新型フィット4 ホームの内装はオシャレ!実車画像でインテリアを徹底解剖

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型フィット/フィット4の一番人気のグレードは、使い勝手の良い機能や装備をバランス良く取り揃えている中間モデルの”ホーム(HOME)”です。

また、ホーム(HOME)の内装・インテリアの質感や上品さは、このグレードよりも車体本体が高いスタイリッシュ仕様の”ネス(NESS)”やクロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”よりも良いように感じました。

そんな人気モデル”ホーム(HOME)”の内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、このグレードの内装・インテリアは、他のグレードとどんな違いがあったのでしょうか?

新しいデザインに生まれ変わった新型フィット/フィット4の中間モデル”ホーム(HOME)”の内装・インテリアを実車画像を使って、徹底解説していきたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4 ホームの内装のデザインをチェック

2020年2月にフルモデルチェンジをしてホンダからデビューを果たした新型フィット/フィット4の人気モデル”ホーム(HOME)”は、2種類の内装色を用意しています。

■ホームに用意されている2種類のインテリアカラー

・シックなブラック
・カジュアルなソフトグレー

重さを感じない柔らかなブラックの内装色

新型フィット/フィット4の中間モデル”ホーム(HOME)”に用意されているブラックの内装色は、このようなデザインになっています。

■ブラックの内装色

ブラックの内装色は、シックで大人っぽい車内空間を演出してくれる一方、車内全体が重たく見えてしまうのが欠点&デメリットの一つでした。

ただ、この”ホーム(HOME)”では、柔らかい素材をシートに採用していることもあり、重さを感じないカジュアルモダン テイストな車内空間に…。

高級感や上質感と言う点では、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”よりも見劣りをしますが、この柔らかなデザインは新しく生まれ変わった新型フィット/フィット4らしくて、とても良いと思いました。

開放感のあるライトグレー

一方、新型フィット/フィット4の”ホーム(HOME)”のライトグレーの内装色は、このようなデザインになっています。

■ホームのライトグレーの内装色

ライトグレーの内装色にすると、ハンドルやドア内側パネル、ダッシュボードの加飾がライトグレーカラーに…。

■ホームのハンドル

■ホームのドア内側パネル

■ホームのダッシュボード

そのおかげもあり、ライトグレーカラーをした”ホーム(HOME)”の内装・インテリアは、ブラックの内装色よりも軽やかで、車内空間がひと回り広く感じる開放感のあるデザインになっていました。

また、”ホーム(HOME)”に用意されているライトグレーは、上品で温かみのあるデザインにになっているのも好印象でした。

新型フィット4 ホームの内装の装備やアイテムをチェック

このようにモダンカジュアルなデザインになっている新型フィット/フィット4の中間モデル”ホーム(HOME)”の内装・インテリアですが、ハンドルやシフトレバーなどの各アイテムは、予想以上に質感が良かったです。

そんな”ホーム(HOME)”の内装・インテリアの各アイテムを紹介したいと思います。

高級感ただようハンドル&シフトレバー

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の中間モデル”ホーム(HOME)”の内装・インテリアの注目ポイントの一つが、ハンドル&シフトレバーのデザインです。

■ホームのハンドル

■ホームのシフトレバー

“ホーム(HOME)”のハイブリッド車のみなのですが、ハンドル&シフトレバーに高級感ただよう本革を採用。

クロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”やアクティブ仕様の”ネス(NESS)”のハンドル&シフトレバーが、シンプルなウレタン製ということを考えると、これはかなり嬉しいですよね。

■クロスターのハンドル

■クロスターのシフトレバー

そのおかげもあり、新型フィット/フィット4の”ホーム(HOME)”のハイブリッド車は、”クロスター(CROSSTAR)”や”ネス(NESS)”よりも上質感のある内装・インテリアになっていました。

ちなみに、”ホーム(HOME)”のガソリン車のハンドル&シフトレバーは、高級感のある本革巻きではなく、シンプルなウレタン製になっているので、ご注意くださいね。

肌触りの良いソフトパッドをダッシュボードに採用

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の中間モデル”ホーム(HOME)”では、助手席側のダッシュボードの加飾に”プライムスムース”を採用。

■プライムスムース仕様のホームのダッシュボード

ダッシュボードの加飾にファブリック素材を採用しているクロスオーバーSUV仕様の”クロスター(COROSSTAR)”やアクティブ仕様の”ネス(NESS)”とは高級感&上質感が全然違います。

■ファブリック素材のクロスターのダッシュボード

また、”ホーム(HOME)”に採用されているプライムスムース素材のダッシュボードの加飾は、クッション性が良くモチモチとした肌触りになっているのが好印象でした。

ホームでも機能や装備は充実

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の中間モデル”ホーム(HOME)”は、ベーシック(BASIC)に次ぐ車体本体価格の安さになっているにも関わらず、機能や装備は充実しています。

例えば、中間モデルの”ホーム(HOME)”でも、ブレーキペダルから足を離しても、停車状態をキープしてくれる”オートブレーキホールド”はしっかりと用意されています。

■ホームのオートブレーキホールド

また、ハイブリッド車には、最上位モデルの”リュクス(LUXE)”やクロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”と同様に後部座席用のUSBポートが2つ用意されています。

■ホームの後部座席用のUSBポート

このように上位モデルに位置をする”リュクス(LUXE)”や”クロスター(CROSSTAR)”に見劣りをしない機能や装備を備えているのも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の中間モデル”ホーム(HOME)”の魅力の一つなのかなと思いました。

エアコンにプラズマクラスター機能の用意は無し

そんな新型フィット/フィット4の中間モデル”ホーム(HOME)”の内装・インテリアの機能や装備で注意が必要なのは、エアコンです。

■ホームのエアコン

中間モデルの”ホーム(HOME)”でも、上位モデルの”リュクス(LUXE)”や”クロスター(CROSSTAR)”と同様にフルオートエアコンを標準装備しているのですが、消臭や除菌効果があると言われているプラズマクラスター機能の用意はなし。

“ホーム(HOME)”の内装・インテリアの機能や装備には満足していたのですが、エアコンにプラズマクラスター機能が用意されていないのは、少々残念でした。

新型フィット4 ホームのシートをチェック

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の中間モデルの”ホーム(HOME)”のシートは、このようなデザインになっています。

■ホームのフロントシート

■ホームの後部座席

上級モデルよりも高級感ただようホームのシート

新型フィット/フィット4の中間モデルに位置をする”ホーム(HOME)”では、メイン部分の”ナチュラルテキスタイル”という柔らかい肌触りが特徴の織物を、そして、シートサイドに合成レザーのような質感をしているプライムスムースを組み合わせたコンビシートを標準装備。

■メイン部分のナチュラルテキスタイル

■シートサイドのプライムスムース

このナチュラルテキスタイルとプライムスムースを組み合わせたホーム(HOME)のコンビシートは、カジュアルながらも上品さも兼ね備えデザインに…。

ファブリック素材を全面に使用をしたクロスオーバーSVU仕様の”クロスター(CROSSTAR)”やアクティブ仕様の”ネス(NESS)”よりも高級感あふれるオシャレなシートになっていました。

まとめ:上位モデルよりもオシャレなホームの内装

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の中間モデル”ホーム(HOME)”の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

中間モデルに位置をするホーム(HOME)は、他のグレードよりも手が届きやすい価格設定にも関わらず、上位モデルに勝るとも劣らない機能や装備を備えています。

しかも、カジュアルさと上品さを兼ね備えたホーム(HOME)の内装・インテリアの質感は、クロスター(CROSSTAR)やネス(NESS)など上位モデルよりも勝っています。

ディーラーさんの話によると、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4は、このホーム(HOME)が圧倒的に人気が高いようですが、ホーム(HOME)の売れ行きが一番良いのも納得の出来の良さでした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする