新型フィット4の一番人気グレードはホーム【理由をディーラーに聞いてみた】

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、ハイブリッド車/ガソリン車それぞれ5つのグレードをラインナップしています。

グレードによって見た目のデザインや機能・装備が大きくことなるこの新型モデルですが、一番人気の高いグレードは、中間モデルに位置をする”ホーム(HOME)”のようです。

しかも、約半数の方がホーム(HOME)を選んでいるぐらい、圧倒的な人気の高さを誇っているとのこと。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の中で、なぜ中間モデルの”ホーム(HOME)”が圧倒的人気を誇っているのでしょうか?

いつもお世話になってるディーラーさんに中間モデルの”ホーム(HOME)”の人気が高い理由を聞いてみたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

機能&装備 の充実度【新型フィット4のホームの人気が高い理由1】

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)のホーム(HOME)の人気が高い理由の一つは、車体本体価格とは釣り合わないくらい充実した機能や装備を備えているところです。

この新型モデルの”ホーム(HOME)”の車体本体価格は、ベーシック(BASIC)に次ぐ車体本体価格の安さになっています。

■新型フィット4のグレード別価格比較

ハイブリッド(FF車) ガソリン(FF車)
ベーシック 1,997,600円 1,557,600円
ホーム 2,068,000円 1,718,200円
ネス 2,227,500円 1,877,700円
クロスター 2,288,000円 1,938,200円
リュクス 2,327,600円 1,977,800円

ただ、この新型モデルのホーム(HOME)は、価格が下から2番目に安いグレードと感じさせないくらい機能や装備が充実していました。

ホームに用意されている主な機能&装備

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の中間モデル”ホーム(HOME)”に用意されている嬉しい機能&アイテムの一つが、安全装備システム”ホンダセンシング(Honda SENSING)”です。

このホーム(HOME)では、交差点を右折する際の対向車との衝突を回避することができる最新の自動ブレーキや、作動範囲を停車まで拡大をしたクルーズコントロールがセットになった最新の安全装備システム”ホンダセンシング(Honda SENSING)”が標準装備されています。

■新しくなった新型フィット4のホンダセンシング

また、ブレーキペダルから足を離しても停車状態を維持してくれるオートブレーキホールや発進までをスムーズにしてくれる”電動パーキングブレーキ”なども標準装備しています。

■ホームの電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールド

中間モデルのホーム(HOME)でも、このように使いが手の良い便利なアイテムが充実しているのが、売れている理由の一つのようですよ。

カラーバリエーションの豊富さ【新型フィット4のホームの人気が高い理由2】

また、選べるボディカラーのバリエーションの多さも、新型フィット4(Fit4)の中間モデル”ホーム(HOME)”の人気の秘訣のようです。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)はモノトーン/2トーンカラーあわせて25色ものボディカラーを用意しています。

ただ、グレードによって、選べるボディカラーの数や種類に違いが…。

例えば、最廉価モデルに位置をする”ベーシック(BASIC)”や最上位モデルの”リュクス(LUXE)”では、モノトーンのカラーは選べますが、2トーンカラーを選べうことができません。

しかし、中間モデルの”ホーム(HOME)”では、モノトーン/2トーンカラーあわせて18色を用意しており、選べるボディーカラーのバリエーションは、他どのグレードよりも多くなっています。

■新型フィット4の2トーンカラー

また、”ホーム(HOME)”でしか選べないボディカラーもたくさん用意されています。

この選べるカラーバリエーションの豊富さも、新型フィット4(Fit4)の中間モデル”ホーム(HOME)”の人気の理由の一つのようですよ。

ちなみに、この新型モデルのグレード別のボディカラーのライナップは、こちらの記事にまとめています。

グレードによって全然異なるこの新型モデルのボディカラーを確認したい方は、コチラの記事を確認してみてくださいね。

内装・インテリアの質感の高さ【新型フィット4のホームの人気が高い理由3】

また、ディーラーさんによると、内装・インテリアの上質感や質感の高さが決め手となって、新型フィット4(Fit4)の中間モデルの”ホーム(HOME)”を選んでいく方も大勢いるそうです。

上位モデルよりも高級感のあるハンドル&シフトレバー

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の中間モデル”ホーム(HOME)”の内装・インテリアの魅力の一つは、ハンドル&シフトレバーです。

上位モデルの”ネス(NESS)”やクロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”は、シンプルなウレタン製のハンドルやシフトレバーとなっているのですが、ホーム(HOME)では、高級感のある本革巻きを採用しています。

■ホームのハンドル

■ホームのシフトレバー

一方、上位モデルに位置をする”ネス(NESS)”や”クロスター(COROSSTER)”がウレタン製のハンドルやシフトレバーとなっています。

■クロスターのハンドル

■クロスターのシフトレバー

上位モデルがウレタン製のハンドルを採用しているのに、下位モデルに位置している”ホーム(HOME)”が本革巻きのハンドルやシフトレバーを採用しているのって、かなり珍しいですよね。

このように高級な装備&アイテムを備えているのは、ホーム(HOME)の魅力&メリットの良さだと思いました。

シートの高級感も十分

また、ディーラーさんの話によると、新型フィット4(Fit4)のイメージにあったオシャレなシートを備えているのも、ホーム(HOME)の人気の秘訣のようです。

このホーム(HOME)では、シートサイドに合成レザーのような質感を楽しめるプライムスムースを配した”コンビシート”を標準装備しています。

■ホームのシート

サイドにプライムスムースを配したホーム(HOME)のシートは、中間モデルとは思えないほどオシャレなデザインになっています。

ちなみに、新型フィット4(Fit4)の上位モデルに位置をする”ネス(NESS)”や”クロスター(COROSSTER)”では、ファブリック素材のシートとなっています。

■クロスターのシート

このように2台のモデルを見比べてみると、シートのオシャレさが全然違いますよね。

このホーム(HOME)のオシャレなシートや内装・インテリアが気に入って、このグレードを選んでいくいく方も大勢いるそうですよ。

まとめ:中間モデルのホームは、コスパに優れた最強モデル

いつもお世話になっているディーラーさんに、新型フィット4(Fit4)の中間モデル”ホーム(HOME)”の人気の秘訣を伺ってみたところ、このような理由を教えていただきました。

ディーラーさんの話によると、機能や装備の充実度やオシャレな内装に惹かれて、ホーム(HOME)を選ぶ方が多いとのこと。

私も実際にこのホーム(HOME)を見た時、「これって本当に中間グレードなの!?」と、内装・インテリアの質感の高さに驚いた一人なので、ディーラーさんの話には納得です。

新型フィット4(Fit4)の中間モデル”ホーム”と最上位モデルの”リュクス”を比べてみると、機能や装備で見劣りする部分はあります。

ただ、中間モデルのホーム(HOME)は、コンパクトカーの中間グレードとしては、これ以上望むべくもないくらい充実した機能&装備を備えてるように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする