを標準装備。

■ネスのシート
撥水加工を施しているので、使い勝手は良いものの、見た目のデザイン性は、シートサイドにプライムスムースを配した”ホーム(HOME)”より劣る感じが…。

また、このネス(NESS)のシートに採用されているファブリック素材は、少しザラザラとした肌触りになっており、シートが直接肌に触れた時の感触もホーム(HOME)の方が良いように感じました。

まとめ:内装の高級感はホーム(HOME)の方がワンランク上

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の中間モデル”ホーム(HOME)”とアクティブ仕様の”ネス(NESS)”の内装・インテリアを比較してみたところ、このようになっていました。

ネス(NESS)は、撥水加工を施したシートやプラズマクラスター機能付きのエアコンを備えるなど、使い勝手の良い内装・インテリアにになっていました。

しかし、内装・インテリアの高級感に関しては、ソフトパッドを採用しているホーム(HOME)の方がワンランクもツーランクも上。

車内の高級感&上質感を求めるのなら、上位モデルに位置をする”ネス(NESS)”よりも中間モデルの”ホーム(HOME)”の方が良いように感じました。

ちなみに、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の”ホーム(HOME)”と”ネス(NESS)”の見積もりを貰ってみたところ、思ったよりも価格差がありました。

この乗り出し価格の差でこの機能や装備の違いなら、上位モデルのネス(NESS)よりも中間モデルの”ホーム(HOME)”の方が良いのかなと、思っちゃいました。

ここを読めばすべてが分かる! 新型フィット4の記事一覧
スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする